それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウが選んだ夏うたマイベスト30(80年代トップアイドル編)

2014.07.31.Thu.00:54
こんにちは、コウです^^

あれから1週間が経過しました・・・
今度は80年代の発表をやります^^

まずは、前回、ミリンダさんと、ニシワキシさんには、レコメントとしてお手伝い&フォローも頂きまして、感謝しております。
お二人から頂いたコメントは、本編のランキング上にて紹介していますので、こちらの方もチェックしてみてくださいね!

さて、今回は80年代アイドル編なのですが、あまりにも作品の良質度が高いという事もあり、ベスト30!まで紹介してみる事にしました。
そして、「トップアイドル編」と「マニアック編」の2部門に分けて、今週と来週で紹介をしたいと予定しています。

今週は「トップアイドル編」です。俗に言う、メジャー級のアイドル編の事なんですが、一世を風靡したアイドル歌手に限定し、上位30曲、コウが選ぶ、夏うたマイベスト30!を発表しま~す♪

コウが80年代のアイドルポップスにスポットをあてて、独断と偏見でマイベストをセレクションしてみましたよー!



「コウが選んだ夏うたマイベスト30!」
(80年代トップアイドル編)

1位 夏のヒロイン/河合奈保子(82年作品)
夏のヒロイン
80年代ビーチ歌謡の決定版!サンバのリズムで大盛り上がり!サマーパーティーな名曲。
本編だけでも超盛り上がり出来る作品なのに、2番後に、もう一波!♪チャンスチャンス、チャンスチャンスと彼女が僕らを励ましてくれる^^・・・この明るさ、この夏らしさ、そして奈保子さん自身のビジュアルと777揃っての首位に!

2位 SHADOW SUMMER/石川秀美(86年作品)
シャドーサマー
偏西風に煽られたような、イントロが秀美の夏を演出してくれる亜熱帯高気圧ソング♪
だけど、メロディーはとても涼しいげ・・・
「ゆれて湘南」「恋はサマーフィーリング」「夏のフォトグラフ」「See Loves You」そして、5度目の夏。
あえて、この曲をチョイス。

3位 太陽がいっぱい/松本伊代(83年作品)
いっぱい太陽が
1人ピンクレディーを成し遂げた伊代の2年目の夏。同時期リリースされたLPと共に、灼熱の太陽をコンセプト。
ちょっぴり、可愛いお色気も感じさせてくれましたよね。鼻にかかった彼女のボーカルと、この楽曲との相性は二重丸。

4位 NO,1/柏原よしえ(80年作品)
NO,1
やっぱり、えこひいきしたい1曲(笑)、当時、中学生に、この夏のお色気は、スピード違反でしょ!^^
あの腰つきも大物感を予言してくれました。80sアイドルポップスで、マリリンモンローを思わせるNO,1作品。

5位 スローモーション/中森明菜(82年作品)
スローモーション
僕が明菜様に感じる、一番の夏は、やっぱり最初の夏・・・。
「ちょっとエッチな美新人娘」が、歌詞で「ほんのひとり遊び・・・」なんて言われた日には思わず、ドキッ。
このランキングの審査の為、改めて、この曲の一語一句をかみ締めながら、彼女の歌声に浸っていたら、思わず涙が溢れて来た、感涙。

6位 リトルプリンセス/岡田有希子(84年作品)
リトルプリンセス
この曲の誕生から、30年目の夏なんですよね~。僕らは、すっかりおじさんになっちゃったけど、彼女は「永遠のリトルプリンセス」^^いいな~。
今週、博多に行く予定があるんですけど、この曲連れて行こっ。・・・

7位 プライベートレッスン/芳本美代子(85年作品)
プライベートレッスン
ファンとしても予想以上の快進撃でした・・・ふんばりましたね。
芸映アイドルって、こうして改めて検証してみると、夏に強いんですね~^^
そう感じました。以降も、リリースされたミッチョンの夏うた全部好き!

8位 小麦色のマーメイド/松田聖子(82年作品)
の小麦色
聖子ファンごめんなさいね~
奈保子さんが1位で、よしえさんが4位なのに・・・聖子さん8位だって・・・。
だけど、ランキングされた曲は、さほど差が無いくらいみんな愛してるんです。
この曲のような、ゆったりとした、ちょっと気だるい夏の雰囲気も好き。
ご本人いわく、「ちょっと変わった曲」との事。
この曲にそっくりの前奏が百恵さんの曲にあるんです・・・「ペイパードリーム」なんだか、興味深い・・・

9位 ダイヤモンドアイズ/少年隊(86年作品)
ダイアモンド
今、こうして聴きなおしてみると、けっこうディスコ度数高かったんですねー。
それに、ニッキの主旋律度高いなー、ニッキのボーカル大切に扱われている感じ・・・
この東山くんが着ていた衣装、当時着たかったんだよなー(笑)

10位 半分少女/小泉今日子(83年作品)
半分少女
このレコジャケなんだか、ソソられるぅ~
グリーンと黒のコントラストも好き。
キョンキョンにとっては、第一期歌謡曲路線、最後の作品って印象・・・
B面「ココナッツドリーム」も裏夏であり避暑地の改作。

11位 エンドレスサマー/西城秀樹(80年作品)
サマーエンドレス

12位 恋するような友情を/シブがき隊(88年作品)
を恋するような友情

13位 夢回帰線/石川ひとみ(85年作品)
夢回帰線

14位 バーニングラブ/石野真子(81年作品)
バー人グラブ

15位 LA WOMAN/岩崎良美(81年作品)
ラウーマン

16位 恋してカリビアン/荻野目洋子(85年作品)
恋してカリビアン

17位 サヨナラは八月のララバイ/吉川晃司(84位)
八月のララバイ

18位 クローズアップ/中山美穂(86年作品)
クローズアップ

19位 真夏の少女/堀ちえみ(82年作品)
真夏の少女

20位 サニーサイドコネクション/三原順子(81年作品)
サニーサイドコネクション

21位 渚のファンタシィ/酒井法子
22位 SoSotte/本田美奈子
23位 沖縄サンバ/浅野ゆう子
24位 渚のライオン/早見優
25位 夏少女/浅香唯
26位 ゆれて湘南/石川秀美
27位 恥ずかしすぎて/南野陽子
28位 デビュー/河合奈保子
29位 ガラスの夏/柏原よしえ
30位 シャワーな気分/田原俊彦


・・・・・という上位30曲の紹介でした。
さて、あなたにとっての夏うたの1曲は?・・・

それから、今回のランキングでは春に発売された夏うたに関しては、どうしても春先の思い出と、ごっちゃになってしまう部分もあったので、除外したランキング結果となりました。けっこう春リリースの夏うたもいい曲、あったんですけどね・・・
ランキングを期待していたみなさん、ごめんなさいね~。


今回の80sランキングですが、夏うたの候補曲を、い~ぱい詰め込んで、湖まで行って来たんですよー。^^
・・・とは、行っても熊本市内にあります、江津湖なんですけどねー^^
そう、先日、手をUpした湧き水のあの場所です!
2014731I.jpg

江津湖は海のようにけっこう広いんです。
透明度もあるので、今でも夏になると、幼児から高校、大学生まで、普通に泳いでいるんですよ~
2014731G.jpg
ね、けっこう水が透き通っているでしょ。
2014731H.jpg
行った時も、何百人?って人が泳いでいました^^

で、ここに夏うたを持っていき、水とふれあい、森林ともふれあい、現在の僕にとって、これぞ夏に相応しい、夏うたはこれだー!と思った曲を、夏真ん中な場所で選んできたぞ、という訳でした。

ちょっとね、読者の方にも、どんな場所で音楽を聴いて来たのかを、分かってもらえる為に、江津湖で見た風景やお花を記録してきましたよー^^ちょっぴり・・・
音楽を聴きながらでも、お楽しみくださいね~

江津湖密林地帯への入り口。
2014731A.jpg
この奥へ行くとホタル発祥の地へと
2014731B.jpg
この景色、こう言う地帯大好きなんです。^^
2014731J.jpg

2014731D.jpg

虫たちもラブラブ♪^^2014731C.jpg
わぁ、争奪戦かな・・・

2014731E.jpg
江津湖に咲く、夏の草花。
2014731F.jpg


今日で、7月も終わりですね・・・
あっ、という間だった。そんな気が・・・

もっともっと、暑くなりますよー、容赦なく、
あの頃好きだった、夏の思い出の曲を片手に、猛暑と上手く過ごしてゆきましょうね~。
みなさん、夏バテに気をつけてくださいね!

コウ。2014、7,31

では、1位に輝いた「夏のヒロイン」です。^^
https://www.youtube.com/watch?v=nWr83SAZGAU
関連記事
スポンサーサイト

コメント

デカメロン伝説さんへ
デカメロン伝説さん!こんばんは^^


あ~誰だか、わかっちゃいましたよ!
ご訪問ありがとうございます。嬉しい~

昔の記事を読んでくださったんですね。
なんだか、好きな曲が、モロ被り!!(笑)だったと言う事で、光栄です^^
「夏のヒロイン」なんかは、80年代アイドルポップスサマーソングの代表格ですよね!
は~い「ダイヤモンドアイズ」選曲しておきましたよ~この日の為に~(笑)

これからも、遊びにきてください!
先日は、楽しいひと時でした!(笑)



こんにちは。ツイッターからブログにとんでこちらを見つけまして思わず書き込みしています。
だいぶ日時が経っているのでコウさんの目にとまるのかわかりませんが・・
80年代の夏うたランキング最高ですね。河合奈保子さんの曲で一番好きなのが
「夏のヒロイン」で松田聖子さんのシングルで一番好きなのが「小麦色のマーメイド」なんです!
石川秀美さんの「SHADOW SUMMMER」もBEST3に入りますし、とお気に入りばかりです。
でもなんといっても「ダイヤモンドアイズ」を選んでいただいているが最高ですね(笑)
まさかまさかでしたぁ。これでだれだかわかっちゃいますかね。
珍しく少年隊にしては衣装がかっこいいですね!
コウさんたくさんブログ書かれていいたのですね、ゆっくり拝見させていただきまーす。
Re: 今日の1曲目
> コウさん、こんばんは。
>
えっちゃんマンさん、こんばんは^^


> 1位の「夏のヒロイン」ですが…今日放送の「熱中派時代~アイドル編」で、1曲目に流れました~。私がリクエストするまでもなく。やっぱりこの曲は選ばれますよね~。

えー!そうだったんですかーー!
うれしいですねー♪
しかも、1曲目だなんて~~~~くぅ~~~(涙)


> ホント、この曲は夏を感じさせてくれますね。そして私は「オールスター水泳大会」で、この曲を歌う河合奈保子さまの姿が目に浮かんでまいりました。探せばコレを録画したビデオテープが残っているかも知れません。
>
そうですよね!プールサイドで、ビキニ姿で歌う彼女、キラキラしていましたよね~
テープ発掘出来るといいですねー(笑)


> 九州西岸に台風が立て続けにやって来るようですので、どうぞお気を付けくださいませ。

はい、ありがとうございます。
そちらもですね。お気を付けくださいね^^
今日の1曲目
コウさん、こんばんは。

1位の「夏のヒロイン」ですが…今日放送の「熱中派時代~アイドル編」で、1曲目に流れました~。私がリクエストするまでもなく。やっぱりこの曲は選ばれますよね~。
ホント、この曲は夏を感じさせてくれますね。そして私は「オールスター水泳大会」で、この曲を歌う河合奈保子さまの姿が目に浮かんでまいりました。探せばコレを録画したビデオテープが残っているかも知れません。

九州西岸に台風が立て続けにやって来るようですので、どうぞお気を付けくださいませ。
Re: タイトルなし
ニシワキシさん、こんにちは^^


> 書き忘れたことがあるので再度(笑)
>
はい、どうぞ~♪


> 岩崎良美さんの「Lawoman」はよくカラオケで唄う、ニシワキシの十八番でして(笑)
> これ、唄ってると気持ちいいんですよ、、、
> 少し大人っぽいAメロからぐわっとイメージが拡がるサビ、そしてサビラストでイキナリメロディが上がるとことか、もうツボ押されまくり(笑)
> 当時の岩崎良美さんは少しお硬い文学路線と爽やかな印象のお嬢様路線を交互にリリースしてて、その交互攻撃のラストなんですけど(そのあと、赤と黒やあなた色のマノンのような堅苦しい楽曲がなかったので、、)
> 冬に出た「I THINK SO」も曲だけなら夏っぽい爽やかさがありますね。

これまた難度の高い歌を~
難しそうですよね。
ちなみに、これって原キーで歌われるんですかー?

「あなた色のマノン」は大好きなんです。本当は8月発売なので、夏うたに入れたかったくらいなんですが、読者サイドがやっぱり秋のイメージかな~とも思い、とにかく昔っから、ディスコティックな曲が好きなんです♪


> でも、「Vacance」と両A面だった「どきどき旅行」も何げに好きで、カラオケでもこの曲も十八番です。
> 「登りつめて行かせて ハワイに行かせて」って馬鹿っぽい歌詞ですけど(失言ごめんなさい(笑))良美さんが唄うとなんとなく上品に(笑)
>
(笑)・・・僕、こうい旅行って一度でいいから、してみたいーです(笑)


> ところでぼくのところでは「夏ソングベストテン 現役編」をやってます。
> 企画パクってすいません(´;ω;`)
> お、怒んないでくださいな、、、

あはは、そんな事ある訳ないじゃないですかー
夏も夏うたも全国共通ですから~
アニキは怒ったりしませんよ^^
逆に、いい影響じゃないですか~
もっと、やってやって!って感じ・・・(笑)


> 現役編なので、ほとんど聞き覚えのない十曲でしょうが(笑)よかったらYouTubeなんかで聴いてみてくださいな(((o(*゚▽゚*)o)))
> あ、一位は南波志帆さんのあの曲です(笑)

了解です!あとで遊びに行きます!!
書き忘れたことがあるので再度(笑)

岩崎良美さんの「Lawoman」はよくカラオケで唄う、ニシワキシの十八番でして(笑)
これ、唄ってると気持ちいいんですよ、、、
少し大人っぽいAメロからぐわっとイメージが拡がるサビ、そしてサビラストでイキナリメロディが上がるとことか、もうツボ押されまくり(笑)
当時の岩崎良美さんは少しお硬い文学路線と爽やかな印象のお嬢様路線を交互にリリースしてて、その交互攻撃のラストなんですけど(そのあと、赤と黒やあなた色のマノンのような堅苦しい楽曲がなかったので、、)
冬に出た「I THINK SO」も曲だけなら夏っぽい爽やかさがありますね。
でも、「Vacance」と両A面だった「どきどき旅行」も何げに好きで、カラオケでもこの曲も十八番です。
「登りつめて行かせて ハワイに行かせて」って馬鹿っぽい歌詞ですけど(失言ごめんなさい(笑))良美さんが唄うとなんとなく上品に(笑)

ところでぼくのところでは「夏ソングベストテン 現役編」をやってます。
企画パクってすいません(´;ω;`)
お、怒んないでくださいな、、、
現役編なので、ほとんど聞き覚えのない十曲でしょうが(笑)よかったらYouTubeなんかで聴いてみてくださいな(((o(*゚▽゚*)o)))
あ、一位は南波志帆さんのあの曲です(笑)
Re: 熱中派時代
> コウさん、こんばんは。
>
えっちゃんマンさん、こんばんはー^^


> この”ベスト30”の中で、最近およそ1か月以内に「熱中派時代~アイドル編」で放送されたのは…
> 「SHADOW SUMMER」(石川秀美)
> 「スローモーション」(中森明菜)
> 「半分少女」(小泉今日子)
> 「恋するような友情を」(シブがき隊)
> …くらいでした。もう少し流れても良さそうな感じですが、この番組では70年代の曲も合わせて流すので、この程度に留まったと思われます。

数は少ないのに「SHADOW SUMMER」や「恋するような友情を」が流れていたのには、ちょっと驚きと嬉しさがありました^^


> それでは「夏のヒロイン」は、今度リクエスト出来る番組にリクエストして、かけてもらう事にしましょうか。
>
> それでは、また。

はい!(笑)ぜひ、よろしくです♪
熱中派時代
コウさん、こんばんは。

この”ベスト30”の中で、最近およそ1か月以内に「熱中派時代~アイドル編」で放送されたのは…
「SHADOW SUMMER」(石川秀美)
「スローモーション」(中森明菜)
「半分少女」(小泉今日子)
「恋するような友情を」(シブがき隊)
…くらいでした。もう少し流れても良さそうな感じですが、この番組では70年代の曲も合わせて流すので、この程度に留まったと思われます。
それでは「夏のヒロイン」は、今度リクエスト出来る番組にリクエストして、かけてもらう事にしましょうか。

それでは、また。
Re: No title
> コウさん、こんにちは^^。
>
こんばんは、ミリンダさん^^


> 他の曲もコメントしたかったんですが、売れた曲をコメントするのはなかなか難しいですね。
>
そうですよねー、その気持ちわかりまーす^^


> どう頑張って書いても、今までさんざん語られてきた事と全く同じになってしまうような気がして、自分独自のコメントが書けないんです(今までのコメントも私らしいかどうかわかりませんが…)。
> 自分のボキャブラリーの無さを痛感しました。
>
大丈夫ですよ!ほんとに。^^
それにコメント付けるのにがんばらなくっていいですってば!
本当に書きたい事だけで書いたらいいと思います。はい^^



> 知らなかった2曲というのは「SHADOW SUMMER」と「夢回帰線」です。
> 「SHADOW~」は86年だから、まだテレビを観てた頃なんですが知らなかったですね。
> YouTubeでも聴いたんですが初耳でした。
>
そうだったんですか・・・分かって良かったです^^


> 実は秀美さんは82年組のトップグループの中で、一番興味が無かったんですよね。
> 秀美さんのレコードだけ一枚も持ってないんです。
> ヒステリックな歌い方が苦手で避けてたんですが、「SHADOW~」は抑えた声で歌っているので聴きやすかったです。
> ちょっと桃子さんぽい曲調かな?
>
そうですね、メロディーラインが当時の桃子路線ですよね!

> 「エンドレス・サマー」の秀樹さんもセクシーですが、私は「俺たちの時代」のジャケ写が好きです。
> 発売当初のあのジャケット…女子には少し刺激が強かったです(笑)。
>
あ~秀樹の、だらんとしたアレね~(笑)


> 小学生の頃から水泳大会での秀樹さんを見てドキドキしていたので、私にとって秀樹さんは永遠のセッ○スシンボルなんです♪
> 私が「毛フェチ」「汗フェチ」になったのも秀樹さんの影響が大きいです。
> 「手フェチ」なのはコウさんのブログではっきり自覚しました(笑)。
>
秀樹で毛フェチを、コウさんで手フェチをとは、光栄ですね~(笑)秀樹と同等やん!^^


> あと、胸をはだけている男性にも弱いんです。
> これも秀樹さんと世良さんに影響されてますね。
> でも小学生の頃から、毛、汗、胸に惹かれてた私はかなりマセてたんでしょうか。
> 兄にも「お前、気持ち悪っ!」と言われたぐらいだし…(苦笑)。
>
僕は、気持ち悪っ!なんて思わないですよー。
きっと見せつけられたらヘロヘロになっちゃうんでしょうね・・・

> ♀が♂を食べちゃう…何て素晴らしい♪
> どちらを食べようかマジで悩みますね…と勝手な事を言ってますが(笑)、実際そうなったら服も脱げないかも(母ちゃんウブなの)。
> 昔「ビーチボーイズ」をよく観ていたので、反町さんと竹野内さんはずっと気になる存在です。

素晴らしいですか。^^
確か、カマキリとかも、そうだったと思います。
なので、ミリンダさんは、「カマキリ夫人」と言う事に!
?ハンドルネーム変えません??
カマキリ夫人・・・(笑)
No title
コウさん、こんにちは^^。

他の曲もコメントしたかったんですが、売れた曲をコメントするのはなかなか難しいですね。

どう頑張って書いても、今までさんざん語られてきた事と全く同じになってしまうような気がして、自分独自のコメントが書けないんです(今までのコメントも私らしいかどうかわかりませんが…)。
自分のボキャブラリーの無さを痛感しました。

知らなかった2曲というのは「SHADOW SUMMER」と「夢回帰線」です。
「SHADOW~」は86年だから、まだテレビを観てた頃なんですが知らなかったですね。
YouTubeでも聴いたんですが初耳でした。

実は秀美さんは82年組のトップグループの中で、一番興味が無かったんですよね。
秀美さんのレコードだけ一枚も持ってないんです。

ヒステリックな歌い方が苦手で避けてたんですが、「SHADOW~」は抑えた声で歌っているので聴きやすかったです。
ちょっと桃子さんぽい曲調かな?

「エンドレス・サマー」の秀樹さんもセクシーですが、私は「俺たちの時代」のジャケ写が好きです。
発売当初のあのジャケット…女子には少し刺激が強かったです(笑)。

小学生の頃から水泳大会での秀樹さんを見てドキドキしていたので、私にとって秀樹さんは永遠のセッ○スシンボルなんです♪
私が「毛フェチ」「汗フェチ」になったのも秀樹さんの影響が大きいです。
「手フェチ」なのはコウさんのブログではっきり自覚しました(笑)。

あと、胸をはだけている男性にも弱いんです。
これも秀樹さんと世良さんに影響されてますね。
でも小学生の頃から、毛、汗、胸に惹かれてた私はかなりマセてたんでしょうか。
兄にも「お前、気持ち悪っ!」と言われたぐらいだし…(苦笑)。

♀が♂を食べちゃう…何て素晴らしい♪
どちらを食べようかマジで悩みますね…と勝手な事を言ってますが(笑)、実際そうなったら服も脱げないかも(母ちゃんウブなの)。
昔「ビーチボーイズ」をよく観ていたので、反町さんと竹野内さんはずっと気になる存在です。











Re: No title
> コウさん、おはようございます^^。
>
ミリンダさん、こんにちは^^。


> トップアイドルの夏歌が30曲も並ぶと壮観ですね♪
> 私だったらこんなに思いつかないです。
> どうしてもマイナーな曲ばかり出てきてしまいますね。
> ちなみに私が選んだ夏歌は、ディープ歌謡ベストテンで順次紹介する予定ですが、メジャーな曲は1曲も無いです(苦笑)。
>
あはは!(笑)思いつかなかった曲は、それまでの作品だと思ったので、外しましたが、それでも80sの夏の曲は印象強く、名曲多いです!
はい、随時また、ぼちぼち紹介楽しみにしています^^


> 今回も曲のコメントを書こうと思ったんですが、コメントを書くのが難しい曲が多数あるのと(嫌いな曲という訳ではないです)、知らない曲が2曲あるのと、前回長々と書きすぎた反省もあるので、今回は4曲だけにしておきます。
>
いいんですよ~
そんな事、先週は先週、今週は今週って事で!^^
1曲、紹介でもいいんですから、、、
プチコメでも^^


> ジャケ写のNo.1は秀樹さんの「エンドレス・サマー」ですね♪。
> 私の妄想では秀樹さんの下にうつぶせで寝ている裸の私がいます(笑)。
> 秀樹さんは私の上に覆いかぶさって、あちこち触りまくっているという設定です。
> これは曲のコメントではないので、載せないで下さいね^^。
>
おお、ジャケットから攻めましたねー
秀樹って、ほんと夏の写真、絵になりますよねー^^



> 「プライベート・レッスン」・・・歌い出しのメロディーが小林旭さんの「自動車ショー歌」に似てると私達の間で話題になったんですが、全国でもそうだったんでしょうか?この頃のミッチョンは本当に可愛かったです。「青い靴」も名曲ですね♪
>
これは、おっしゃるとおり全国共通ですね!「白いバスケットシューズ」がカスケーズの「悲しき雨音」で、「プライベートレッスン」が旭~ですね!^^


> 「恋するような友情を」・・・この曲はラストから2曲目なんですが、私は実質ラストシングルだと思っています。男性にも共感できる曲で、こういう曲をもっと早くリリースしていたらファン層も広がったのではと思います。夜ヒットで泣きじゃくるファン達に囲まれてこの曲を歌ったのが印象深いです。
>
これは、初めて聴いた時に、感動して泣きました。
サウンドが、ワイルドワンズ風で、夏っぽいですよね~♪
友情いいですね。


> 「サヨナラは八月のララバイ」・・・バックにガラスの割れる音が入っているのがインパクトあります。この頃からうちの田舎にも吉川もどきが多数出現してきました(笑)。NOBODYの英語カバーバージョン「SWEET BABY SLEEP」もカッコいいですよ♪
>
彼が水球で、僕がライフガード、同じ水の関係もあって、夏男ぶりを感じさせてくれます。
確かに、ガラスの割れる音があってこそ、その曲にスパイスが効いているような感じがします。^^


> 「クローズ・アップ」・・・この曲の冒頭の歌詞は、カメラ小僧には結構インパクトあったんじゃないでしょうか。最初は渋いメロディーなんですが、サビでメジャーになるのが開放感があっていいですね。
>
そですよね!予想を反する展開で、アルバム曲っぱいけど、しっかり自己主張出来ているダイナミックな作品。



> 今回もまたコウさんの手の写真が♪♪♪
> 母ちゃん朝から興奮しちゃったよー!手フェチにはたまりません^^。

あら~そうだったんですか、母ちゃん!
こっちは、先日Upしたやつのボツ写真なんです(笑)
微妙に違いますよね。


> 自然がいっぱいでいい所ですね。湖も綺麗だし。
> 命の洗濯をするのにもってこいの場所だと思います。
>
僕も、県内に住んでて、遅きながら、最近・・って感じなんですよ~
気分悪い時は、ここへ行き、心の洗濯を受けているんです。
一応、僕だってあるんですよー!そんな時が・・(笑)


> でもそこで交尾中?の虫さん達の写真を撮るのがコウさんらしいですね(笑)。
> これって三角関係なのかな?
> 私だったら即3Pになだれ込むと思いますが(笑)、虫の世界にも3Pってあるんでしょうか。
>
写真の中にも、僕らしさが入っていますよね。
実は・・虫さんにお願いして撮らせてもらったんです@「みせて~」って^^?

> 私の妄想ではの反町さんと竹野内さんが私をめぐって争っていて、結局3人で…♡という事になってるんですが、もし本当にそうなったら私は完全に溶けてしまうかも♪
> 今回は朝から妄想が多いミリンダ母ちゃんでした(笑)。

(笑)
と、とても理想的な展開ですねー、母さんらしい(爆)
虫によっては♂と交尾したあと、♀が♂を食っちゃうのもいるらしいですから、3Pでも、どっちかって言うと、そのパターンかな~母ちゃんは!(笑笑)

Re: タイトルなし
> おはようございます!ニシワキシです!
>
こんにちはー、ニシワキシさん^^


> 来ましたね!
> 80's夏ソング!
>
はい、やってみました~^^


> キタ━(゚∀゚)━!
> の夏のヒロインです!
> 初期河合奈保子を総括する意味でもこの曲は「アイドル河合奈保子」の最高傑作でしょう!
> 前シングルの愛をくださいはなんだか陰に篭っちゃった曲だったので、この曲はハジケ具合がすごい!
> もうイントロから夏!
> 「甘いですか?すっぱいですか?」の部分でひと呼吸おいてからのサビはほんと媚薬的です!
> 奈保子さんの勝負シングルって夏発売が多いですけど、(スマイルフォーミー エスカレーション)この曲は他のアイドルに真っ向から勝負に出た意欲作ですね!
>

そうですね!さすがニシワキシさん、コメントに勢いがありますね!(笑)
その勢いくらい、夏の勢いを感じさせてくれました~


> 太陽がいっぱいは伊代さんが自らシングルにしたい!と周りの反対を押し切ってリリースされた曲。
> 鷺巣詩郎さんのアレンジが暑苦しさ満開!(褒め言葉です(笑))
> ちょっとおやすみしてたキャプテンも復活して、カラフルな衣装とともに盛り上げてました。
> 残念ながら、この曲でベストテン入りを逃してしまいますが、伊代さんのイメージにぴったり!だと思います!

へぇー、そうだったんですかー^^
自身のシングル要望曲だったとは・・・発見です!
なんとなく麻生真美子が好んで歌いそうな曲調でしたよねー(笑)

> ちなみに伊代さんて運動神経なイメージですが、振り付けはほかの同期のアイドルにくらべ結構複雑なんですよね。
> 太陽がいっぱいの振り付けも意外とむずかしい!

そうそう、そうなんですよ!あえて1人ピンクレディーと言ったように、観てても楽しめましたよね~


> 小麦色のマーメイドは夏ソングではありますが、そのメロウな雰囲気で「夏の聖子=青い珊瑚礁」のイメージを完全に払拭しました。
>
そうですよね、夏の聖子の王道ではなく、こちらは変化球でしょうね。



> ではではニシワキシの夏ソングベストテン、トップアイドル部門!
>
> 1位 パンドラの恋人 南野陽子
> 2位 白いパラソル 松田聖子
> 3位 恋はサマーフィーリング 石川秀美
> 4位 ポキチペキチパキチ 水谷麻里
> 5位 天使のゆびさき 西村知美
> 6位 瞳に約束 渡辺美奈代
> 7位 Vacance 岩崎良美
> 8位 トロピカルミステリー 安田成美
> 9位 マリーナの夏 渡辺満里奈
> 10位 NO! 島田奈美
>
> トップアイドルとマニアックの境界線が微妙だったので、とりあえず世間の認知度がある人とベストテンに入ったことのある人をいれてみました。
> 水谷麻里さんはボーダーラインかな(笑)
>
ニシワキシさん、すみませんねー、テーマまで合わせて頂き(汗^^)
1位は「パンドラの恋人」なんですね。当時はこの曲、百恵の匂いがしたんですよね~
ちなみに、こちらのB面「ひとりっきりの夏は」はナンノちゃんのB面曲で1番好きなんですよ♪^^
秀美は「恋はサマーフィーリング」でいきましたね!^^
ほんと、トップアイドルとマニアックの境界線って微妙ですよね・・・(苦笑)
この人はこっち!てルールは無いので、水谷麻里ちゃんトップアイドルで入っててカッコイイと思います^^
僕は相当な人を、マニアックの方に入れてしまったので、これから決めるのが大変です・・(笑)


> 南野陽子さんは夏に勝負するアイドルではないので、夏発売のシングルは地味な曲が多いのですが、その分とても余裕のある贅沢なシングルをリリースしてて、このパンドラの恋人も地味たんだけど、イントロの繊細さとか、アレンジとか夏のギラギラ感が無くて、とてもステキな曲。翌年のあなたを愛したいはた下手したらとても単調で飽きやすい曲なのに、夜がすーっとあけるようなアレンジで避暑ソングとして、そしてお嬢様アイドルとして、とても上品な仕上がり(˘ω˘)
>
ナンノちゃんの夏は室内で扇風機でもあてながら、聴いたら涼しくなるような避暑地の曲が多かったですよね。
なんだか・・・、
だからギラギラ感は無かったと思うんですが、夏リリースでも平気で秋まで歌えた所も強みだったように思えます^^


> 恋はサマーフィーリングはその能天気さが大好き♥
> サマーサマーあなた様サマー
> は名フレーズ(笑)
>
あ~これね~(爆)!!!様=サマー^^

> 白いパラソルは曲もさることながら、衣装が印象的。
> 白い衣装ともう一つ、黒に白い水玉でスカートにはタイトルどおり白いパラソルが!
> この衣装、友達の間で「レモンスカッシュ」って呼んでます。(黒地に白い水玉のカンカンだったので(笑)
> マニアック編めっちゃ、たのしみやわー(((o(*゚▽゚*)o)))

わかります、あのカンカンのデザインですね!(笑)
とても可愛い作品でしたよねー^^
ありがとうございます、その、関西弁だ~いすき♪^^
No title
コウさん、おはようございます^^。

トップアイドルの夏歌が30曲も並ぶと壮観ですね♪
私だったらこんなに思いつかないです。
どうしてもマイナーな曲ばかり出てきてしまいますね。
ちなみに私が選んだ夏歌は、ディープ歌謡ベストテンで順次紹介する予定ですが、メジャーな曲は1曲も無いです(苦笑)。

今回も曲のコメントを書こうと思ったんですが、コメントを書くのが難しい曲が多数あるのと(嫌いな曲という訳ではないです)、知らない曲が2曲あるのと、前回長々と書きすぎた反省もあるので、今回は4曲だけにしておきます。

ジャケ写のNo.1は秀樹さんの「エンドレス・サマー」ですね♪。
私の妄想では秀樹さんの下にうつぶせで寝ている裸の私がいます(笑)。
秀樹さんは私の上に覆いかぶさって、あちこち触りまくっているという設定です。
これは曲のコメントではないので、載せないで下さいね^^。

「プライベート・レッスン」・・・歌い出しのメロディーが小林旭さんの「自動車ショー歌」に似てると私達の間で話題になったんですが、全国でもそうだったんでしょうか?この頃のミッチョンは本当に可愛かったです。「青い靴」も名曲ですね♪

「恋するような友情を」・・・この曲はラストから2曲目なんですが、私は実質ラストシングルだと思っています。男性にも共感できる曲で、こういう曲をもっと早くリリースしていたらファン層も広がったのではと思います。夜ヒットで泣きじゃくるファン達に囲まれてこの曲を歌ったのが印象深いです。

「サヨナラは八月のララバイ」・・・バックにガラスの割れる音が入っているのがインパクトあります。この頃からうちの田舎にも吉川もどきが多数出現してきました(笑)。NOBODYの英語カバーバージョン「SWEET BABY SLEEP」もカッコいいですよ♪

「クローズ・アップ」・・・この曲の冒頭の歌詞は、カメラ小僧には結構インパクトあったんじゃないでしょうか。最初は渋いメロディーなんですが、サビでメジャーになるのが開放感があっていいですね。

今回もまたコウさんの手の写真が♪♪♪
母ちゃん朝から興奮しちゃったよー!手フェチにはたまりません^^。
自然がいっぱいでいい所ですね。湖も綺麗だし。
命の洗濯をするのにもってこいの場所だと思います。

でもそこで交尾中?の虫さん達の写真を撮るのがコウさんらしいですね(笑)。
これって三角関係なのかな?
私だったら即3Pになだれ込むと思いますが(笑)、虫の世界にも3Pってあるんでしょうか。

私の妄想ではの反町さんと竹野内さんが私をめぐって争っていて、結局3人で…♡という事になってるんですが、もし本当にそうなったら私は完全に溶けてしまうかも♪

今回は朝から妄想が多いミリンダ母ちゃんでした(笑)。









おはようございます!ニシワキシです!

来ましたね!
80's夏ソング!

キタ━(゚∀゚)━!
の夏のヒロインです!
初期河合奈保子を総括する意味でもこの曲は「アイドル河合奈保子」の最高傑作でしょう!
前シングルの愛をくださいはなんだか陰に篭っちゃった曲だったので、この曲はハジケ具合がすごい!
もうイントロから夏!
「甘いですか?すっぱいですか?」の部分でひと呼吸おいてからのサビはほんと媚薬的です!
奈保子さんの勝負シングルって夏発売が多いですけど、(スマイルフォーミー エスカレーション)この曲は他のアイドルに真っ向から勝負に出た意欲作ですね!

太陽がいっぱいは伊代さんが自らシングルにしたい!と周りの反対を押し切ってリリースされた曲。
鷺巣詩郎さんのアレンジが暑苦しさ満開!(褒め言葉です(笑))
ちょっとおやすみしてたキャプテンも復活して、カラフルな衣装とともに盛り上げてました。
残念ながら、この曲でベストテン入りを逃してしまいますが、伊代さんのイメージにぴったり!だと思います!
ちなみに伊代さんて運動神経なイメージですが、振り付けはほかの同期のアイドルにくらべ結構複雑なんですよね。
太陽がいっぱいの振り付けも意外とむずかしい!
小麦色のマーメイドは夏ソングではありますが、そのメロウな雰囲気で「夏の聖子=青い珊瑚礁」のイメージを完全に払拭しました。

ではではニシワキシの夏ソングベストテン、トップアイドル部門!

1位 パンドラの恋人 南野陽子
2位 白いパラソル 松田聖子
3位 恋はサマーフィーリング 石川秀美
4位 ポキチペキチパキチ 水谷麻里
5位 天使のゆびさき 西村知美
6位 瞳に約束 渡辺美奈代
7位 Vacance 岩崎良美
8位 トロピカルミステリー 安田成美
9位 マリーナの夏 渡辺満里奈
10位 NO! 島田奈美

トップアイドルとマニアックの境界線が微妙だったので、とりあえず世間の認知度がある人とベストテンに入ったことのある人をいれてみました。
水谷麻里さんはボーダーラインかな(笑)

南野陽子さんは夏に勝負するアイドルではないので、夏発売のシングルは地味な曲が多いのですが、その分とても余裕のある贅沢なシングルをリリースしてて、このパンドラの恋人も地味たんだけど、イントロの繊細さとか、アレンジとか夏のギラギラ感が無くて、とてもステキな曲。翌年のあなたを愛したいはた下手したらとても単調で飽きやすい曲なのに、夜がすーっとあけるようなアレンジで避暑ソングとして、そしてお嬢様アイドルとして、とても上品な仕上がり(˘ω˘)

恋はサマーフィーリングはその能天気さが大好き♥
サマーサマーあなた様サマー
は名フレーズ(笑)

白いパラソルは曲もさることながら、衣装が印象的。
白い衣装ともう一つ、黒に白い水玉でスカートにはタイトルどおり白いパラソルが!
この衣装、友達の間で「レモンスカッシュ」って呼んでます。(黒地に白い水玉のカンカンだったので(笑)
マニアック編めっちゃ、たのしみやわー(((o(*゚▽゚*)o)))

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。