それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミリンダの私から告白させて!♯1

2014.07.18.Fri.01:38
みなさん、コウです。

今日はお知らせがあります。^^
もちろん、いい知らせです!(笑)

当ブログのコメンテーター兼、アシスタントでもあるミリンダ姫が、「夏期限定」で、ウィークリー企画に!ゲストとして登場してくれる事になりました~(男性陣、拍手!)^^

僕が申し込んだんですけどね・・・(笑)

どんな会話が飛び出してくるのか、まだわかりません・・・・
それは、姫のみぞ知る。


題して・・・

            「ミリンダの私から告白させて!」
私から
男性より、ちょっぴりSな、だけど繊細な・・ミリンダ姫が綴る、過去や日々感じる事のあれこれ・・・

「ちょっと待って!私から先に告白させて!」思いのままに・・・

このコーナーでは、コメント欄にミリンダ姫から、「今週のお題」とする、コメントが寄せられます。
そこに、思った事があれば、コメントを入れてみましょうーという全員参加型のコメント広場です。^^

ミリンダ姫が軸となり、毎週色んなテーマで、告白話が展開します。
さて、どんな展開になるかは・・・貴方次第・・・。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title
ニシワキシさん、コメントありがとうございます♪

甘酸っぱいというよりショッパイ思い出ですね(苦笑)。
でもこういう経験は本当にこれ1回だけなんです。
高校のクラスは男子が10人しかいなくて女子高状態でしたから…。

モテ男君は誰に対しても平等に接するので、一体誰が好きなのか全く読めなかったんです。
モテ男君と同じ高校に行った友達に「あの子、彼女できた?」とそれとなく聞いてみたんですが「いないみたいよ」という返事が…。
一人に絞るよりモテてる状況の方がいいのか、それとも別の理由なのか、当時の彼に聞いてみたいです。

ニシワキシさんの方こそ、ただ今青春真っ盛り!って感じでこちらこそうらやましいですよ^^。
昔のニシワキシさんのエピソードを読むと、とっても可愛いので手取り足取り教えたくなっちゃいます(オイオイ 笑)。
No title
ヒロトさん、コメントありがとうございます♪

「他に好きな人がいる」って言おうかなと、一瞬考えたんです。
でもその場に8人位いたので、そんな事を言ったら「誰?誰?」と質問攻めに遭っていたと思います。
モテ男君に「あんたが好きや!」とストレートに言えたらいいんですが、相手の反応が怖いし、私の友達にもモテ男君の事が好きな子がいたので、おそらく修羅場になっていたでしょうね(苦笑)。

モテ男君もヒロトさんのようにキューピッド役になってくれたんだと思いますが、結果的に微妙な感じになってしまいました。
まさに♪切ない片想い あなたは気づかない~という心境でしたね。
ヒロトさんは男子にも女子にも仲良く話せたとの事ですが、すごーくうらやましいです。
私はなぜか男子に対してはキツイ口調になっていたので…(反省)。


Σ(゚Д゚ υ) キャアアアアアアアアアア
甘酸っぱい!
そして、すこし涙味(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

僕は恋はまだ、苦手みたい、、です、、(by倉沢淳美)だったので、こんなお話うまやらしい(*′皿`艸)

でも、男子って自分の恋には疎いもんなんすよ( ̄∀ ̄)
人の恋は面白がるんだけどねm(。>__<。)m

ニシワキシはほんとに子供ってコウノトリが運んでくるかキャベツ畑で産まれると信じてたので(これマジ話)友達の「だれだれが好き」とか言う話を聞くとイヤアアンとなってましたね(笑)
キッスはさくらんぼの味がするのよさ!(`・ω・´)キリッ

モテ男君は罪作りな男ですよねー、、、
でもそん鈍感なとこがモテ男たるとこなんでしょうね。
これが計算尽くされたものだったらすぐにでも新宿とか渋谷でナンバーワンですがな、、

こんな高校時代送りたかったなあ、、

片思いとかしたかった(´;ω;`)
片思いってツライは辛いけど、恋に恋する感じでいいんですよ。
それが多感な思春期なら胸キュンは相当なもんでしょう。
僕は片思いしたのは大人になってからなので、甘酸っぱいというより、酒の味でした_| ̄|○

ああ、、ミリンダさんがうまやらしい、、、
ほんとに、、
うまやらしいぞーーーー!オリャー!!(ノ´□`)ノ :.┻┻:・'.:
甘酸っぱい
こんばんは。
学生時代ならではの甘酸っぱい思い出ですね。
好きな人が近くにいる状況で、別の人と2ショットで歩く(しかも相手は
自分に好意を持っている)というのは、僕も耐えられないと思います。
僕がもしこの立場だったら、2ショットを拒否する際に、「他に好きな人がいる」
ということを涙ながらに訴える気がします。
たぶん、「モテ男君のことが好き」ということは言えないでしょうねぇ。

僕は男子とも女子とも仲良く話せるタイプでしたので、どちらかというと
恋のキューピッド役をすることが多かったです。
何度も恋のキューピッド役をしていると、だんだんそういう感覚が
鋭くなってきて、「あの子はあの子のことが好きなんだな」ということが
事前に分かるようになってきました。
そんなことが分かっても、何の得にもならないんですけどね(苦笑)
No title
昨夜、いきなりコウさんからこの大役を任される事になり、正直すごく戸惑っている私です。

でもせっかくコーナーを設けて下さったので、私の体験談などを夏季限定で書き綴っていきたいと思います。
コウさんみたいにちゃんとした文章は書けませんが、最後まで読んで下されば嬉しいです。

さて、記念すべき第一回目は何を書こうか悩みましたが、私の数少ない恋の話を書きたいと思います。
タイトルは「これってもしかして?・・・モテ男君とT君と私」です。
本編に入る前に簡単な人物紹介を書いておきます。

・モテ男君・・・小学6年生から中学時代の4年間、ミリンダが片想いしていた学年一モテていた男子。特定の彼女はいない。卓球部所属。
・T君・・・小学生時代ミリンダと同じソロバン塾で、時々帰りに一緒に遊んでいた。中学ではクラスが違う事もあり、ほとんど会話をする事もなくなっていた。卓球部所属。

ここから本編に入りたいと思います。

中学入学後、私は美術部に入りたかったけど、6年生の頃から片想いしているモテ男君が卓球部に入部した事を知り、私も卓球部に入部しました。
彼と同じ空気を共有したいと思っていたのに、男子と女子は練習場所が完全に別々でガッカリ…。
でも毎日下校時間がすごーく楽しみでした。

何故かと言うと、部活が終わった後、私は女子ばかりの仲良しグループで帰っていましたが、私達のすぐ後ろをモテ男君率いる男子グループがいる事が多かったんです。

ある日、後ろから「おーい、○○!」とモテ男君が私を呼びました。
私は嬉しくなって振り返るとモテ男君は、
「こいつお前の事が好きなんやて!一緒に帰ってやってくれよ」と言って、T君を前に突き出しました。

思えば数日前から不穏な動きがあったんです。
T君の友達が私にやたらとプライベートに関する質問をしてきたんです。
身長、体重、好きな歌手、好きな食べ物etc…と、しつこく聞きにきました。

私はふざけて、「体重…伊代ちゃんと同じ」とか「好きな歌手…フランク永井」とか答えていると「真面目に答えんかい!」と怒られました。
私が「何で私にだけそんな事聞くんや」と聞くと、「別にええやん」とかわされたんですが、どうも私の情報をT君にリークしていたらしいんです。

前に突き出されたT君は、いつの間にか私の隣に並び、他の男子と女子は皆後ろでニヤニヤしながら私達の様子を見ていました。
後ろでは「手繋げよー」「もっとくっつけー」とかうるさかったけど、私とT君は無言のまま歩いていました。

私は今までT君の事を一度も好きとか嫌いとかそんな感情を持った事が無かったんです。
私は内心、「本当にT君は私の事が好きなのか?私より可愛い子はいっぱいいるし、中学に上がってから全然喋ってないのに…」と思っていました。

次第に私はこの状況が耐えられなくなり、「こういうのもうやめよう!皆で一緒に帰ろう!」と言って、T君との2ショットを拒否しました。
もしかするとT君は深く傷ついたかも知れません。
でも私はさらし者になってる今の状況が嫌だったし、モテ男君が「こいつお前の事好きなんやて」と言ったのがすごーくショックだったんです。

相手が好きでも嫌いでもない子の場合、こういう時どういう風に対応していいのかわからなかったんですよね。
下手にT君と仲良くしても、私の心はモテ男君の方に向いているからいつかT君を傷つけてしまうと思ったし…。

モテ男君が誰を好きなのかわからなかったんですが、3人の気持ちが完全に一方通行になってしまって、今でも当時の事を思い出すと少し切なくなります。

今はスーパーでT君が奥さんや子供と一緒に買い物をしているのを時々見かけます。
奥さんは小柄で可愛くて、完全に私とは真逆のタイプなので、「あの時T君が私を好きだったのは一時の気の迷いに違いない!」と勝手に思っています(笑)。

かなり長くなってしまいましたが、最後まで読んで下さりありがとうございました。
もし良ければ感想など聞かせてくれたら嬉しく思います。







管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。