それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西田ひかる/NiceーCatch!

2014.06.26.Thu.12:16
ナイスキャッチ
・1988年7月作品
・ポニーキャニオン


88年、夏休み最初の日に発売された、セカンドシングル♪

キャッチフレーズは、
「88´夏、キミのハートをナイスキャッチ!」


本作は、デビュー曲「フィフティーン」の作曲を手がけた、林哲司が作曲&編曲の両方を手がけ、サウンドプロデュースを担当、デビュー曲を更に、ハイテンポにした、サマーP-CANソングに仕上がっています♪
とにかく、ノリノリの軽快なビートサウンドで、つい、海遊びやプールででも出かけたくなるような晴天な作品でした~

宣伝用として作られたポスターも、レコードジャケットとは異なる、ひかる夏、P-CANを前面にアピールした水着姿で登場!
ナイスキャッチ3
サイズも、大型A全サイズ。

もう、僕の親衛隊活動時代の後半に応援していたアイドルで、このレコードキャンペーンの時に、彼女との初顔合わせとなった訳なのですが、アイドル歌手としてのオーラというよりも、彼女の名前のように、とにかく眩しかった・・・!!!
それが、彼女に受けた第一印象。

場所は、福岡天神ベスト電気パルコポーロというイベントスペースでした。
階段の所で、彼女がやってきて、ハキハキとして口調で
「話、聞きました。応援ありがとうございます。よろしくお願いします^^」と僕に駆け寄って来て、お辞儀してくれたのが印象的。
通常、アイドルが親衛隊は挨拶してくる時は、「どうもありがとうございます」という言葉が、一般的に、かけてもらえる言葉なのに、頭に「話、聞きました」と、ちゃんと付けた上で、事情はわかりました的な、物を含まれていた、彼女の何気ない、一言に、「なんだか、セカンドシングルを出したばかりの15才アイドルにしては、賢いな~」と感心させられる部分も、多々ありました。


あと、この曲のキャンペーンで印象的だったのが、選挙カーも、吹き飛ばすような、街宣キャンペーンを行い、トラックを改造したような、前面、レコード広告でデザインされた、今でいうツアートラックみたいなもので、キャンペーンに回っていた。
しかも、街中で、「Nice-Catch!」を流しながら、走行するという、まるでスケールの大きな選挙カー状態。

彼女が乗車している際には、メガホンを持ち、「よろしくお願いします」を、選挙候補者のごとく連呼。^^
そして、「Nice-Catch!」とデザインされた、スーパーボール(縁日とかで売っているやつ)を彼女、自ら、街頭に車内から投げつけ、見事、キャッチできた人には、景品を進呈していた(笑)
この、プロモーションの徹底ぶり・・・。
ナイスキャッチ2


マナセプロ社長と二人三脚でキャンペーンをこなし、社員数も少ないところからスタート・・・
花は、予想以上に大きく育ちました。

また、彼女は、夏を先駆けて発売した曲に、ヒット曲が多く、90年代版、桜田淳子の言ったところでしょうか・・(笑)
夏に強い90年代アイドルのシンボル的存在。
しかも、アイドル冬の時代にして、ブレイクを成し遂げてしまったという、稀中の、稀・・・のアイドル。
勢いありましたー。

ちょっと、英語なまりな歌唱も印象的でしたね。^^

ヒットには、至りませんでしたが、これぞ、ひかるのファーストサマーソングの原点!
レコーディングは、ノリノリ2時間で完了^^

歌詞中の
♪誰に会えるか、わからないけど・・・誰とも会えないかもしれない。
という、とこが妙に好き。
スポンサーサイト

コメント

Re: とくこさん
えっちゃんマンさん、どうも^^

やっぱり、「とくこさん」って知らないですね。

坂本ちゃんと一緒という事だったので、てっきりニューハーフの人かと思っていましたよ(笑)

検索かけて、調べてみます。
とくこさん
コウさん、こんばんは。

以前”ニチョウメの歌謡曲ナイトに橋本美加子さんがゲストでやって来た”という話題があって、そのイベントにお客として坂本ちゃんやとくこさんが来場した、という書き込みを私がしたと思います。その「とくこさん」(よしもと所属女芸人)が”あらびき団”等の番組で披露したのが、西田ひかるさんのモノマネで、一応”看板持ちネタ”となっているハズです。まぁ、率直に言えばそれ程似て無いのですが(笑)、それでもやり切ってしまうのが面白いんですよね~。

”あらびき団”では、当然藤井隆氏が大笑いされておりました。アイドルネタですし~。

まぁ、TVでの「ネタ見せ番組」が殆ど無くなってしまった今、なかなか見る機会が無いのですが~、youtubeにあるかなぁ?「とくこ時代」ってネタなら、以前動画を見つけたんですけどね~。

私にとって、西田ひかるさんといえば思い出すのは「とくこさん」なのでした~。
Re: こんにちは
ジャムさん、こんにちは^^

うん~ん、P-CANスマイル♪
かなり眩しかったです。
庶民的な眩しさでしたが・・(笑)

そうですね、僕も会っているので、おっしゃってる事がわかるのですが、そのとおりですね。
洗練されてない訳でも、無いのですが、近寄り安かったですよね。ひかるちゃん^^

そーなんですよー

握手会、通常だと、どんどん押し流されてゆく状態なんですが、割と彼女自身が、ファン1人1人の言葉をしっかりと聞いてくれていましたよね。
そう、人数は並んでない時でも、けっこう握手会がおしてしまう事が多かったように思えます(笑)
ジャムさんも、凄い、観察力ありますね^^

そういう意味では、実力でつかんだ実力派アイドルですよね。^^

まさかの、紅白出場の時は、応援していた僕たちも嬉しくなりました。

Re: タイトルなし
ニシワキシさん、コメントありがとうございます。

♪ハッピーバースディートゥーユー~
ハッピーバースディートゥーユー~
♪ハッピーバースディーDearニシワキシ~さん

Happy Birthday to you-♪

お誕生日だった、という事で、あめでとうございます!^^

歳を取るのは、ため息が出ちゃう時もありますけど、歳を重ねてゆく・・と思えば素敵な事です。
だけど、いくつになっても、「おめでとう~」って人から言ってもらえると嬉しいもんですよね。^^
これからも、若々しくて、アイドルっぽくて、可愛いニシワキシさんで、いらしてくださいね。

                             コウで、おま!(笑)

では、プレゼントに、こちらを!^^
http://www.youtube.com/watch?v=JdQYVQ4zQSQ
この曲は、ひかるちゃんが90年代に発売したシングルで、僕が1番好きな楽曲なんです♪


朝と言えば、ひかるちゃん!
そのとおりですね。夜は似合わないかも。
僕も、当時、朝通勤の頃、よくひかるちゃん聴いていました^^

そうですね、優さんとはまた違ったタイプで、優さんの方が翳る、哀愁、そして・・・毒っ気(笑)がありましたね。
その点、ひかるちゃんは無農薬野菜かな・・・

悪役とかもなさそうですよね。邦子さんとのコントくらいかな(爆)

そうですね、この曲はセカンドシングルで、賞レース参加曲みたいな雰囲気を持っていましたよね。
もう少し、時代が早かったらな・・・

あ~「手のひらの私」とかも懐かしいですね。「プンプンプンパート2」みたいな路線でしたよね!

「輝き!ください」・・・
これ、最初、聴いた時、俊ちゃんの曲かと思っちゃいました。^^
改めてYouTubeで観てみたんですが、こんなにハード系だったんですねー
髪もかなり伸びてるし、、、
アッパレでした!^^

当時、大学の女子友に、大大大ファンがいらしたんですかー
それは、振りつきは見物だったでしょうね~(爆)
痛くっても可愛らしい・・・^^
ちょっとS口調だったのですね~。^^


いえいえ、当時の、ひかるちゃんにまつわる愉快なエピソードでしたよ~(笑)

「ドッキンふるえるー」ってとこも、この夏!何かありそな予感!がして、良かったですよね。
こんにちは
デビュー1年目のひかるちゃんは、ボーイッシュで個人的に
かなり魅力的でした。P-CAN SMAILとも言われてましたね。笑

実物の彼女って、何回か観たことありますが、アイドルって顔がちいさい方とか小柄な方が多いですが、彼女は失礼ながら特別顔が小さいわけでもなかったし、何か近寄り安い雰囲気だったと思うんです。庶民的な魅力がありましたね。

また、彼女の握手会は1人1人のファンに対して、じっくり話す傾向があったので、かなりの時間がかかった思い出もあります。ファンサービス、性格の良さはダントツだと思いますね。
たぶんスタッフ受けがよかったので、生き残れたんだと思います。永作博美もそんなかんじかな?笑 彼女もこんなに生き残れると思いませんでした。

おはようございます!ニシワキシでおま!
こんな朝早くにすみません(´・ω・`)
なんか起きちゃって、、、
んで、朝といえば、ひかるちゃん!
何のこっちゃ(´・ω・`)
っていうくらい、西田さんって健康!健全!太陽!ってのが似合いますね。
同じバイリンガルアイドルでも、早見優さんには少し翳り?毒?があったのに対し西田さんには陰の部分が全然ない!
ドラマの役柄でも、憂いのある役、または悪役とかあったっけ?
「nice catch」はアイドルサマーソングの美味しいとこがてんこ盛りですね。
西田さんが、バンバン賞レースにでて、しかも賞レースが一番盛り上がってた、82~85年あたりに出てたらきっと夏の定番になったはず、、、
僕が西田さんの声を初めて聞いたのが「小公子セディ」の主題歌でした。
プレデビューでした
ポニーキャニオンも力入れるんだろなー、、なんてのは思っていたのですが、肝心の顔がわからず、、
まさかこんなボーイッシュな人が歌ってたとは、、、
でも、西田さんのボーイッシュ期間は1年だけでしたね(*´ω`*)
僕の西田さんお気に入りの曲は「恋は白いTシャツ」「プンプンプン」「手のひらの私」と、数知れず、、
あ!あと忘れちゃいけない「輝き!ください」!
これ、曲自体ツボで髪振り乱して踊る西田さんがちょっぴり滑稽で好きだったんですけど、大学の友達に西田さんの大大大ファンの女子がいて、その子、ちょっぴり痛い子だったんですが、、(自分のことをともさかりえ似とか榎本加奈子似とか言え!って命令したり)彼女とカラオケ行くと必ず西田さんの曲を唄うんです。
しかも、振り付きで(笑)
歌を聞くと時空が歪み、、振り付きを見るとみんなが地蔵になりチ───(´-ω-`)───ン
「輝き!ください」の振り付けが好きだったので、彼女のなんか抜けた振り付きに「違う!違う!こう!」と、なんかフリツケの西条満さんになった気分で教えたなんていう変なエピソードがあります(´・ω・`)
すいません、くだらない思い出話でした。
ちなみに僕は最初の「nicecatchドッキンふるえるー」っていうとこが好きです。
アイドルらしい跳ねた語感が(*´ω`*)
Re: 元気いっぱい笑顔の西田ひかる
ジャムさん、こんばんは。

ほぉ~ジャムさんのiPodには、デビュー曲と、この曲が今でも入っているんですかー^^
Niceです!(笑)

ブレイクは90年代からでしたが、やっぱり88年ー89年のひかるちゃんの曲は良かったですよね。
ほんと、88年デビュー組、イチのボーイッシュアイドル♪

今、聴いても前向きになれるって、素敵な表現ですね。
僕には、出て来なかったです^^

そうですよね・・・あの時点では、ここまで売れる!生き残れるなんてねー(笑)

ですね、剛力に、何か放つものが似てるんですよね~
歌唱センスは全く違いますが・・・(笑)

田中さとみ(笑)そうでした、彼女もマナセプロでしたね!(懐)
そうでしたか、第一号だったんですか。
ありがとうございます^^
元気いっぱい笑顔の西田ひかる
ひかるちゃんですか・・・・・
初期の「フィフティーン」、このセカンドの流れは非常に良かったと思います。
若さいっぱい、元気いっぱい、等身大の15歳のハツラツなボーイッシュな笑顔の彼女が描きだされてる作品だと思う。今聴いても前向きになれる。自身のIPOTにこの2曲がはいってます。笑 朝通勤中にこの2曲を聴くと一日のやる気がおきますね。笑

ぶっちゃけこの頃の西田ひかるを見た時、この後売れブレイクし、今でも芸能界で生き残れると正直思いませんでした。

やっぱり剛力とキャラがこの頃とかぶりますね。笑 ポスト西田ひかるは剛力なのか?

マナセプロは大手渡辺プロダクション系列の事務所でしたが、小さかったですよね。84年にデビューした田中さとみが第一号アイドルだったと記憶してます。


Re: No title
ミリンダさん、どうも^^

そうなんですね。
わかりました。

その頃は、昼夜仕事をしていたので、夜ヒットは注目してみていないので、どんな感じだったかは、わからないんですが、スキャンダルというものは、そう言えば無かったですね。

沢尻エリカさんは、僕はノーマークです。

だだ、仲のいい友達が遊びに来た時、よく、最近深夜やってたドラマを観ていましたね。
もめるのが好きとか言って(笑)
僕は、もめるドラマは嫌いですが・・

あと、ひかるさんに関しては、今でもレコード会社(PC)と契約続行のアーティストさんという事もあって、ジャケット写真をかかげてる以上、僕の方からは、あまり言えないというのが正直なところです。^^


ところで、彼女、現在、関西在住なんですよね~。なんかイメージが沸かない・・(笑)
No title
コウさん、こんばんは^^。

ひかるちゃんって誰が見ても性格に裏表がなくて明るいイメージでした。
親世代にも好かれていたように思います。
私がひかるちゃんを苦手だと言ったのは、性格は良さそうだけど芸能人として見たら面白くないと思ったからなんです。

ひかるちゃんが「プンプンプン」で夜ヒットに出た時、歌ってる間中司会の加賀まりこさんが後ろですごくつまらなそうな顔をしていたんです。
加賀さんはいつも女性歌手に対して不機嫌そうな態度をとっていましたが、聖子さんの時は様子が違いました。

ちょうどアメリカ進出した頃でバッシングが凄かった時期なんですが、加賀さんは聖子さんに「私ね、あなたにすごく興味があるの」と言ったんです。
私も加賀さんの考えに近いというか、芸能人として見たらひかるちゃんより聖子さんの動向が気になるんですよね。
最近はおとなしくなりましたが、80年代から90年代にかけてはスキャンダルが多かったですから…。
そういえばひかるちゃんって全然スキャンダルが無かったですよね。

私が最近動向が気になるタレントは沢尻エリカさんです。
絶対そばにいてほしくないんだけど(笑)、ちょくちょく何かやらかしてくれるのである意味楽しみなんです。

昔、映画の番宣でエリカさんが色んな番組に出ていたんですが、相手が中山ヒデちゃんやタカトシだと無愛想であまり喋らないのに、スマスマに出た時はすごくキャピキャピして嬉しそうだったんです。
こんなにあからさまに態度を変えるなんて、ひかるちゃんなら絶対やらないでしょう(笑)。
でも最近のエリカさんはおとなしめなので、もうひと暴れしてほしいんですが(笑)。




Re: No title
ミリンダさん、こんばんは^^

あ~そうなんですか~体調回復されて良かったです。
安心しました^^

僕も、ライフガード時代は、熱中症いや、当時はまだ日射病って言ってました(笑)
対策を勤務先の指導で習っていたので、今でも、それが実生活で活かされてる部分もある訳なんですが、40代を過ぎると体質自体も変わってくるせいか、余計に補える所は、早めに身体の為に補っておいた方がいいようです
^^
まだ、夏はこれからです。お大事になさってくださいね!


「Nice-Catch!」好きな曲の方に入っていましたか。^^

多分、生理的なものなので、苦手なのは仕方ないと思いますが、意外とそうでもないんですよ。
逆に日本での習慣については、浮世離れしているところもあって天然カマせるし、頭の回転はよくても、それを鼻にかけてない印象でした。90年代に入ってからは、女性ファンも多かったように思えますよ。
彼女の場合は、性格の良さもブレイクの一、要因でしょう。

確かに、陰の部分とか、色気というものは、無かったと思います。(笑)
もう健康的が全面的に溢れていましたからね。


No title
コウさん、またまたお邪魔します^^。

ひかるちゃんの曲では「Nice-Catch!」「Natural Summer Days」、フルーチェのCMソングだった「恋は白いTシャツ」が好きでした。
90年代だと「ときめいて」が良かったです。
コウさん達やひかるちゃん本人の頑張りもあってアイドル冬の時代に
大健闘しましたね。
シングルも沢山出せましたし、紅白にも出られましたし…。

でも私は曲自体は好きなんですが、ひかるちゃん本人はちょっと苦手でした。
明るくて、英語も喋れて、頭の回転も早くて、とてもしっかりしていて…とにかくあまりにも欠点が無さすぎるのでイマイチ惹かれなかったんです。
もうちょっと陰の部分を見せてくれていたら、同性のファンも増えたかも?
実際ひかるちゃんのファンの男女比率はどうだったんでしょうか。
やっぱり男性ファンが多かったのかな?

以前「ごきげんよう」にひかるちゃんと山田親太朗さんが出ていたんですが、野菜ソムリエの資格を持つひかるちゃんに山田さんが「僕、野菜が全然食べられないんだけど、どうしたら食べられるようになりますか?」と相談したんです。

ひかるちゃんは「ドレッシングを工夫するとか、スープにするとか…」と色々アドバイスしたんですが、山田さんは「じゃあ僕いいです」と一言。
それでもひかるちゃんは「こういう風にすれば美味しく食べられますよ!」とアドバイスしたんですが、山田さんは聞く耳持たずで「いいです、いいです、食べないです!」の一点張り…。
食べる気が無いなら初めから相談しなければいいのに。
さすがにこれはひかるちゃんが気の毒でした。



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。