それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網浜直子/夏は目の毒・恋の毒

2014.05.13.Tue.18:11
夏は目の毒

・1987年5月作品
・CBSソニー


もう、夏風が吹き始めましたね・・・^^

本作は、網浜直子名義としては、5枚目のシングルとして発売。
87年、夏のコーセー化粧品キャンペーンソングとしても、起用された作品でした。

夏は目1



発売は、5月2日だったので、もうこの季節には、夏のキャンペーンソングが各社発売されていたって事になるんですよね~
早いものでは、4月上旬に発売されている曲も当時は、ありました。


それに、当時は、季節ごとにCMで流れてくる化粧品のコマーシャルソングって、
「今度は誰が歌うのかなっ?」って非常に、楽しみでしたよね!^^


季節感も、化粧品のCMソングって、影響力が大きかったように思えます。


もちろん、その化粧品を使ってる人も、使ってない人たちにも、平等に(笑)

この曲は、網浜さんにとっての、いわばイメチェン作品であり、シングルとしては初のメジャー曲という事になりました♪
夏は目2


大手化粧品メーカーの夏キャンソングとして、バックアップを受け、大量オンエアされましたが、
結果、オリコン最高122位と、作品の出来の割りには、ちょっと振るわなかったかな~という残念な曲・・・


作曲は井上ヨシマサ、編曲は、鷺巣詩郎という若手サウンドメーカーが発揮した、リゾートチューン♪


天然色に染まった、鷺巣詩郎特有のド派手なアレンジも、総天然=自由奔放さ、を印象付けてくれている。


網浜さん自身も、TV出演時は、鳥の羽根をイメージさせたツンツン衣装をまとい、まるでパリコレ風?!で力入ってました
^^確か、初めて笑顔を見せて歌っていた曲でもありましたー
夏は目3


また、B面のメロメロと「Mellow Mello」をかけたタイトル!(笑)
こちらも、負けてません!!・・・。

作曲は井上大輔、編曲は、こちらも鷺巣詩郎。
ギラギラとした、灼熱のサウンドは、聴き手次第では、クールサウンドに♪
空からの低空飛行が楽しめそうなマリンビーチポップス仕様。
夏は目4



両面合わせて、再評価しておきたい音盤。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし
ニシワキシさん、こんばんは^^

語呂が妙なタイトルって、面白くて、タイトルだけで、なんとなく聴きたくなっちゃいますよね。

この曲、ちゃんと聴いた事無いのに、コメント入れてくださってどうもでーす^^
YouTubeには入っているようでした。
いや~、きっとツボ曲ですよ!!^^

ですね!売れそうだったんですが、売れなさ過ぎで・・・
歌の衣装もすごーく、おしゃれで決まってたんですよ。(参考画像を追加で添付してみました)

さすが、いいとこ突きますねー
コーセーだって、立派ですよね^^
ヒットしたって、おかしくない。

そうでしたねー
確かに、ヘンなタイトルで、これも語呂合わせ的な・・・
キャッチコピーってもんなんでしょうね。

ですね、会議にかけたり、公募して、こんなヘンな語呂たちでしたが、真剣に決められていたようです^^

そうですね、網浜さんは、カッコイイアイドルでしたね!
あはは、、、(笑)
ゴツかったような・・・^^
はい、意味が、よーくわかりますよ。その辺も・・・^^


オーダーメイドに関しては、僕も同じ意見ですね。
発売日の翌日に倍の値段で売られている件、これはレコード会社の責任です。
そういった、商法なんでしょうが、アンコールプレスで人気がある物に関しては、制作費も、そうはかからないので、店頭へ流通しても良いのでは?・・・と思います。
僕は語呂が妙なタイトルの歌が好きです。

「さそって入口ふるえて出口」とか「いけない、、わからない、、好きならばかまわない」とか「会いたい会いたい会いたいな」とか「少女 熱風 天然色」とか(笑)

この「恋は目の毒恋の毒」ももちろん好きですが、ちゃんと聞いたことないんです(´・ω・`)
しかも鷺巣さん!これはツボ曲に違いない!
しかもこのタイトル(笑)
しかし、なんで化粧品のキャンペーンソングだったのに売れなかったんでしょうね?
資生堂、カネボウ程ではないにしろ、コーセーだって立派な化粧品会社だし、「この夏はアミハマにキマリ」みたいな予定だったんでしょうにね(´・ω・`)
お化粧品のキャンペーンソングって変なタイトルの曲多いですよね(笑)
有名な「色 ホワイトブレンド」も「くちびるNETWORK」も「MUGO ん 色っぽい」も定番になったけど、相当へんなタイトルですよ(笑)
まあ、コマーシャルソングだから限られた時間にバシっとキマるインパクトのあるキャッチーなタイトルじゃないとだめなんでしょうけど、、、
アミハマさんはデビュー曲から歌唱力はありましたよね!「竹下涙話」(これも妙なタイトルだ(笑))も新人さんにしては堂々たる歌唱でしたし。
サミー(松本典子)は正統派アミーはボーイッシュに、、、かっこよかったです!
ただ、アイドルとしては少しゴツかったような(ファンの方には申しわけない(˘ω˘))
大人になってイイ女ポジションの女優さんになりかけたけど、もう少しでした(´・ω・`)
飯島直子とのユニットもなんだか妙だったし\( *´ω`* )/

なんか苦言ばっかいってますが(笑)好きなんですよ(˘ω˘)
オーダーメイドファクトリーじゃなくてきちんと流通して欲しいヽ(●´ε`●)ノ
ソニーはオーダーメイドファクトリーがあるからってアイドルの復刻をオーダーメイドに任せすぎ!
買ったらすぐ聴きたいの!(笑)

戯言みたいなコメントほんとすみません(ToT)
Re: No title
ミリンダさん、どうも^^

化粧品のCM曲が廃ってきたにしても、酷すぎのランキング結果ですよね・・・
きっと、企業側では無く、レコード会社サイドのプッシュが足らなかったのもあったんでしょうねー。

そう言えばありましたね~「くずせるものなるくずしてごらん」(懐)
有線は、けっこう流れていました。この曲♪

あと、「君のキャトルヴァンディス」は当時、会社の打ち上げの2次会などで、同僚と歌っていましたね~
確かに、一般的に認知度は低めだったですが、ようやくスタレビの時代が回ってきたかっ!て、当時は、思ったりもしましたよ~^^
この曲の間奏の部分のコーラス?ハーモニー?がとても好きです^^
これ、一応、自己最高記録で19位をマークしてるんですよね!

はい~!ウケましたよ~
さっきの、コメント(笑)

内気な僕としては・・・、ちょっぴり照れ笑いしながら読ませていたできました~(爆)
No title
コウさん、こんばんは^^。

この曲はCMでバンバン流れていたので絶対売れると思ったんですが、100位内にも入らなかったのはショックでした。
同時期に出たクラクションの「くずせるものならくずしてごらん」という曲も化粧品のCMソングだったけど、これもヒットしませんでした。
もうそういう時代じゃないんだなって思いましたね。

スタレビも90年春にカネボウのCMソング「君のキャトル・ヴァン・ディス」を出しまして、一応20位内には入りましたが歴代のCMソングと比べると知名度が低い曲のような気がします。
化粧品のキャンペーンソングで季節感を感じていたので、無くなってしまったのが本当に残念です。

CLUB紳助の話、コウさんにウケていただけて何よりです(笑)。
この時の飯島さんの印象が強烈だったせいか、後に癒し系キャラでブレイクした時は違和感ありまくりでしたねー。
グラビアアイドル時代など無かったかのように、色んな雑誌でいい女扱いされてましたし…。うちの旦那もまんまと騙されてました(笑)。
でも今の飯島さんは嫌いじゃないですよ。
元ヤンを隠そうとしない所が好感が持てます。
それにしてもコウさんの最後のコメント気になる~(爆)。
Re: こんにちは
ジャムさん、こんばんは^^


やぁー、嬉しいですねー
両面好きって言ってくださって・・・^^

僕なんて、どれでもかんでも好きって言っまくってるじゃないですかー・・・(苦笑)

・・・しかし、ジャムさんは、いいものはイイ!良くないものは良くない!と、きっぱりおっしゃられるタイプなので(笑)
ジャムさんが両面イイ!て言ってくださると、本当に良さそう!
僕が言うより信憑性があるような・・・(笑)

そうでしたね、リゾートナンパ!^^
♪ここはナンパの天国って歌詞ありますもんね。

そう言えば、香坂みゆきさんもコーセーでしたね!
あ~その線だったのかもしれませんね~

アミーけっこうタイプだったんですね。(笑)
なんだかんだで、けっこう、人気あるようですねッ。^^網浜さん!

こんにちは
確か香坂みゆきさんも、歌が不調で、コーセーのCMソングでようやくヒットでしたよね。
網浜直子さんもまさにそれを狙っていたのでは?

この曲は、よくテレビCMでも流れてたし、キャッチーだし、もっと売れてもいいんじゃないかと自分も思います。
B面は、リゾートナンパがテーマになってるキャッチーな曲で、これも覚えやすくて好きです。

なんで歌が売れなかったのか自分も謎ですね。

網浜さんの特徴のあるボーカルが結構好きなんですよ。顔も、目がクリッとしててタイプでしたね。笑
Re: No title
ミリンダさん、こんばんは^^

僕も、待ちに待ったメジャー作品だ!って感じでした。

「愛してPAX」は企画もの扱いですね。

そうですよね、文句なしに多少はヒットするだろう~と予感していたんですが、売れませんでしたねー
おかしいな~?^^

おっしゃるとおりで、もう化粧品のコマーシャルソングが売れるとは限らない時代なんだぞー!
って結果を目の当たりにした作品でもありましたねー。
曲のクオリティーが高かっただけに、すごーく残念ですが・・・


あははははは!(爆)

また、大胆コメント!大胆発言ですねぇ!!

あの~ミリンダさんって、たまーに、ドキッ!とさせるようなコメント書いてくださる所も、おもろいんですよね~、さすが姉貴です!!
^^
なんか・・西川峰子の「いけず」の時のコメントを思い出しました(笑)^^
あの時のリアクションも面白かったですぅ~


へぇ~、そんな事を話してたんですか~^^
「CLUB伸助」も懐かしいですねー。
ありました、ありました、そういう番組。


道連れ・・・(爆)!!!


さて、いったい・・・「どうゆうH?」だったんでしょうねー
もちろん、僕にも解りませんが・・・(汗)


もしかしたら・・・?
僕が、やっているような事なんでしょうか・・・
それだったら、コメントは・・・控えておきますね!(笑)

^^
No title
コウさん、こんばんは^^。

ずっとマイナー調の曲が続いていた網浜さんでしたが、ようやくメジャー調の曲が出て嬉しかったですね。
「ホットサマーナイト」もカッコよかったけどあまりヒットしなかったし…。
「愛してPAX」は企画物扱いでいいのかな?

CMソングだったし絶対に売れると思ったんですが…。
網浜さんの声も色っぽくて良かったんだけどなー。
もうこの頃になると、80年代前半と違って化粧品のCMソングでも売れるとは限らなくなりましたね。

あと、昔からずーっと気になってる事がありまして…。
W-NAOの相方だった飯島直子さんがCLUB紳助にゲストで出た時の事です。
まだ飯島さんはジョージアのCMでブレイクする前だったので、トークの内容も結構ヤバめでした。
紳助さんが「どういうHが好き?」と聞いたら、飯島さんは紳助さんの耳元でコソコソ…。
すると紳助さんは「お前、それはアカンでー!」と大爆笑していました。
そしたら飯島さんは「えーだって、網浜直子ちゃんもそうしてるって言ってたもん!」とその場に居ない網浜さんまで道連れに(笑)。
いったい飯島さんは何て言ったのか未だに気になってます…。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。