それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と純平さんの音楽・その2

2017.02.21.Tue.02:43

椎名純平さんとの音楽の出会いは今年で17年。
これまで聴き続けて来た純平さんの音楽を振り返ってみる時期に来ているようなので、このタイミングで数年前にブログで綴った記事を復刻版という形で取り上げてみる事に。
当時の自分の事、そして、純平さんの音楽の世界観に対する自分の思い入れなど、最近の僕しか知らない方たち向けに読んで頂けたらな、と思います。
ここでは、これまでリリースされたシングルの中で一番大好きな「ショウタイム」を紹介してみる事に


d36ed0b28fa03a1c5667c110_L.jpg



僕は、夜の繁華街をウォーキングするのが、とても大好きなんです。
別に、何が、どう、とかではなく。

友達なんかに言わせると、恐ろしい・・・なんて言いたりするんですけど、どちらかと言うと賑やかさと、開放感を感じる方なんです・・・

今日は「ショウタイム」を紹介します。


純平ちゃんの音楽には、2000年代の約半分以上?本当にお世話になりました^^
超大好きです!

その中でも、ソニー時代としては、ラストシングルとなってしまったんですが、この曲が一番のお気に入り作品なんです!


実は、前振りしましたが、繁華街と純平ちゃんサウンドはとても相性が良いのです!
丁度、2000年に入った頃、平井堅さんの「楽園」での大ブレイクによって、その後の、男性R&Bシンガーの勢いの凄かった事・・・もう、本当にJ-R&Bシンガーのバブル時代とでも言うような現象・・・
各レコード会社の大プッシュアーティスト各社揃ってR&B一色・・・と言った感じ。


外資系のCDショップにインストアライブ、あと同時にHipHopが流行っていた事もあり、中古レコードショップに、なんちゃってDJの学生たちの姿が観うけられたりして・・・


それに、髭男子が急増したのもこの頃から。


もう、ホント凄かったです!クラブ系サウンドが・・・


この「ショウタイム」は純平ちゃんサウンドの中でも、70年代ソウルテイスト&ソウルディスコ色の強いナンバーで、クルセイターズの「ストリートライフ」にインスパイアされた作品です。
そこに純平ちゃんの色気ある歌声が、ダンスしてる、これぞミラーボール歌謡の決定版!


純平ちゃんのボーカルは、型破りを武器に限りなくエモーショナルにROCKする独高のSOULシンガー。
彼独自のスタンスと同系統のシンガーには絶対にない土臭さと毒っ気。
限りなく黒々とした、そのパフォーマンススタイル。
無限大に広がるSOOUL魂・・・と、評価を上げれば切りがないくらい・・・

IMG_2822.jpg


あえてこのカラーがわかるやつだけついて来い!と訴えてるかのような、売れ線好きのユーザーを引き付けないとここそ、そこが魅力だったりする。


純平ちゃんの渋みある歌声、「ショウタイム」で今夜はいかがでしょうか・・・


2003年作品/ソニー







スポンサーサイト

僕と純平さんの音楽・その1

2017.02.21.Tue.02:21

椎名純平さんとの音楽の出会いは今年で17年。
これまで聴き続けて来た純平さんの音楽を振り返ってみる時期に来ているようなので、このタイミングで数年前にブログで綴った記事を復刻版という形で取り上げてみる事に。
当時の自分の事、そして、純平さんの音楽の世界観に対する自分の思い入れなど、最近の僕しか知らない方たち向けに読んで頂けたらな、と思います。


椎名浅い夢



僕が2000年代アーティストで、とても大好きな椎名純平さんの紹介です。

純平ちゃんの音楽スタイルについては、以前「ショウタイム」の時に紹介していますので、そちらの方も合わせて参照くださいね!

ここでは、純平ちゃんを当時、聴いていた頃の思い出や、今、思う事などを書き綴ってみたいと思います・・・


まずは、冒頭の曲、紹介から。
「浅い夢」は、来生たかおさんのデビュー曲。
それを、純平ちゃんがカバーしている訳なんですが、この曲をカバーする事になった経緯は・・・
純平ちゃんが、幼い頃、ご両親が来生たかおのファンで、よく聴いていたらしく、しぜ~んと耳に入ってきたそうです。
で、中でも「浅い夢」に、引っかかりがあって、カバーとなりました。
夏の海の香りのする、甘く切なく男らしいバラードに仕上がっていますよ。


「浅い夢」が収録されたアルバム「discover」には、純平ちゃん自身が思い入れのある洋楽邦楽から、8曲をカバー
ラインナップは・・・「モンキーマジック」「いつか晴れた日に」「Yes-No」「勝手にしやがれ」「どしゃぶりの雨の中で」「IF YOU WERE THERE」「WHERE IS THE LOVE」(林檎さんとの初デュエットソング)という、色合い・・・


また、当時、限定アナログ盤として「モンキーマジック」「Yes-No」を収録した12インチビニール
「WHERE IS THE LOVE」(椎名純平&椎名林檎」も発売された。

椎名純平浅い夢

※僕的には、フルアルバムより、ビニール盤のジャケットの方が好き。


ヒゲスタイルは、30歳を機に、髭を伸ばそう~と決心。
もちろん、初めての事、緊張する、した。
伸ばした事ないヤツが伸ばすと、最初、絶対に何か言われる時代だったから・・・
ましてや、接客業だったし・・・
お許しが出るかどうかも・・・。


会社の社長夫人からは、案の定・・・「似合わないから、剃って」と・・・
実は、同僚で、先に髭を伸ばしていた、後輩がいて、思わず社長夫人に「OOは髭伸ばしてるじゃないですかー?」と、振ってみた・・・
そしたら・・・
「OOくんは似合ってるから、いいのよ」と返された・・・
「くっそ~・・・クッソー、会社の方針じゃねーのかよー」と、そのOOに思わず、文句言ってやった!
なんて事は・・・せず、一緒にとっとと風呂に行って、その事を告げた。


実は・・・そいつから、当時、髪切ってもらったり、髭を整えてもらっていたから(笑)


やっぱり、この顔ですからね・・・
当時は、似合わなかった、いや違和感たっぷりだったんでしょうね~
いま、振り返って思えば・・・
僕のヒゲ伝説は、こんな訳で、コンプレックスから始まった。


あ、そうだー!初対面の人に見てもらったら、いいんだー^^と考案。


当時の純平ちゃんの一連のナンバーは僕にとっては、まさに夜のテーマ。
夜出かけて、始発で帰る、または、カプセルホテルで一泊の、翌昼帰宅・・・
もちろん、仕事もやりながら、こんな不摂生、決して遅い不良とは・・・言わないが、そこそこ真夜中を謳歌していた時代。


とにかく、真夜中に熊本や福岡、大阪などの繁華街やクラブ街を歩きまわるのが、楽しかった。
好きな音楽聴きながら、もちろんアイドルポップスは封印・・・R&Bやブラックテイスト、クラブ系の音楽を聴いて。
それでも、興味のあるイベントがあれば、積極的に参加し、輪に交わっていた。
もちろん、入る時は1人で。


純平ちゃんの声は、僕の肌にあっているようで、歌声が心地よい。
もしかしたら、2000年代、男性ボーカルNO,1かも・・・
そして、楽しかったけど、ちょっぴり朝が来ると、切なくなるという・・・
男心まで、しっかりとフォローしてくれているような気もする。


その当時の話は、色んな事が沢山ありすぎて、語り尽くせないほど・・・
やっぱり、そう考えると充実していたんだろうなー



そんな僕なんですが、最近・・・2004年に戻りたい病が発生!しているのです^^

2004年に戻らないかなーって!
単純に^^アホですよね!

実は、先月で熊本市内へ引越して10年を迎えました~。
正直、まさかの10年、あっ、という間の10年でした。
でね、引越しして来た頃に戻りたいナーって思っちゃうんです。

実は、生まれてきて、「あの頃に戻りたい」って思った事が、これまで1回も無かったんですよ。
70年代は親同伴、義務教育の時代ですから、別として、80年代は、学校嫌いだから、戻りたくない・・・
90年代は、気持ちの上でも、仕事の上でも余裕が無く、ただ駆け足だった・・という感じ・・・で戻らなくてもいい。
やっぱり、自分にとって、2000年代は、気持ちの上でも、ゆとりを持てるようになり、好きな事が好きなように、割と思いも通って叶った時代だったんです。なんか、2000年代なんて、つい最近のようですがね・・・

ひらめくまま・・・って感じでしたね。
バンザーーーイ!2000年代^

2004年の時点では、親代わりで、育ててくれた祖父(2007年他界)と祖母(2005年他界)も健在でしたし、僕の仕事の事など、色んな事を理解してくれ、支えてくれていた女性も昨年、他界してしまったんです。
お金は、使っても稼げば何とかなりますが、人の命って、どんなに稼いでも戻って来ないですもんね。
あたり前の話だけど・・・


あと、先週、救急車で運ばれたこと・・・
自分が運ばれたこと、自体がガッカリですね・・・。
まだ、処方された薬は飲んでいるのですが、飲んでどーなるか・・・
そう考えると2004年の方が体力もあったなー・・・ってね。


更に、CDショップの減少・・・これも痛い、
熊本駅周辺や街も10年前の方が便利だったように思えます。

まぁ、色々、ひっくるめての2004年に戻りたーい!病ですが。

いやぁ、それでも、現実を受け止めながら、純平ちゃんの音楽と共に、また花を咲かせたい~と思って企んでいるところであります。^^


あれから30年、87年CBSソニー第1号新人、統乃さゆみ

2017.02.19.Sun.16:32




こんばんは!お久しぶりのブログ更新となりました。
ちょっと、書き留めておきたい事があったもので。



今月で丁度、30年前となりました。
87年CBSソニー第1号新人!
そのアイドルの名は統乃さゆみ。

当時、よくソニーの第1号新人ってコケる・・・というジンクスがありまして、まぁ、このお方も、、、ってとこなんですけど。




実は僕自身、この曲が発売された、2月26日に社会人デビュー!しまして、確か、発売日当日には買って無かったと思うんですが、その数日後、買った記憶があります。

北98


てな訳で、社会人デビュー第1号シングル!として買ったレコードがコレだったのです!

統乃さゆみ、オネアミスの翼ーRemember Me Again-





東宝の大プッシュアニメ映画「オネアミスの翼」のイメージソングで、CMでは流れていたものの、劇中では流してもらえないというナウシカパターン。

オリコンは最高78位、0,5万枚を記録しています。記録って?・・・




この曲、私的ですが、アイドルポップス泣き歌ベストテンにランクインしています。
せつな、切な過ぎるこのメロディーライン、しかし、期待と不安が交差する、この感じが、なんとも卒業ソングにも通じる展開だと。



新しい翼、広げ・・・
まるで、当時の僕の心境をまるごと表現したかのような・・・



1ケ月くらい、毎日、通勤の時に聴いて、仕事場では休憩タイムに、チャリン~と10円入れて、有線放送にリクエストしていました。
そう思っているうち、すっかり、この曲を歌っている彼女に恋をしてしまって・・・(笑)

こんな切なげなデビュー曲を歌っているアイドルって、どんな人なんだろう?って・・・
性格とか、振舞いとか、歌以外の、おしゃべりする感じとか、、、
まぁ、色々、、、^^

いつものごとく病気発生!(笑)
とうとう、逢わずにいられなくなっちゃいましてね・・・・テヘへ^^

だた、この曲でのレコードキャンペーンが福岡や熊本では無かったんですよねー
んー、困った、こまった、、、。





さて、会う事が出来たのでしょうか・・・・・







つづく。








第3回レコード大会開催・(2日目)

2017.02.14.Tue.01:21

第3回レコード大会を2月10日と11日2DAYS,Twitter上で「レコード大会」を開催しました。

2日目は夜の6時OPENの深夜2時CLOSE&モーニングをチョロりと(笑)
おおよそ8時間に渡り、全国のみなさんからリクエストを頂きお届けしましたー。
今回は、びーめんなんかのリクエストも入り、ちょっと嬉しかったりたまんなかったり(笑)
やっぱり、相変わらず緊張はします・・・色んな緊張感が(^^;)ハイ。


今回も、好きなレコードをかけるのではなく、床に並べたレコードの中から、フォロワーさんからリクエストが入れば流す!というルールで!だから、流したい~と思っても、その盤にリクエストが入らない限り、流せましぇーん、という企画です(笑)
では、2日目のプレイリストを。



1、ガラスのタイプライター/国実百合
2、愛おぼえていますか/飯島真理
3、決心/原真祐美
4、抱いてマイラブ/早見優
5、ナイト&スナック/大沢和也
6、長い髪の少女/金子保
7、恋は廻る/今井とも
8、季節はずれの恋/吉沢秋絵
9、愛のランナー/堀ちえみ
10、痺れたんです/大沢和也
11、クレイジーラブ/堀ちえみ

12、銀河の少年/西村知美
13、星降る街角/敏いとうとハッピー&ブルー
14、ウンガチョコ先生/千代恵
15、恋はringringring/国生さゆり
16、乱/小柳ルミ子
17、恋/石川ひとみ
18、金のリボンでRockして/志賀真理子
19、銀河鉄道999/ゴダイゴ

20、河内のオッサンの唄/ミス花子
21、まいったネ今夜/少年隊
22、芽ばえ/麻丘めぐみ
23、サザエさん/宇野ゆう子
24、フリージアの少年/志賀真理子
25、デカメロン伝説・2/少年隊
26、NeverSayGoodBye/小比類かほる
27、恋するトコロ天/市原まゆみ
28、Doファッション/中村繁之
29、ランニングフォーエバー/宮下直紀
30、横須賀サンライズサンセット/山口百恵
31、ヴァニティナイト/芳本美代子
32、TOKYO Girl/本田美奈子
33、気まぐれ大阪/須藤めぐみ
34、情熱/斉藤由貴
35、迷路/岡村孝子
36、ささやきの妖精/斉藤由貴

37、べつにシンドローム/樹本由布子
38、三角関係/金井克子
39、シュルードフェロー/山口百恵
40、アゲイン/山本達彦
41、早春期/尾崎仁美
42、不思議なピーチパイ/竹内まりや
43、ポーラースター/八神純子
44、ロンリーハート/クリエーション
45、恋する蝶ちょ/五月みどり
46、ノーブレイク/斉藤隆治
47、モーニングコール/藤井一子

48、バンクショット/藤井一子
49、Loveチェイスは危険な街で/川原田新一
50、美サイレント/山口百恵
51、横浜いれぶん/木之内
どり
52、メモリアルレイン/山本達彦
53、バレンタインキッス/国生さゆり
54、何も言わないで/石川ひとみ
55、ごきげん如何/伊藤咲子
56、ためらいー恋する気持/星野由妃




C4dT7_9UYAEyTnI.jpg
C4dT9OZUoAAsRjJ.jpg




56曲ものリクエストを頂きました!
お寒い中、狭いカウンター席で1曲1曲のリクエストをありがとうございました(^_^)これからも昭和歌謡やレコード盤の良さや懐かしさも発信して行きたいと思います。

ご参加頂いた皆さん、長丁場のお付き合いありがとうございました





第3回レコード大会開催!(1日目)

2017.02.14.Tue.00:52


第3回レコード大会を2月10日と11日2DAYS,Twitter上で「レコード大会」を開催しました。


1日目は夜の7時ちょい過ぎOPENの深夜1時CLOSE。
プレイ時間は前回の金曜日と同じくらいでした、しかし毎回緊張しますね。今回が1番わき汗かいたかも(^^;)
ま、ともあれ、全国のみなさんからリクエストを頂く事が出来お届けしましたー。
時間が深まる毎にリクエスト曲もどんどんディープさが増す感じが、今回もたまんなかったデス(笑)



今回も、好きなレコードをかけるのではなく、床に並べたレコードの中から、フォロワーさんからリクエストが入れば流す!というルールで!だから、流したい~と思っても、その盤にリクエストが入らない限り、流せましぇーん、という企画です(笑)
では、1日目のプレイリストを。




1、西村知美/君は流れ星
2、美加マドカ/いっちゃダメ!
3、桑田靖子/ラブorロンリー
4、教室/森川美穂
5、乙女はいつか星になる/乙女隊
6、脱プラトニック/桑田靖子
7、不信の芽ばえ/岡崎ひとみ
8、藍れん歌/乙女隊
9、スターストーム/井上杏美
10、銀河の神話/田原俊彦
11、級友/森川美穂
12、悲しい夜を止めて/河合その子
13、青い視線/河合奈保子
14、フェアリープリンセス/山本達彦
15、やさしさなんていらない/河合その子
16、卒業/斉藤由貴
17、25セントの満月/ゆうゆ
18、デカメロン伝説/少年隊
19、フォリナー/小森田実
20、毎日がバレンタイン/柏原よしえ
21、夢見るseason/伊藤つかさ
22、無国籍ロマンス/荻野目洋子
23、まちぶせ/石川ひとみ
24、やきとりブルース/アキモトイ
25、とまどいの週末/堀ちえみ
26、山鳩/山口百恵
27、色ホワイトブレンド/中山美穂
28、水のルージュ/小泉今日子
29、すみれの気持ち/森口博子
30、酔わせてブギウギ六本木/仲村泰人
31、ロマンティックしましょう/加川有希(伍代夏子)
32、トレモロ/柏原芳恵
33、天使の絵の具/飯島真理
34、ときめきの季節/中山美穂
35、KIss/小泉今日子
36、青春/斉藤由貴



C4dRp-9UkAID-PA.jpg
C4dRrXVVMAIlZvJ.jpg




36曲のリクエストを頂きました!
ご参加頂いた皆さん、お付き合いありがとうございました!




 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。