それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のディープ歌謡ベストテン!(14.10.24付)

2014.10.24.Fri.01:00
みなさん、こん@@は!
コウです。

今週も、よろしくお願いします^^

最近、ほんと忙しいくなってしまって・・・
良く言えば、充実した一日という訳で、何かとバタバタと生活しています。^^

しかし、先日、丸一日、時間が空いた日があったので、福岡市まで行って来ましたよ~
本当は、一泊するハズだったんですが、一緒に同行した友人が、次の日、突然、授業に出ないといけなくなってしまって・・・
あっ、英語の先生なんですけどね。
で、急きょ、日帰りに予定を変更し、最終の高速バスで帰って来たという訳だったんですが・・・

色々、時間内に巡ってきました~
大濠公園とか、唐人町とか、西新とか、シブいコースだったんですが、食っちゃー、歩き、食っちゃー、歩き、、の繰り返しで
(笑)
夜は温泉に行ってきたんですが、その後、シメで、ラーメン食ってきました。^^

せっかく、サウナで汗流してるのに、ラーメンって・・・??どーよー(笑)
てな、感じなんですが、長浜ラーメンの、一心亭ってとこに行ってきました~
一心亭1
博多、長浜、とんこつラーメンって、もう全国的にも有名ですよね!
最近は、地元の人間より、県外の人からの方が、注目を集めてるような感じもするんですがー(笑)
長浜ラーメンの特徴は、とんこつスープに細めん、それに低価格が特徴なんです。
値段の高い、長浜ラーメンは、ほんものでは、無いかもしれないですね^^
一心亭2
是非、機会があれば、食べにいらしてくださいね。
ぜーったい、本場のは違うと思います。はい^^


日帰りでしたが、とても充実した一日でした。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@今週のディープ歌謡ベストテン!(14.10.24)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1位 ピンク・シャドウ/三田寛子
2位 どうして?!/佐東由梨
3位 天気予報はI LUV YOU/森尾由美
4位 ONE LOVE ONE HEART/SHIHO
5位 メビウス天国/水谷麻里
6位 美しき狼たち/おぼたけし
7位 想い出のファーストキッス/三谷晃代
8位 賭け/岡田奈々
9位 ときめきのアクシデント/原田知世
10位 17CLUB/P.J

11位 セシルはセシル/早瀬優香子
12位 TOKYO CITY OF WONDERS/村田恵里
13位 ラブギャンブル/佐藤恵利
14位 メリーゴーラウンド/堺正章
15位 Gypsy Queen/SHIHO
16位 失恋/里中茶美
17位 恋のワナワナ/比企理恵
18位 キライ!/田中律子
19位 色づく街/三田寛子
20位 いちごがポロリ/本田理沙

・・・という結果になりました。
特に今週は、三田寛子さん、SHIHO、森尾由美さんの色んな曲を聴いた週でした~^^

あと、20位にランクした、本田理沙さん、本日、24日(金曜)TBSの「爆報」に出演です!


※では、今週の注目曲です♪
https://www.youtube.com/watch?v=KApls65PmD4




スポンサーサイト

レコードコレクター2014年11月号

2014.10.19.Sun.21:14

とうとう発売されましたねー
レコードコレクター11月号、「日本の女性アイドルソングベスト100・1980-89」
レコードコレ11月


早速、読んでみました^^
文に関しては、まだちゃんと読んでいないので、なんとも言えませんが、こういう本が出てくれると、やっぱり、80sに活気が出て、ありがたいですね。
まず、出版社に、お疲れ様でした・・・そうお伝えしたい気分です。

欲を言えば、もっとエグッてくれても、良かったのでは?と思いました。
エグるとは、知るとぞ知るアイドル?みたいなコーナーを^^

それでも、原田ゆかりや中里あき子をアイドル扱いとして、それぞれのデビュー盤は評価していたアタリは、感心しました。

やっぱり、聖子さんや明菜さんが中心となった記事だった感想ですが、それはそれで文句は無いです^^

レコードコレクターって読者のターゲット層って?何歳くらいなんでしょうかね~

なんとなく、1950年、60年代生まれの人達を中心となって読んでいる印象があったもので、だとしたら、もっと深いところまで、やって良かったんじゃないかなーって、思ったんですよ。

ただ、若い層も取り込む記事にしたい・・・という意図であれば、的アタリだと思いますね。

僕は、常日頃、思い、ここのブログでも伝え続けている事なんですが、若い層の、みなさんに「80年代アイドル」というジャンルを、音楽文化として、引き継いでいただき、僕らは、どんどん、おっさん化(退化)してゆくばかりですから、その息吹を引き継いでもらい、次の世代に、1曲でも多く紹介していってもらいたいものなんです。

そーだなー
例えば・・・僕より、ひと回り下くらいの子と、キョンキョンの話をした時、「昔、キョンキョンってハウスやってたんですか~
聴いてみたい~」って全く知らないんですよね。(Fade Outの事)
もう、「私の16才」なんて、それ以前の話で・・・(笑)

興味を持ったところから、入ってもらって、そして、徐々に・・・(笑)

今の若い子たちで、80年代アイドルポップスに興味を持っている子たちって、TVのVTRで覚えたとか、ものまね番組で曲を知ったとか、あと、クラブやイベントに足を運んでいる子で、サウンドがシブい~とか、曲がカッコイイ~とか、言ってる子とか、多いんですよねー。

自分自身でも、イベントなどで、時間に余裕があると、よく、おすすめの80sナンバーを、かけさせてもらっていました。

流した瞬間、DJブースに、人がやって来ると、「おーよしよし!」^^
みたいな感じで、タイトル教えていた事もありました。(笑)

もっと、もっと、80sアイドルポップスが広がってゆく為には、もう、おじさんたちだけ盛り上がっててもダメなんですよね!
次世代を取り込まないと。

その為には、まずは、聖子さんだったり、明菜さんだったり、キョンキョンだったり、からが馴染み安いと思います^^

そう考えると、価値ある1冊のような気がしました・・・

発売中です!^^

今週のディープ歌謡ベストテン!(14.10.17付)

2014.10.17.Fri.00:54
こんばんは。コウです^^

今週も、お付き合いくださいね。

2週に渡り、各地を列島縦断した、台風には、ちょっと、うっとおしかったですね・・・
台風が来ないと、いけない理由もちゃんとあるんですが、、、

白川10月
この写真は、台風が来る前日に、近所にある川(白川にて)で、撮影したものです。

これを、不気味?と取るか・・・芸術?と取るか・・・
ちょっと、意味深?な、夕暮れ空でした。

前方、右側にそびえ建っているのが、ニュースカイホテルです。
すぐ、うちの近所なんですが^^

そびえ建つ・・・というば・・・
僕は、マンションの最上階に住んでいるんですが、最上階って、もう、この季節、窓なんか開けて夜寝てると、肌が、カッサカサになっちゃって・・・まぁまぁ、、、あらら、、って感じなんですよー。
そんな不便さもあるんですよね~。

しかも、最近、朝晩、寒くなっちゃったでしょ?
早速、風邪ひいちゃって・・・昨日も微熱が少々・・・
すごく、体調崩し安い時期です。
みなさん、くれぐれもご注意くださいね!


さて、ランキングです。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
今週のディープ歌謡ベストテン(14.10.17付)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


1位 どうして?!/佐東由梨
2位 色づく街/三田寛子
3位 17CLUB/P.J.
4位 ひまわり/平原綾香
5位 エレベーターアクシデント/山口由子
6位 ピンクシャドウ/三田寛子
7位 ゆれて初恋/真木理恵
8位 天気予報はI LOV YOU/森尾由美
9位 ときめきのアクシデント/原田知世
10位 想い出にたりない/スターダストレビュー

11位 プラスティック/奥田圭子
12位 心は横にひび割れて/荒川つとむ
13位 宝島/楠瀬誠志郎
14位 笑顔が忘れられない/酒井法子
15位 さよなら前夜/児玉信二
16位 涙の色/内藤やす子
17位 16才のメッセージ/青木美冴
18位 失恋/里中茶美
19位 まいったネ、今夜/少年隊
20位 想い出のストロベリーフィールズ/山口百恵

・・・という、結果となりました。
みなさんにとっては、どんな1週間だったでしょうか・・・

※では、今週の注目曲は、こちら♪
https://www.youtube.com/watch?v=SFFM5CX9i1o




今週のディープ歌謡ベストテン!(14.10.10付)

2014.10.10.Fri.00:32
こん@@は、コウです^^
今週も、お付き合いくださいね。

まずは、こちらの写真を・・・
秋の夕暮れ
本日の熊本市の夕暮れ時です。
これ郊外から、撮影したんですが、別に平凡な写真です。

10月に入り、ほんと昼間が短くなってきた事を実感しますよね・・・
僕は、夜型なので、それはそれで、楽しみ方があるのでいいんですが、、、^^
秋の夕暮れ時って、なんだか、切なくなってしまう事って、ありますよねー?
ありますよねーって、、押し付けちゃっていますが、あると思います。(笑)

今日、帰り道に、i-podから平原綾香さんの「ひまわり」という曲が流れてきて、ちょうど、正面にこの風景だったんです。
悲しい歌ではないんですが、なんだか、涙が出そうになってしまって・・・

ちなみに、「ひまわり」は、さだまさしさんの曲のカバーなんです。
歌詞もすごくいいんですよ、等身大を歌った感じで・・・^^

もし、機会があれば、聴いてみてくださいね。
YouTubeにも無かったので、紹介できず、残念・・・^^

そんな、うるうるモードの帰り道だったのですが、もちろん、こんな事、ここだけの話、なんですけどね。^^
でも、悲し涙では、決してないので。


では、今週のランキングです。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
今週のディープ歌謡ベストテン!(14.10.10付)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1位 風の地球儀/小林彩子
2位 オートバイと風とあなたと/野田幹子
3位 ひまわり/平原綾香
4位 涙の色/内藤やす子
5位 魔法/麻田華子
6位 ヒューストン/キリンジ
7位 秋色のマドモアゼル/森尾由美
8位 銀河鉄道の夜/中原香織
9位 ピンクシャドウ/三田寛子
10位 ピンクの鞄/高橋美枝

11位 Baby talk/スリータイトビー
12位 ふられてフーフー/森下恵理
13位 塊オンザ・ウィングス/大橋卓弥
14位 ほんとのキスをお返しに/藤原理恵
15位 シブヤへ行こう!/Melody
16位 悲しみの向こう側/我妻佳代
17位 どうして?!/佐東由梨
18位 赤い靴/新井薫子
19位 愛・ルネサンス/豊川めい
20位 夏の微笑/荻野目洋子


・・・・と、いう結果になりました。
みなさんにとっては、どんな1週間だったでしょうか・・・


※では、今週の注目曲です!

今週は、4位にランクインした、内藤やす子さん「涙の色」です。
これも音が、割りと新しい目の曲なんですよねー
実際は86年のリリースなんですが、90年代くらいのサウンドに聴こえます♪
この曲のアレンジは、清水信之さん^^
これは、映画の主題歌だったのですが、曲がUpされてなかったので、映画のエンディングで流れているバージョンで聴いてみてくださいね^^
これも、今週、帰り道によく聴いた曲です♪
とても、やさしいメロディーですよ~^^

https://www.youtube.com/watch?v=yvTwH4LAseM



我妻佳代/悲しみの向こう側

2014.10.07.Tue.00:53
悲しみの向こう側
・1988年10月作品
・CBSソニー


秋も、ちょっと風が冷たくなって来た頃になると、聴きたくなる1曲です♪

なんとなく、タイトルが、既に「引退」を予告するかのような、不吉なタイトルでした・・・

結局、それから、半年後くらいで、ほんとうに引退してしまった、彼女なんですが、白田あゆみの「あいつ」よりも、引き際には、相応しい楽曲でしたよね。(笑)
本当に、悲しみいっぱいの曲でした。
ご本人も、何かの番組で、泣きながら歌っていました。・・・そんな事も。

おニャン子クラブが解散してから、最初にソロデビューが決定したメンバーでしたが、まさか、「プライベートはデンジャラス」から、たった1年で、引退してしまうとは・・・

僕としては、「夕やけニャンニャン」の彼女よりも、やっぱり「アイドルど~む」でのレギュラーMCの印象の方が、強いですね
(懐)

同じ、CBSソニーからデビューした、統乃さゆみが受かった、TBSオーディションに、同じ時期に、彼女も出場し、「素敵なラブリーボーイ」を歌っている。
しかも、極度の緊張のあまり、自分が歌う曲のタイトルを、勘違いして「素敵なラブモーション」と、しくじって紹介(笑)
えらい、マニアックなタイトルを言っちゃうなんて・・・(爆)
彼女も、実は・・・マニアなのかもしれない(笑)

本作は、88年10月発売。
この年の10月新譜が多く、大量買いした印象がある・・・
なんだったかな・・・^^


本作は、作詞:森雪之丞 作曲:筒美京平 編曲:鷺巣詩郎という3巨頭による、
電話モノ歌謡に仕上がっている。
この3人の誰か?と誰か?との組み合わせは、けっこうあったんですが、この3人のライター陣としての顔合わせは、意外と。あるようでなかった、希少な作品だったんですよね。特に、この時代のアイドルポップスとしては・・・。

80年代も後半なので、ダイヤルではなく、プッシュホンの音をアレンジに盛り付け(笑)
イントロと、EDの、ピ、ポ、パ、ポ♪~て、プッシュ音が、余計に哀愁モードで涙腺も、うるる、、、(涙)


2000年代に入ってから、アイドルイベントにて、実姉:芹沢直美との、復活!ライブ共演が実現している。

 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。