それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のディープ歌謡ベストテンin大阪(14,5,30付)

2014.05.30.Fri.22:49
こんばんは、エンドレスの・・コウです!(笑)^^

いま、僕は・・・大阪に来ていま~す!^^
という訳で、今週は、ランキングを大阪より発表したいと思いますー。

で、実は、今、ホテルのロビーのPCにてやっておりますので、頂いているコメントに関しては、また、改めて、お返事させていただきますので、よろしくおねがいいたします。

・・・それから、えっちゃんマンさん僕の留守中に、情報を入れていただいてありがとうございました^^


では、発表しますー
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
今週のディープ歌謡ベストテン!in大阪@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
1位 ざんざ大阪/大西ユカリfeatET-KING
2位 紫外線/沢田玉恵
3位 内気なキューピッド/島田奈美
4位 永遠のFULL MOON/山下達郎
5位 蒼いときめき/橋本美加子
6位 夜間飛行/スターダスト・レビュー
7位 オレンジの世界地図/五十嵐浩晃
8位 眩しくて/クレア
9位 大阪恋港/紫艶
10位 この街で/馬場俊英

11位 いけず/西川峰子
12位 異性/速水昌未
13位 霧のめぐり逢い/岩崎宏美
14位 メイク・アップ・ミー/井上望
15位 緑のエクスプレス/国実百合
16位 楽園めざして/風味堂
17位 楽園ホテルに夜が来る/藤野明美
18位 Virgin番外地/芹沢直美
19位 大阪ナイトスキャンダル/大西ユカリ&五木ひろし
20位 大阪ジュエル/ジェロ

・・・・・・という結果となりました。
今週は、大阪色が強いランキングとなりました(笑)

何度、来ても飽きない・・・僕の大好きな場所から、初中継が出来て嬉しいかぎりです^^

それなりに、満喫しています。^^

また、ゆっくり旅の報告もやりたいと思いますが、本日放送だった、田中久美さんは、もちろん観れていません。
しかし・・・友達に録画をお願いしたので、視聴後にでも、えっちゃんマンさんのお返事もかねてコメントを入れてみたいと思います。
今はですね、現在地、心斎橋付近からです。
関西も、もう暑いですね~^^

スポンサーサイト

中澤優子/夏のお嬢さん・俺の塩・セコイヤ

2014.05.28.Wed.20:09
こんばんは^^

最近、おもしろいな~と思う事!

それは、ブログに訪問してくださってる方のハンドルネーム?・・・って言うんですか・・・?
これが、面白くて、しょーがありません^^

ふと、思うのですよねー
なんで・・・このハンドルネームをつけようと思ったのかなー?とか。^^

僕が、今いちばん・・・密かに・・・期待している事は、、、


もう、これでもかー!どうだー!的な、インパクト大のハンドルネームで、登場してくださる方、いないカナ?って・・・(爆)


ご登場お待ちもうしあげます!^^



(笑)








セコイヤチョコ、大阪仕様バージョン♪
ミックスジュース味
※ダイソーにて発売中!
JEA3





「俺の塩」を食って!
ザックJAPAN、2014FIFAワールドカップが応援しよう~!!
JFA,ワールドカップ応援パッケージ仕様バージョン♪
JFA4
JFA2

かやくには、サッカーボールが入ってる!(かわいい~)
JFA
美味しいよ~^^



もうひとりの・・・
なかざわゆうこさん。(中澤優子)


♪夏のお嬢さん


・・・・・歌ってました(笑)
中澤優子
・2007年8月作品
・インディーズメーカー

もちろん、郁恵さんのカバーです。物の・・ボリュームは、こちらも負けてはいませんよー(笑)

2004年、ミスマガジンセミファイナル受賞。
そして、2008年に引退。

2006年、中澤裕子と共演が実現している・・・^^


今年は、ディープ感満載の、「夏のお嬢さん」は、い・か・・が・・・。

西崎みどり/恋のパイナップルサマー

2014.05.28.Wed.18:33
恋のパイナップル
・1977年5月作品
・徳間

もう、夏はすぐそこ・・・

と、いう事で・・・西崎みどりさんのサマーソング♪
「恋のパイナップルサマー」

遠藤実さん推薦タレント!だったという事もあり、所属レコード会社は、ミノル(実)フォンレコードに^^

舞台女優や、歌謡曲歌手として有名な、みどりさんですが、唯一?!アイドル路線で発表した曲があったんです!
それが、「恋のパイナップルサマー」♪

「オブラディオブラダ」を思わせる軽快なリズムに乗って、1人ピンクレディーを涼しげに演出・・・^^

そうなると、サウンドプロデュースは、もちろん都倉俊一先生がご担当。^^

本作の両面、作曲、編曲を都倉先生が担当している。

発売は、77年5月で、同じ頃に発売されたピンクレディーの「渚のシンドバッド」や、「S,O,S」にも似たアレンジ手法に調理されていて、かなり楽しげ・・・^^

当時は、カネボウのアイスのCMソングに♪

B面は「北極廻り」と、コレ1枚で、北と南の両面が、いっぺんに満喫する事できる(笑)



ご本人は、歌うのに凄く抵抗があったとか・・・^^(苦笑)

国実百合/緑のエクスプレス

2014.05.27.Tue.00:59
シーズンず
・1989年3月作品
・日本コロムビア


88年、大好きだった新人アイドル、国実百合ちゃん^^


好きだったからこそ、ここは、あえてアルバム曲をブログタイトルに持ってきました♪


この曲は、デビュー1周年記念アルバム「SEASONS」に収録された、トップの曲!
プロデュースは、ファーストアルバムに引き続き、林哲司が担当。


所属プロダクションは芸映で、アルバムの構成は菊池桃子路線でした。

88年新人アイドルの中では、特に顔が好きだったので、僕の一押しでした!

しかしながら、アイドルポップス愛好家という視点から、彼女を観た場合、他の同期アイドルと比較すれば、全体的に弱い印象は、否めなかった・・・。
何かが足りないような・・・。

だけど、ファンとしては、とにかく笑う事しか出来ない彼女が好きで、けな気にがんばってる彼女の姿勢にも共感を覚えました。

88年から、91年までのリリースの中で、最も彼女が元気だったのが、本作が発売された89年の1年間でしょう。^^

デビュー初年の曲や、ファーストアルバムも作品的には良質なものが多いのですが、肝心な彼女のボーカルが、引っ込みすぎちゃっている感・・・
鮮度はあっても、作品に力がやや足りなかったような印象。
そして、2年目・・・

「あなたしかいらない」「きっと」「北風にひとりぼっち」この流れで、彼女は、自分の歌唱ポジションと言うものを確立してゆく・・・。皮肉な事に、セールスとは反比例に・・・。


そして、90年暮れに発売された「哀しい疑惑」で、大爆発!!


その時点で、彼女自身に「限界」というものが感じられた・・・

本作、「緑のエクスプレス」は、アルバムの1曲目に収録されたポップなダンスナンバーで、元気で笑顔の国実百合・・・
という、彼女自身の素材が、いっちばん!生かさたナンバー。
と、同時に当時、林哲司自身が、凝っていたアレンジ手法(林&船山コンビによるユーロビート路線)が、濃厚に出ている半面、アイドルポップスとの調和?、バランスも取れた、これぞベストトラックでしょう♪
もちろん、声にも前年に比べパワーアップし、感情豊に挑んでいるご様子。

それに、イベント等でも、盛り上がり曲としても、人気に!


鉄ちゃんマニアにも、ご推薦の1曲です(笑)
そして、僕にとっての旅歌でもあります♪^^


5thシングル「あなたしかいらない」と迷って、アルバムトップの曲に留まった、無冠の名曲!「緑のエクスプレス」
やはり、もう一段、大人の百合を・・・のコンセプトで「あなたしかいらない」の方がシングル化に決定してしまったのでしょう。
戦略的には、納得です。^^

ちなみに、「あなたしかいらない」のB面「ガラスのタイプライター」は、もともと、デビュー曲だった・・・
っていうエピソードは、ご存知ですよね。
発売直前に、急遽入れ替えが行われたのですよ。

後期の曲などについては、また別の機会にやりたいと思います。

数年前、特番「アイドル同窓会」に登場した時は、驚きでしたね~
それに、あの美貌・・・


現在は、神奈川県在住、土屋百合として、セラピストとして活動。
そして、神奈川には、お店も持ち、定期的に講師としても、都内近郊で活躍中!

今でも、彼女のブログにコメントすると、きちんと返事を返してくれているお人柄・・・^^

※リンクコーナーにて、彼女のブログを紹介しておきます。

内海和子/もう君の名前も呼べない

2014.05.26.Mon.00:43
もう君の
・1987年5月作品
・ポニーキャニオン


カーレース等のBGMで使われそうな、フュージョン系のスカッとするような、イントロダクションが印象的♪

おニャン子の中では、「B面の女王」という異名を持つ、内海和子嬢のサードシングルです。^^

おニャン子初期のメンバーとしては、お歌担当!だったという歌唱力の持ち主で、メインボーカルとしては、欠かせない存在でした。
平尾昌晃音楽教室出身という事もあり、初期メンバーの中では、アイドル歌手志願本気度!のお一人でもありました~



特に、彼女の場合、アルバムで聴かせるタイプで、内海和子の世界観ってものを持っていたような気がします・・・

絶対音感で表現された、表情豊かなボーカルと、陽だまりのような、心地よさも入り混じった、安定した歌唱力を見せ付けてくれましたよね・・・^^

B面を入れれば、シングルとしては、「思い出美人」が最初のデビュー曲で一風堂カラーに染まりました^^

組としては、87年デビュー組という事で、おニャン子では、工藤静香あたりと同期。
先日紹介した、福永恵規同様、こちらもシングル4枚限り、歌手志願だっただけに、ちょっと残念・・・


シングル4枚、こちらも捨て曲ナシ!、コードシンコーが不安定だった「20歳」も名作。
次の「風はエンドレスストーリー」では、ドライビングポップスで、都会派女性へ。
本作は、作詞は秋元さんプロデュースで、サウンドは、松任谷正隆さんプロデュースによる、超強力タッグが、ここに実現。

おニャン子クラブ作品のアーティスト性てなものを高めた作品でしょう~♪



実は、先日・・東京で橋本美加子さん登場!という事だったのですが・・・
その、翌日・・・
大阪では、内海和子さん登場!という事だったようです・・・^^


場所は、大阪市城東区中浜にあります、「ものまね ラウンジ」というお店。
ここは、元パワーズ、小田進也氏プロデュース兼、マネージャーがやっていらっしゃるお店。


ここに、5月18日、内海和子嬢来店!という事でした~^^



※当日の模様を記事にしたものがありましたので、リンクコーナーにて紹介しておきますね^^♪
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。