それいけ!ディープ歌謡曲

ARCHIVE PAGE: 2013年09月

スポンサーサイト

くの一/恋ジプシー

謎のアイドルグループ、くの一。活動期間は1年足らずと、短命・・・当時、鹿児島県を中心に活動していたローカルグループで、そのコスチュームも、ご覧のとおり、とてもユニークだった・・・(爆)作詞は、あの西田陽一改め、牧奈一慶先生。封入の歌詞カードには・・・このCDは並みのCDではありません。CDからパワーが出ております。あなたの愛にやさしく答えを出してくれます。このCDをイージーリスニングして幸福になってくださ...
Category くの一
  • Comment 0
  • Trackback 0

彩裕季/Will You Wait For Me

秋の夜長に、聴きたくなる1曲をお届けします♪当時よく、彩裕季=さいゆうき、なんて気の毒な呼び方する人もいましたが、正しくは、あやゆうきさんです。彩さんは、今井優子さんの実の妹さんです。今井優子さんは、角松敏生氏のお気に入りアーティストでしたし、今井優子さんのアルバムを全面プロデュースした事もあります。ポリドールレコードの所属で、同社の同期には、ギリギリガールズや山口リエもいました。このタイトルを聞...
Category 彩裕季
  • Comment 0
  • Trackback 0

日高ゆりあ/東京タワー

今年、2013年夏をもって、みんなの東京タワーは電波搭としての役目を果たし終わりました・・・いま、僕が東京タワーに贈りたい曲は、この曲です・・・今でも、こんな素直な歌い方をしてくれるアイドルがまだいたんですね。。。日高ゆりあさんを知らない人に・・・彼女、実はAV女優さんなんです。しかもAVのみならず、ピンク映画や舞台までと、手広く活躍。そして、今年、彼女はデリヘル嬢へと・・・人の道には、色々な道がある...
Category 日高ゆりあ
  • Comment 0
  • Trackback 0

田中久美/少女の中の悪魔

84年度、ホリプロの大型新人。発売は84年8月でしたが、秋を感じさせる百恵路線の歌謡曲。゛S゛っ気たっぷ~りに歌う彼女の視線は、まさに彼女のシンボルカラー・・・特に、瞳が印象的なアイドルでしたねー最初観た瞬間、片平なぎさ、新井薫子・・・あたりの系統を受け継いだルックスだと思いました。84年新人アイドルの中でも、特に楽曲に恵まれたアイドルで、今でも彼女のイメージを強烈に印象付けているのが、このサード...
Category 田中久美
  • Comment 6
  • Trackback 0

葉山レイコ/Pスポットの誘惑

葉山レイコとしては通算7枚目のシングルとなります。94年のリリースで、当時流行っていたジュリアナのサウンドを用いたド派手なユーロビート作品。この歌を、真っ赤なロングドレスにTバックのケツ出し衣装で歌い踊る彼女の姿は山本リンダ以上の見応えを当時、感じましたね。(ジャケット写真とほぼ同じ衣装)バブル+セクシーアイドル=ディスコサウンド(ユーロビートもの)がお決まりだった当事の流れ的なものの中でも、ベス...
Category 葉山レイコ
  • Comment 0
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。