それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rain.Dog(丸尾将生、森崎俊)/雨犬の宿

2013.08.22.Thu.19:21
今日は、告知もかねて、熊本ストリート発、ミュージシャン、Rain.Dogの紹介です。

Rain,DogのCDはアマゾンでも売られているので、ある意味、全国展開なんですよ。

Rain.Dogのメインボーカル、将生との出会いは、2007年、4月・・・
僕は、Youを見送りに早朝5時、博多駅の筑紫口ロータリーまで行きました。
見送りして、帰ろうとした、その時、30メートルほど先から、野太い歌声が・・・

一度、通り過ぎたものの、やっぱり、その歌声が妙に気になり、また彼らのもとに、

僕「すいません~今、歌っている歌を最初から歌って欲しいんだけど、?
あと、テープ回してもいい?」って

そして、ゆうとおりに歌ってもらった♪・・・
別れ際には番号メアド交換して。

この日の事を将生、いわく・・・「ナンパされました」と言う。爆・・・

あと、「最初、前方から、イカツイ人がやってきて、また絡まれるんじゃないか~」とも内心、思ったらしい・・・(笑)

それから、随分、博多駅の路上に通いましたね・・・
路上って夜やるでしょ、
だから、最終に乗って、歌聴いて、一緒の朝飯食って、始発で帰るみたいな・・・
だけど、真夏で暑くても、真冬で寒くても、苦では無かったですね・・・
楽しかったです。
歌を聴きに、行ってたんで、会話はあんまりしなかったんですけどね。

だけど、ある時、ステージ前に、将生が俺に「歌う時、見守っててくれてると、なんかホッ・・・とします」って言ってくれたのは嬉しかったですね。^^

それから、色々あって、二人が熊本市に活動拠点を移す事になったのを機に、僕が二人をどうしても売りたい!
意欲が増し、昔、やったプロモーション活動のノウハウも生かし、自主製作CDを作る事になりました。
もちろん、僕も自ら、路上に立ち、道ゆく人たちに頭を下げ、1枚1枚を売り裁きました。
二人よりも、やる気はあったりして・・・(笑)

いや~ええ歳して、ストリートとして街頭に立ち、人に頭を下げる!
ほんと、いい経験になりましたー^^

そして、もって欲が出て、今度は、何とかして二人の声をメディアにノセタイ!
そう思い、二人には内緒で、デモ音源をコンテストに応募! 

運よく、コンテストにエントリーが決定!結果は第2位入賞。
メディアは、ラジオや新聞を始め、けっこう取り上げてくれた・・・
そこで、二人の歌声を聴いていた、レコード会社、事務所、及び、レコード流通業者が二人をスカウトと言う事に・・・

僕も嬉しかった・・・

作戦は大成功!!!!!

晴れて、2009年3月21日、この「雨犬の宿」でCDデビューとなった訳です^^

色々、話せばもっと長くなるんですけどね、僕も精一杯やりました。
だけど、Rain,Dogの二人がそれ以上に。

そんな、Rain.Dogが、新作CDをリリースします♪

SHOWSAYレコ発2DAYSライブ!

場所;Rain.Dog「2nd」
熊本市中央区下通り1-7-7GMビル1階

8月24日(土曜)
AM1時30分スタート~

8月25日(日曜)
PM6時30分スタート~


共に;チケット3000円(飲み放題)
516VCDOj4DL__SS500_.jpg
向かって左より、俊、将生

2009年作品/Fun Music
スポンサーサイト

三木聖子/三枚の写真

2013.08.22.Thu.15:23
この時期には、ドライブなんか行くと聖子さんの「ドリーミースカイライン」がピッタリくるシーズン・・・

今日は、三木聖子さんのラストシングル「三枚の写真」です。

僕の世代としては、やはり石川ひとみさんで、この歌を知った世代ですから、後追いで知りました。

2作続いたユーミン作詞から、松本隆にバトンタッチしてのナンバー。

三木聖子さんは福岡県久留米市出身という事で・・・久留米では、ある意味、「元祖!聖子さん」と言った感じです。90年代には、福岡のラジオ局で懸賞金を賭け、「三木聖子を捜そう!」なんて企画も持ち上がりました(笑)
実は、ご本人、石川ひとみさんの「まちぶせ」が大ヒットした時、そっぽを向きたかったそう・・・
知人から、「元々、あれは聖子ちゃんの曲だったのよね~」・・・
なんて慰め半分で言われれば、とても複雑だったそうです。

ちなみに「まちぶせ」の歌詞、聖子さんの実体験を主に、ユーミンに伝えた旨、完成した曲なんです。

さて、問題の、引退にきっかけとなった、この「三枚の写真」なんですが、、、、

この曲のゲストで夜のヒットスタジオに出た時、半ば、号泣で歌はボロボロ・・・
その理由は、実家からのサプライズゲストとして実母が出演、登場!

実は、これが聖子さんにとっては迷惑なサプライズだったらしく、怒って引退を決意!
どうして?どうして?・・・の嵐だったそうです。

丁度、セカンドアルバムの製作途中での大事件だったらしい・・・
q1.jpg
1977年作品/NAV
IMG_3423.jpg

MIHIRO/これは恋ではない

2013.08.20.Tue.00:48
ニッポンを代表するR&Bシンガー、MIHIRO(マイロと読みます)のソロ第一弾のラストを飾る名作をご紹介♪

MIHIROは、90年代後半に、F,O,Hとして、R&Bコーラスグループとしてデビュー。
もちろん、センターであり、メインボーカルはMIHIROことHIRO(美系じゃないけど妙に野郎臭いタイプ)

当時は、ZEEBRAにーさんの弟分として登場!J-R&B界のサグ代表って事でした!!

ちなみに、サグとは・・・

Hip-Hop用語で=悪(ワル)って意味です。

見かけも、ファッションも、見るからに・・・悪そう~
って印象でしたが、、、

実は、町の隅っこにある、公園を練習所に下済みを重ねて来た努力家さんグループなんです。

その、サグなビジュアルからは想像のつかない程の、日本人離れした、MIHIROのボーカルは、まるで神秘的。国際的。
もちろん、カッコイイ歌いっぷり・・・

この、あまりの感動に当時、ファンクラブ第一期会員に入会してしまう始末に・・・^^
生ライブ、インストアライブも通いましたー♪

ほんと、F,O,H時代には彼らの歌にお世話になりましたねっ^^
僕の弟分達にも、けっこう紹介したら、そいつらの方がハマッチャッたりして(笑)

本作は、ソロプロジェクト第1作目のアルバム「My Way」に収録されたラストナンバーで、作詞作曲を小西康陽が担当、随分、歌謡タッチのメロディーラインを提供されたな・・・と思っていたら、お恥ずかしながら、つい最近になって、この曲がカバー曲であった事が判明・・・!!!!!

実は、このアルバムには、R&Bシンガーながらアイドルの楽曲にもカバー挑戦しており、少年隊の「君だけに」が入ってるんです。
と、この2曲だけが、他に収録されている曲とは異なるカラーだったもので、聴いていても不思議な感覚ではあったんです。
そしたら、「これは恋ではない」もカバーだっただなんて・・・

80年代、初期のピチカートファイブの頃の作品との事です。^^

どうりで、メロディーラインが歌謡タッチのハズなんだ・・・(納得!)

判明し、原曲の方も聴いてみたんですが、MIHIROバージョンの方がパンチがあって、よりクラブノリに仕上がっていますね。しかも、この曲も、「君だけに」も原曲を破壊せずに、歌っていてくれてるアタリが嬉しい・・・

今、僕の中では、この曲を聴いてる時が一番シックリ来るし、なんか僕のイメージに合っている曲だと、自称ですが・・・(笑)思って聴いております^^♪
n98.jpg
2009年作品/リズムゾーン

藤岡正明/ひこうき雲

2013.08.19.Mon.12:22
只今、ジブリ映画で話題となっている、ユーミンの「ひこうき雲」。

この「ひこうき雲」を男性ボーカルバージョンで楽しんでみませんか・・・

歌うは、藤岡くん・・・

藤岡くんは、99年にASAYAN男子ボーカリストオーデションにて、最終選考に残った4人の中のひとり。

うち、二人はケミストリーに、一人はEXILEへ・・・
そして、残りひとりが、この藤岡正明くんです。

英会話好きの方には、少し前にNHKにてBENIと一緒にナビゲイターとして登場していたので、ご存知の方も多いかと思います。
いや、ソロデビューの時も、それなりの知名度でしたから。

デビュー前は、最終選考4人の中では、一番の負けず嫌い精神と、頑固で仕切りやさんタイプ・・・
ちょっぴり、やんちゃでツッパった感じも可愛く思えました(笑)

そんな藤岡くんが、ミュージカルの世界へ飛び込み、歌心をつかみ、デビュー10周年記念に発売したアルバム「DISCOVERY」にて「ひこうき雲」をカバーチャレンジ!
デビュー当時は、尾崎豊を彷彿とする陰の部分と音楽性としての評価もありましたが、ここでは、もっともっと優しくなって成長した、心で歌う「ひこうき雲」が聴けるんです。

相変わらず、哀愁たっぷりの声質に胸が熱くなりました・・・

ライバルだったケミストリーのヒットカバーの収録にも要注目!
n5.jpg
2011年/バウンディ

牧野アンナ/瞳は元気なブルースカイ

2013.08.18.Sun.00:21
どうなんでしょう・・・?
一般的には、アンナってドラクエの歌を歌っていた人・・・
アムロちゃんとデビュー当時、スーパーモンキーズとして踊っていた人・・・
沖縄アクターズスクールのインストラクター・・・

と、どの印象が一番強いんでしょう・・・

実は、アンナさんの九州親衛隊の隊長をやってたんです。

丁度、僕が、こっちの活動が忙しくなって、とうとう高校を辞め、社会人となってから、一番最初に受け持ったアイドルが牧野アンナちゃんでした。

経緯は、前年に、同じ系列の会社だった森恵を相当熱心に応援していて、アポロンの宣伝の宇都宮さんからも、信頼をもって接していただいた頃、丁度、「うちから大型新人がデビューするから、やってよ」って頼まれて、親衛隊を結成する運びとなったんです。

社内で行われた「LoveSong探して」の試聴会にも同席しました。

その時は、写真映りが高見恭子似だね!なんて言われてました(笑)

なんせ、当初、シングルを年内4枚にアルバムも1枚リリースする年内計画でしたから、レコード会社挙げての大プッシュでした。
丁度、この年に不運にも、系列のレコード会社SMSが年内いっぱいで閉鎖になってしまいましたから、この煽りの多少あったのでしょう。

そう言えば、吉川晃司で有名なSMSレコードですが、このSMSの略をサウンドマーケッテイングシステム・・・
って知らなかった頃、

アポロンの社内で質問したんです・・・

何の略ですか?・・・って

そしたら、社内男性スタッフ全員が、

「スケベでもっとスケベ・・・の略だよ!」(爆)

って言うんです^^

もちろん、冗談ですけどね、アットホームなレコード会社でしょ。^^

普段、演歌を中心にやっているレコード会社でしたから、プロモーションの底力と強面加減は(笑)
他社に負けない何かがありましたね!

話が、社内の方にそれてしまいましたが、

アンナが沖縄アクターズスクールで、先生としてがんばっているニュースを知った時は嬉しかったですね!

いつもね、歌前とか、ほんとうに、緊張してビクビクしている印象でしたから、若くして上京し、それはそれは不安でいっぱいだった事でしょう~

この歌を歌っている衣装は遠くから見てると、姿がのりピーに似てたんですよ!間違えるくらい
よく、イベントでも一緒になってましたし・・・

結局、シングル4枚どころか、この曲を秋口まで歌って、それ以降は、またデビュー曲の方を歌わされていました。

初応援後、アポロンの宇都宮さんつてに「アンナが気にかけてたよ、背の高い白いジャンパーの人って・・・」
言ってくれたのは、すごく嬉しい思い出です^^

最初から、歌のセンスがアイドル歌手というより、J-popでしたね!
この曲もサウンドのベースはロックだし。
そう考えると、未来系沖縄ミュージックの先駆け・・・というエッセンスがふんだんに含まれた歌手だったという訳で、どちらにしても90年代センスだったように思います。

「私は裏方向きなんだと思った・・・」というTVコメントが本人をより強くさせてくれたような気がしました。
無事、ご結婚もなされたようですね・・・(祝)
良かった、良かった^^
IMG_2224.jpg
1987年作品/アポロン
IMG_1026.jpg
IMG_1024.jpg
アポロン社内にて。
IMG_0671.jpg
牧野アンナ初対面時のサイン(博多どんたく、新人まつりにて)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。