それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジっ娘/ニガイナミダ(にがい涙)

2013.04.30.Tue.17:10
サエキけんぞうプロデュース作!

デジっ娘は1999年住友ゴム(DUNLOP)が展示会を行うコンパニオンガールで集結されたインディーズ系アイドルグループ。

この「DRIVEしよう」のカップリングとして収録されたのが、下でも紹介した70年代、筒美京平作品の「にがい涙」こちらでは工藤毅がアレンジを担当。
筒美ストたちにとっても隠れたカバー作品となりました。
IMG_1010.jpg
2003年作品/e-License
スポンサーサイト

キーラ/にがい涙

2013.04.30.Tue.17:01
キャッチフレーズは「極彩ポップ宣言!」

下で紹介したアンナバナナの後にSixteeレコードが送り出したオシャレ3人組。

涙をキーワードにした、涙3部作の第2弾としてリリースされたこの曲は70年代にスリーディグリーズが歌った「にがい涙」をカバー!

作詞安井かずみ、作曲筒美京平、編曲は米光亮が担当し、よりPopに、よりスリリングなアレンジに仕上がっていてカッコイイ!!

この曲で93年、メガロポリス歌謡祭新人賞にもノミネートを果たした。
IMG_0979.jpg
1993年作品/Sixtee

アンナバナナ/野生の音

2013.04.30.Tue.16:30
今をときめくヒットメーカー井上ヨシマサ作編曲作品。作詞は森雪之丞と華やかな顔ぶれで構成されたハウスサウンド。ちょっと小泉今日子の「Fade Out」のカラーに近い作品でした。

キーワードはMixed Pops!

イタリア系アメリカ人の父と日系アメリカ人との間に生まれたアンナはドメステックアーティストの一番手と名打って歌手デビュー!

当時としたは、ちょっとオシャレ過ぎて先を生き過ぎた感もありました・・・
そのアタリが凄く残念。
とにかく、サウンドがカッコイイ!
90年に時代を先取りし過ぎたJ-popがここに!
今こそ再評価を・・・

シングルビデオのリリースもあり。
IMG_0978.jpg
1990年作品/Sixtee

倉沢淳美/プロフィール(店頭コメント入りレコード)

2013.04.30.Tue.15:34
大ヒットを記録した倉沢淳美のデビュー曲ですが、こちらレコードは一見、どこにでも売られていた「プロフィール」のレコードに見えますが・・・

レコード店頭演奏用に作られたレコードです。
IMG_1018.jpg

A面がコメントAパターン(本人自身によるデビュー曲の紹介入り)
IMG_1019.jpg
B面がコメントBパターン(本人自身による淳美DAYの特典紹介入り)
IMG_1020.jpg

このように80年代ワーナーパイオニアから一押しとしてデビューしたアイドルの大半は異ジャケ、異内容でプロモーション盤が作られていた。
1984年作品/ワーナーパイオニア

山崎じゅん/狂いそうな愛

2013.04.30.Tue.15:21
トリオレコード邦楽の第1号男性アイドル。

ちなみに女性は「ポケット」の佐伯みどりでした。笑

♪君でけにいかれたよ今では
熱くもだえて 君を求めてる
・・・という欲求不満歌謡!爆

作詞、山上路夫、作編曲高田弘と豪華作家陣ではないですか~
IMG_0479.jpg
1973年作品/トリオ
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。