それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロビン/ジェニーはご機嫌ななめ

2013.02.28.Thu.12:13
「ジェニーはご機嫌ななめ」マニアの方もいらっしゃると思いさすが、こちらのロビンちゃんは歴代2人目にジェニーをカバーされた方です。

個人的には歴代のバージョンでは、一番お気に入りでアレンジが素晴らしいと思います。
当時「笑っていいとも」などでも、ロリータファッションのロビンです~・・・として有名に。

そのロビンちゃんのデビューCDです。
なんともディープなのが、その内容!、最先端ロリータファッションのトップモデルさんが歌う「恋の奴隷」や「キューティーハニー」「ちょうちょ」「ゲンコツ山のたぬきさん」「赤いくつ」などもハウス調アレンジで歌ってくらているサービスぶり。

いかがですか?ディープで陽気なロビンsワールドへ・・・
IMG_0529.jpg

一度だけTVで歌ってくれました。。。
IMG_0327.jpg
♯109
お題「ジェニーはご機嫌ななめ」
歌手名:ロビン
レコード会社:ファンハウス
発売:1994年
スポンサーサイト

笠森由起/MISSING DOLL

2013.02.28.Thu.11:54
早見優さんや荻野目ちゃんの一連のディスコビートものが大ヒットしている中で、

「明日の、荻野目ちゃんを目指そう!!」

と、ダンスものを歌い人知れず消えていった女の子たちが沢山いた事実も、是非とも紹介しておきたいです。

その代表格が、笠森由起ちゃん!

厚みのあるサウンドは原曲顔負けする程、カッコイイし、歌も感情たっぷりでなかなかの実力派でした・・・
しかし、アイドルとしては・・・
かもしれませんが、彼女が動いていろ所を観た事が無いのでそれ以上はわかりません。
だけど、同期で同じレコード会社からデビューした大井裕子ちゃんよりもマイナー度は高いでしょう。笑

残念ながら、こちらも未CD化、徳間さん早期実現を!!
IMG_0494.jpg
♯108
お題「MISSING DOLL」
歌手名:笠森由起
レコード会社:徳間
発売:1988年

高倉尚子/星港ナイト(シンガポールナイト)

2013.02.28.Thu.11:37
早見優の「ハートは戻らない」をトーラスレコードが強力プッシュしていた頃に、有線放送で同時に力を入れていたのが、高倉尚子でした。

たかくらしょうこと呼び、タイトルは星港と書いてシンガポールナイトと呼びます。
こちらは「ハートは戻らない」と同じ日に発売され、トーラスレコード社内では、ポップスは優を!ニューミュージック演歌では高倉尚子を!と、当時プロモーターの方がおっしゃってました。

えぇ?高倉尚子って演歌?

って思いましたが、いえいえ演歌ではございません。
大津あきら先生が、作られましたおしゃれなアダルトポップスです。
イントロが、すっげーカッコイイ!!
今、改めて聴くとジャズアレンジだったんですね。
すごくリッチな感じに聴こえるな~
また、高倉さんの声が、これがデビュー曲とは思えない程のシブさ。

なかなか完成度抜群のディープ歌謡に仕上がっております。
IMG_0204.jpg
♯107
お題「星港ナイト」シンガポールナイト
歌手名:高倉尚子
レコード会社:トーラス
発売:1987年

早見優/ハートは戻らない(スペシャルリミックスヴァージョン)

2013.02.28.Thu.10:54
昨年、デビュー30周年と言う事で活動が盛り上がった早見優さん。
あの頃の美しさと声は変わらぬまま・・・。

昨年リリースされました、ファン待望のベスト盤とBOXが発売されて良かったですよね~

ここで紹介する「ハートは戻らない」は残念ながら、未だ商品化されていない幻のヴァージョンのレコードです。

87年の3月に発売されたこの曲はシングルバージョンとほぼ同時に放送局等にもプロモーション用として配られ、このバージョンが有線放送を中心に話題を呼び、再度リミックスを行い手直しされたものがようやく、6月に12インチレコードとして発売されたというわけでした。

ちなみに当時、有線放送でリクエストする際には、「ハートは戻らない12インチバージョン」を・・・とリクエストすれば、このバージョンを流されていました。

結果的にこの曲は、その年の夏までロングヒットとなる訳ですが、本人もリリース当時は、こちらのリミックスバージョンに近いTVバージョンで歌っており、正規発売された12インチバージョンとは、また一味違う、遊びごころ、た~ぷりのリミックスバージョンが楽しめます。

しかし、この「ハートは戻らない」こそ80年代中期から後半に大流行した洋楽カバーブームの中でも、その代表格でもありシンボルカラーのような、とても素晴らしい作品ですね。それは洋楽センス抜群の優さんが歌ったからかもしれませんね。

是非、次の機会にはCD化され世に出てもらいたいバージョンのひとつです。
IMG_0488.jpg
♯106
お題「ハートは戻らない」スペシャルリミックスバージョン
歌手名:早見優
レコード会社:トーラス
発売:非売品(1987製作)

みやじあつし/ほんとに久しぶりだね

2013.02.28.Thu.02:43
歌い継がれてゆく歌の中には、ヒットはしなくとも、ずっと人の心の名曲として生き続ける曲も沢山ある。

この曲もそのようなケースです。

「筒美京平の世界」でも「せめて今夜だけは」が紹介され、コレクター間では人気の高いみやじあつしさん。

再評価が高まっていますが、当時は関西を拠点に活動されているお方で地元では、ちょっとした人気もの。
大阪有線放送でも、かなり流れていました。

この「ほんとに久しぶりだね」は、もともと74年に寺尾聰さんが、その後76年に葵テルヨシさんがリメイクし、80年代に入ってこのみやじさんがリメイクされた訳です。
おそらく、寺尾さんと同じレーベルメイトと言う事もあり、カバーする事になったのでしょう。

リリースをくり返す毎にアレンジャーが変わっており、みやじバージョンは馬飼野康二氏が担当しており、3つのバージョンの中では一番、甘く切ない感じに聴こえちゃいます。
うん、これぞ隠れ名曲だ!
みやじあつし

♯105
お題「ほんとに久しぶりだね」
歌手名:みやじあつし
レコード会社:東芝EMI
発売:1982年
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。