それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥田圭子/プラスティック

2013.12.13.Fri.21:06
こんばんは。いつも読んでくださってありがとうございま~す^^
こうです^^^^

いま、ウーロン茶を飲んでたら、突然、今日は、これを紹介しようーと思い記事にしました^^

この曲に対しても、多くのブログの記事ですでに紹介、評価されていますね。
素敵な事です^^

僕がアポロンの営業所に一時期、通っていた時期があって、応援にはじまり、宣伝や大掃除のお手伝いなども、やった思い出があるんです^^。圭子さんとも、一度お会いした事があります。
86年10月の事だったので、アポロンでの歌手活動でも、けっこう後期の頃だったので、今思えば、この時期にステージで圭子さんが歌っている姿が観れてラッキーだったと思います^^

以前、「Singie Woman」を記事にした時にも、書いた内容と重複するところもありますが、もし読まれていない方の為に、紹介してみたいと思います。

この第3弾シングルは、まさに、ニューウェーブ!て単語がピッタリの作品でしたね。

アポロンは、もともと演歌系のレコード会社だったので、割と、途中からは、新しい事なら、圭子さんの好きにやれせもらえてた部分もあったようです。

「プラスティック」は、作詞:秋元康さん(おニャン子で売り出し中)、作曲:氷室京介(まだ、売れていなかった頃のBOOWY時代)、編曲:布袋さん(現在、今井美樹の旦那)で構成された、今じゃあ、この顔合わせは、ありえんだろーおー的な化学反応作品でした。
ベースは、ロック調なんですが、立てノリのテクノとして扱われている事もあり、新しい事やってるぞー!
ってニオイがテクノ歌謡ファンからも愛聴盤とされているのでしょうね。

この曲の依頼を出したのも、ご本人で、圭子さんは当時、BOOWYの大ファン。
かつらと、このお衣装も圭子さんのアイデア。

まさにセルフプロデュース作品じゃ!


しかし、当時、レコード会社の空気としては、「夢ください」の方が数字が上がっていたので、「夢ください」の路線でやって欲しかった・・・という声があった事も事実、その為、年末の賞レースでは、メイクは「プラステック」で、歌は「夢ください」を歌うという事に。

結局、全ての賞レースは、新曲ではなく、一番売れた「夢ください」で勝負させようーと、会社サイドの意向もあり、賞レースでは、「プラスティック」は封印・・・

後期のイベントもの大半も、圭子さんご本人選曲による曲の歌唱が多く、圭子さん本人が一番好きだった「プラステック」をオープニングに歌い、アルバム曲では「地下鉄におけるスタンリーキューブリック的考察」が特に、本人のお気に入りで、

スタッフから、「圭子、すぐあのタイトルの長い歌を歌いたがるんだよなー」^^なんて・・・言われていました^^(笑)

あとは、「真っ赤なキューズを・・・」とか、「なんて」、「夢ください」は代表作ですから外せない感じで・・・
逆に、圭子さんが一番嫌いだった曲は「家族」歌いたくない・・・とのこと。(笑)

とにかく、かっこよかったこの曲!そして今でも。

僕も、街にかしこまった格好して出かける時とか、BGMに連れてゆくお供の曲♪

B面「Bay side ロマンス」は、作曲、三谷泰弘さんがスターダストレビュー在籍時代に提供作品としてもマークしておきたい作品でしょう^^
+ティsつく
1985年作品/アポロン(ALTY)
プラス広告
朝ぷら
朝から歌う「プラスティック」(笑)
スポンサーサイト

奥田圭子/Single Woman

2013.06.14.Fri.18:05
奥田圭子さんのラストシングルです・・・

僕が親衛隊やレコード会社のプロモーションのお手伝いをやっていた時に、のべ100人位のアイドル歌手と接し、お話させていただいた中でも、生で見た瞬間の衝撃度が強かったのは、この奥田圭子さんと浅倉亜季さんでした。
アイドル歌手の中では、実物よりもレコードジャケットの方が悪く写ってしまった人や、TV写りよりも実物の方がアイドル歌手としてのオーラで伝わりやすいタイプがあるんです・・・

その点、この2人は生の方がダントツに素敵な印象でした。

最初の彼女に会った時、アイドルというよりマネキン人形が立っているような感じでしたね。まるでお人形さんみたい。
その日は6組の同期アイドルが顔を並べたのですが、風格、そしてお上品さがNO,1でした。

意外と意思表示をハッキリと示すタイプの人で、イベント等で歌う曲は、ほぼ彼女自身が選曲する事も多かった。
しかし、ファンには凄く気を使うような振る舞いが出来るお方で、いつも笑顔・スマイルでしたよ。

奥田さん自身がイベントで一番歌うのが好きだった曲は、「プラスティック」は別格として。
「地下鉄におけるスタンリーキューブリック的考察」でしたね。
また、逆に一番、嫌いだった歌、あまり歌いたくなかったのが「家族」でした。笑

お歌は苦手だと、本人自ら公言していましたが、いや~あ、とんでもない・・・85年組の中では上手かったですよ。雰囲気あるし。

本作は、CBSソニー移籍第1弾として発売。
筒美ストから人気を誇る楽曲ですが、B面「青い蜜蜂」だけが未CD化となっており、両面合わせて復刻が待たれるところ。
両作品、作詞:松本隆、作曲:筒美京平、編曲:鷺巣詩郎という豪華過ぎる顔ぶれ。
IMG_2581.jpg
1987年作品/CBSソニー
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。