それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若林加奈/セプテンバー・クィーン

2013.12.14.Sat.01:13
期待の第3弾シングル、
「セプテンバー・クィーン」に賭けた意気込みが・・・


まずは、こちらをご覧ください・・・
加奈サイン
これは、85年8,25日に、24時間テレビ熊本ゲストに来てくれた時に、書いてくださったサインです^^

8月なので、まだ「夏色パラダイス」のキャンペーン途中で、「セプテンバークィーン」の方は解禁されていませんでした、にもかかわらず・・・ご本人の口からも、凄い意気込みPRだったのを憶えています。

その甲斐あって、この曲で加奈さん初の、オリコンHOT100入り(祝)
ランキングとしては、橋本美加子の「個人生活」より上位だったので、これは大健闘ではないでしょうか・・・

ちなみに、このサインはステージの合間に、ロッテリアに入りお茶会の時に書いてくれたもの、カセットにおしゃべりなども対応してくれたサービスぶりでした(懐)

この時、ステージゲストが、若林加奈さんと成清加奈子さんだったんです・・・

だから何?って人は、解るハズもないと思いますが、僕には、不吉な予感がしたんです・・・
かなっぺ


実は、熊本の地元では、成清加奈子さんの事を、みんな、加奈ちゃん!て普段呼ぶんです^^
よりによって、って感じになっちゃって・・・

みんな、声援を加奈ちゃ~ん、加奈ちゃ~ん、と送る。(えっ、どっちの加奈ちゃんなの?って感じで)

もう、ごちゃごちゃ。。。



ところで・・・

僕は加奈子さんの応援で、行ってたのですが、加奈さんの親衛隊です!・・・て人が挨拶に来て、隊長さんが東京から、たった一人で応援に来ていたんです。「マジ~が口癖の隊長さん^^」
(もう熱狂的な、たったひとりで・・・)

だけど、親衛隊って、みなさんご存知のとおり、1人じゃ、やりたくても、かっこうがつかないものなんですね。

、加奈さん一人に対して、加奈子隊は、やっぱり地元という事もあり、凄い数で、盛り上がりなんですよ。
それで、事情を加奈子さん本人に伝えて、2人を合同で応援するって事になったんです。
加奈子さんも心良く・・・^^

加奈ちゃ~んのWコール(笑)

本放送では、加奈さんが「夏色パラダイス」を、加奈子さんが「シックロマンチック」を歌い夏全開オンパレード♪、これも今思えば凄い貴重な2ショット2曲でした^^

加奈さんは、他にはシングルAB計4曲を歌い、「彼のANIKI」を歌ってる時が凄く盛り上がった印象でしたね。


あと、ちょっとしたハプニングもあり、歌が終わると、街頭パレードがあり、皮肉な事に二人は隣同志に並ばせられてしまったのです・・・

加奈ちゃん!加奈ちゃん!と声援があがるが、実は、この声援の大半が、成清加奈子さんに向けられているものだったんです・・・
それが、空気感でわかると、若林さんは、しょんぼり、うつむき状態が続き歩く・・・

なんか可愛そう・・・

それだけでも、若林さんのテンションは落ちているというのに・・・

それに拍車をかけるように、商店街のレコード店から「シックロマンチック」の曲が流れ始めたんです。

その瞬間、成清さんを囲む地元のファンは拍手喝采!
厳しい世界だ・・・

若林さんの顔は、言うまでもなく、涙ぐみ出し・・・、スタッフに「もう帰りたい・・・」と。

なんとも、偶然が重なった時のいたずらだったんでしょうー

もしかした、この人、芸能界辞めるんじゃないかと、その時は、すご~く心配した出来事でした。

僕は、この「セプテンバークイーン」がシングルでは1番好きでした。レコードジャケットも一番好き、加奈Withベストシングル!
次の「COOL」は、なぜか、別物なので、この曲が加奈さんにとっての85年集大成!って感じで^^

阿久悠さん作詞、岸正之さん作曲による、朝のさわやかメジャーポップス。鷺巣詩郎さんのドラムの大げさなアレンジも、作品を盛り上げて大好き^^ドドドンっ!て。笑

ロッテリアの中で、一緒にジュースを飲みながら、少しお話が出来たんですが、あのルックスと歌声からも、わかるように、凄く真面目なタイプなんですよね。
もう、気真面目さが、顔にもにじみ出てしまってる感じで・・・
あのTVキャラではなく、ごく普通の新人歌手って印象です。もちろん好感が持てる。

なので、レコード会社と事務所の関係上、「第二の高見知佳」に仕上げるキャラ作戦もあったようなんですが、あれはテレビ的で、実際の彼女は、あのキャラは凄いテンションを上げてやってたんだろうなーと感じました。

やっぱり、85年組ってそう考えると、一味も二味も・・・一工夫、二工夫なくっちゃ、2年目抜け出す事が出来なかった年なんでしょうねー・・・

素材は、良かったのに・・・。

2010年、ファーストアルバム「KANAPPE」がオンデマンドCD化され、広く、気軽に聴いていただけるようになって良かったです^^
クイン
1985年作品/日本コロムビア
加奈コール紙
若林加奈親衛隊コール紙「彼のANIKI」より。
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。