それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええんか!ディスコ歌謡!!

2015.03.12.Thu.15:45



★本日の推薦盤コーナー



こん@@は、コウです^^!
このコーナースタートして、約1ヶ月になりました。
え~改めまして・・・

このコーナーは、過去に発売されたディープな歌謡曲に、色んなテーマを、勝手に決め(笑)、週&日替わりでお届けするカルトな企画です。
僕から、読者の方々へ一言・・・今日もどこかのスピーカーやエサ箱から、またまた名曲が誕生しようとしています。あなただけの名曲ヒットが!10年前に発売されていようが、30~40年前に発売されていた曲だったとしても、、今日、初めて聴いたあなたにとって、それは、まさしく新曲です!さぁ、コレクターにとって、人生の新曲発掘作業、振り返りながら、そして発掘や再評価も楽しみながら、ご一緒に、よろしくお願いいたします^^~♪




本日のテーマは・・・「ええんか!ディスコ!!」

(笑)、、ええんか!ディスコ!!とは、ええんかと演歌をかけて、テーマタイトルにしてみました^^
メロディーそのものは、演歌調なのに・・・?なんでこんなに、アレンジやリズムが、ディスコしちゃってんの~
って、シティな、NOWかった^^えんかディスコをピックアップして紹介してみます。
演歌も好き!歌謡曲も好き!ポップスもだ~い好き!って、欲張りで、ごった煮な、アナタのハートを命中する、魅惑のディスコ♪





ええん4
●谷口美千代「三味線師ロンリーブルー」
よしえちゃんの翌年にゴールデンミュージックから売り出された新人!。同事務所の社長が愛してやまない名曲との事でした(笑)。デビューのきっかけは、79年度の長崎歌謡祭優勝。歌唱力というよりも、楽曲と、この、サーカス団風?の衣装に視線が行ってしまいます。80年代を代表するモンド歌謡。三味線師が奏でるグルーヴディスコ歌謡~その実態は?!81年作品
※三味線師ロンリーブルー試聴
https://www.youtube.com/watch?v=6s8Vebh-QxI






ええん5
●都川愛子「悪魔のささやき」
大人し目だった「もくれん」から、お皿をひっくり返すと、、一転、鳥肌ものの豹変ぶり・・・。カフェ~ロワイアルぅ~♪
を連呼する、奇妙な・・ソウル系ディスコ。悪魔・地獄・媚薬・秘密・したたり・という歌詞が、ちりばめられた毒っ気たっぷりホラー歌謡。80年作品







ええん3
●谷ちえ子「愛情教育」
78年リリース、谷ちえ子サードシングルのB面は、SMフェチなディスコ歌謡仕立て。時代最先端の(笑)、電子系サウンドマシーンに乗せて、服従します!と宣言を誓います。
♪命令してね、命令してね、背いた時は御仕置きうける~膝に抱かれて猫になる~
いつ~も、受け身なの、受け身なのん!
♪教育してね、教育してね、身につくまでは、時間をかけて~
男のひとが望むまま、導いて~導いて~導いて~
あなたの愛に服従しますぅ~♪







ええん2
●林あさ美「ジパング」
マルコポーロも驚いた!あさ美のセカンドシングル「ZIPANGU」。97年リリース。演歌界のアムラーとして話題を集めたビート演歌。当時、NGだったタワーレコード演歌歌手のイベントを、最初に行ったという快挙も彼女でした。
70年代にヒットした洋楽、ボニーMの「怪盗!ラスプーチン」のリズムをベースに、演歌のメロディーを乗っけた、優れもの。
また、小泉今日子の「私の16才」の元歌、「ねぇねぇねぇ」も、同じく「怪盗!ラスプーチン」を、元ネタに作られているので、ボニーMと、キョンキョンが林あさ美の世界で夢中遊泳しているみたいー^^♪
※ボニーM「怪盗!ラスプーチン」試聴

https://www.youtube.com/watch?v=r7yT41UThLM






ええん1
●中江ひろ子「おもいで化粧」
林あさ美が「ジパング」で売り出していた頃、「おもいで化粧」で同じセクションからデビューした、中江ひろ子。こちらは、和製ジャネットジャクソン風?!にヘッドセットマイクを付け、激しいアクションでハッスルしていた^^。アレンジも、ヴァンマッコイの「ハッスル」を元ネタに、おしゃれなハッスルビートが炸裂。これこそ!和モノディスコの決定版!!吉本工業所属、その後、紫艶と改名している。



スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。