それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE・ボウズ&短髪歌謡

2015.03.06.Fri.18:05


★本日の推薦盤コーナー




こん@@は、コウです^^!
このコーナースタートして、約1ヶ月になりました。
え~改めまして・・・

このコーナーは、過去に発売されたディープな歌謡曲に、色んなテーマを、勝手に決め(笑)、週&日替わりでお届けするカルトな企画です。
僕から、読者の方々へ一言・・・今日もどこかのスピーカーやエサ箱から、またまた名曲が誕生しようとしています。あなただけの名曲ヒットが!10年前に発売されていようが、30~40年前に発売されていた曲だったとしても、、今日、初めて聴いたあなたにとって、それは、まさしく新曲です!さぁ、コレクターにとって、人生の新曲発掘作業、振り返りながら、そして発掘や再評価も楽しみながら、ご一緒に、よろしくお願いいたします^^~♪







「THE・ボウズ&短髪歌謡」





ボウズ5
●香田晋「男同志」
89年、晋くんのデビュー曲!短髪に、ふんどしが似合う80年代演歌歌手NO,1!実際に、バラエティー番組での熱湯風呂では、トレンドマークの鉢巻きタオルにふんどしをして奮闘していました。また、デビュー当時、ファンクラブに入会すると「男同志」で晋くんと温泉できるという入浴サービス特典まであったというから、すごい。一本気で、自分を持った歌いっぷりも印象的でしたね・・・。




ボウズ7
●日野誠「日向灘の男」
晋くんの2年先輩、87年4月にレコードデビュー。こちらは、10月リリースのセカンド。髪の長さは、さらに短髪。ふんどしも晋くん以上に似合いそうなタイプ、いや、海の男の歌だし、いっその事、ふんどしジャケでインパクトを与えときゃ~一部ファンが、ロット買いしてたかも・・・。赤ふんより、白ふんタイプやな^^。宮崎の日向灘を歌った、威勢のイイ、漁師演歌。祭小春の男版といった感じ。




ボウズ3
●岸浩太郎「抱きしめたい」
84年、第一プロ&テイチクのタッグにより、デビュー!その年の賞レースにもノミネートしていたにもかかわらず、2枚目のレコードが出た記憶が無いのが不思議なくらい?!・・・。キリリとした60年代青春スターを思わす、ルックスと山本譲二的アプローチで歌った歌謡演歌で、なんとなく正座して聴かなくちゃ、なナンバー^^。現在は、石川浩太郎としてデザイン学校講師としても活動。




ボウズ4
●北川剛「握手でグッバイ」
ボウズや短髪のヘアスタイルで80年代と言えば、演歌が相場。この短髪のせいか、当時、レコード店では、よく演歌コーナーに紛れ込んでいた事もしばし・・・(苦笑)80年代アイドルでは数少ない短髪アイドルで、希少な逸材。





ボウズ2
●宮下了次「島唄」

元祖!島唄(笑)、大阪出身、第1回トーラスレコード新人オーディション優勝でレコードデビュー。硬派な短髪スタイルながら、ソフト&マイルドな歌声を聴かせてくれている。ご本人から、当ブログへ近況をいただき、現在は、かつみ稜として活動中とのこと。





ボウズ6
●島健二「女のエレジー」
キングレコード自主盤、NCS品番からリリース。88年、アポロンから天竜太としてメジャーデビューした彼の学生時代に発売されたアイテム。お酒もまだの少年が、蝶ネクタイで夜のネオン街を歌ってしまった、おませな歌謡曲。こちらも、当ブログへ近況をいただきました。なんか、昔、短髪だった演歌歌手の人って、性格が真面目で礼儀正しいんでしょうかね~義理人情にも^^さすが、血から演歌なんでしょうね。現在も、天竜太として活動中とのことでした~。





ボウズ1
●沖田浩之「困ったラブソング」
ラストはヒロくん。ちょうど、レコードセールス低迷期に入ってからの、ボウズスタイルでした。以前が以前だったので、ファンにとっては、そのイメージを破壊してしまうくらい、イメージが変わったお顔だちとなりました。しかし、これ以降、ドラマや映画での活躍など幅も広がり、男、沖田浩之の魅力たるものが、じわりじわりと、溢れ出し、俳優沖田浩之としての、新境地が見れた気がします。やっぱり、ジャパニーズジェームスディーン・・・ヒロくんは永遠のヒーローだ。






スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。