それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスコ歌謡天国!!70年代アイドルポップス編(下巻)

2015.03.01.Sun.11:45
こんにちは、コウです。
いよいよ、3月に入りましたね。まだまだ寒い日が続いていますが、暖かくなる日がすぐ、そこまで来ているかと思うと、なんだか、それだけでワクワクしてきます^^。



では、ディスコ歌謡天国!70年代アイドルポップス下の巻です。




本日は、77年発売ものから、79年までのディスコ歌謡を、ちょいコメントと合わせて振り返ってみましょう~



77年は、ピンクレディーの大ブレイク、78年は、映画「サタデーナイトフィーバー」の日本公開。日本の音楽シーンでは、歌謡曲=プラスαという事で、どれだけPOP感覚を作品に持たせる事が出来るかが・・・求められてきた時代の突入。このあたりから、アイドルポップスにも、シンセを取り入れた、打ち込み系歌謡が増えてくるようになります。打ち込み系が増える=デジタルチックに、そしてダンサブルに・・・。という定義のもと、ディスコミュージックがアレンジを調理する上で、欠かせない手法となり、職人さんにとっては、日常化?常識化?してくるようになった時代到来となり、随分、賑やかな音作りに華が咲きました。アイドル歌手の数も年々増加。ピンクレディーブレークやキャンディーズ引退の影響もあり、グループ系のフォロワー続出・・・グループ系アイドルになると、必ずといっていいほど、ディスコサウンドを取り入れたシングル盤が、最低1枚は出ていたような印象です。ビートも、それまで、ソウルフルなリズムを取り入れた作品から、78年、「サタデーナイトフィーバー」のブーム以降。ハネ物のビート系が多くなり、BPMも100台くらいのものから、110台のハイテンポの作品が増えてくるようになりました。これが進化して行ったものが、ハイエナジー、ユーロビート調と言われた80年代後半のディスコミュージックへと成長してゆく事となります。しかし、ディスコ歌謡は増加傾向にあっても、ヒットに恵まれたのは、そのごく一部で、日本オリジナルのディスコ歌謡ミュージックも、作品の良品度とは、無関係に、「外国に比べたら・・・的」批判を浴びたり、二番煎じ的扱いを受けたりと・・・中々、市民権や評価を受けられる時代は、もっともっと後だった印象がとても大きく思いえます・・・。


ディスコドリーム
●大場久美子「ディスコドリーム」
78年リリース。キラキラお嬢さんのコケティシュなディスコキラーチューン。ちょっとピントがズレてる、くーみんボイスがディスコミュージックとの絶妙さが、マニアにはたまらない、これぞ!ダサかっこいいの快作!!。アイドルは夢を売る仕事です!リズム感なんて関係ナッシング。ピクチャー盤LP「クミコアンソロジー」で、こっそりとリテイクしてくれている(笑)。主演ドラマ放送中のリリースという事もあり、自身、シングルチャート自己最高41位、4.8万枚をキープ。^^



潮風のサーファー
●庄野真代「潮風のサーファー」
78年リリース。大ヒット「飛んでイスタンブール」のB面。アイドルでは無いのですが、曲そのものはアイドルポップスです。
自身を持ってお届けします^^筒美京平作曲による、ふぅ~ふぅ~ふぅ~なノリノリのビーチ歌謡♪。どこまでもメジャーコードで進行する、ご機嫌さと、夏特有の軽さで勝負した、ポップ感覚センス。酒場で飛び出すような、コーラスとの掛け合いにもご注目^^。もう、まるかじりしたくなるようなディスコ歌謡でっせ~。



20才のリクエスト
●秋ひとみ「20才のリクエスト」
こちらも、B面をリクエスト。さぁ、コインを入れてもう一度・・・^^。B面にも、A面顔負けのディスコ歌謡が多く、生産されている中、特におススメは、こちらの「20才のリクエスト」で決まり!正統派フォトジェニックなアイドルも、本作では、セクシャルバイオレットな、カーリーヘアにメイクもディスコギャルへと大変身。雰囲気造りも万端・・・ナイトな世界へ。
イントロからして、ゴージャス感を味わせてくれる、ラテンディスコ歌謡。サビで押し寄せてくるウェーブで、彼女の歌手としての力量も実感できるパーフェクトな作品。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1977年

「主なディスコ歌謡タイトルリスト」

・ふるえて眠れ Char
・I Came From 横須賀 山口百恵
・恋のリズムボックス 江口有子
・ラブショック 川崎麻世
・わがまま金曜日 榊原郁恵
・ハートをつかめ 香坂みゆき
・あなたのすべて 桜田淳子
・花の女子高数え歌 谷ちえ子
・スーパーウーマン 浅野ゆう子
・帰らない 清水健太郎
・失恋専科 速水アキラ
・ずぶぬれのあいつ 黒沢浩
・Oh!クッキーフェイス 夏目雅子
・ナガサキ長崎 上総良実

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

誘惑のスロットマシン
●有吉ジュン「誘惑のスロットマシン」
78年リリース。有吉ジュンラストシングル。まるで、パチンコ依存症のようなタイトルですが、曲にも健全さはありません・・・。この時代に登場した、CBSソニーアイドルの中でも、そのキャラクラーは一際、異色を放っており、遅れてやってきた、やさぐれ歌謡とディスコ歌謡をジューサーミキサーしたような、雰囲気の作品で、場末感がたまらない・・・。ボーカル、歌唱法は増田けい子似のタイプで、すれっからし風味。独特のフィーバーぶりには高評価しておきたい。アレンジは松任谷正隆が担当。おつかれさまです^^。



ユーアーセクシー
●フィーバー「ユーアーセクシー」
79年リリース。渡辺プロ所属だったアイドルグループフィーバーのセカンドシングル。先にデビューした、事務所の先輩、トライアングルの、おてんばディスコ版って要素をビンビンにデジタル化し、発信していたグループで、スタイルは完全に80年代寄り。とにかくハイテンポな楽曲で、息継ぎも困難なディスコ歌謡。はてしなく、80sユーロビート近かった、ニューディスコソング。ノリは良かったが、売り上げはフィーバーならず・・・。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1978年、日本上映「サタデーナイトフィーバー」大流行。
「東京ららばい」「シンデレラハネムーン」「リップスティック」「グッドラック」「林檎殺人事件」等・・・ディスコ歌謡、乱発、大ヒット!


「主なディスコ歌謡タイトルリスト」

・ムーチョマッチョマン 原たかし
・太陽は泣いているセンセーション78 山内恵美子
・ぼくの先生はフィーバー 原田潤
・銀河特急 松崎しげる
・決定的瞬間 石野真子
・Deep 渋谷哲平
・シュルードフェロー 山口百恵
・ディスコレディー 中原理恵
・フラストレーション 荒木由美子
・サードレディー 桑名正博
・薔薇と海賊 桑名正博
・ブルークリスマス Char
・ダイナマイト 岩城徳栄
・ヨーヨー 太川陽介
・西暦2001年 草川祐馬
・コントラスト 岩崎宏美
・スーパーウーマン キューピット
・ウラトビサスケ78 山川ユキ
・ドンファン 神田広美
・恋はBan Bon 中野知子
・ゆれて初恋 真木理恵
・スーパースター ギャル
・マグネットジョーに気をつけろ ギャル
・タクシードライバー 松本ちえこ
・碧い十字星 香坂みゆき
・魔術師の小夜曲 荒木由美子
・東京チカチカ 加苗千恵
・いまだ浮上せず ペニーレイン
・ヒロイン 相本久美子
・Give Up 田中正吾
・八月の恋人 二月の悪魔 小川未知
・横浜トゥワイライト 秋川淳子
・愛よおやすみ 香坂みゆき
・宇宙のファンタジー フォーリーブス

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

21
●川崎麻世「21」
79年リリース。21世紀を思わす、近未来系ディスコ歌謡。レコードセールス的には、赤字をかかえた彼も、未だ現役。しかも、現代のイケメンといわれるルックスの原形とも呼べそうな容姿スタイルで、ジャニーズの歴史に残した功績は、今となってはとても大きい。当時の男性アイドルが、好んで歌いそうな王道のファン向けディスコ歌謡。この明るさが、度ツボ。その後、V6のメンバーがカバーする等、今でも愛され続けているスタンダードナンバー。


ロミオ&ジュリ
●畑中葉子「ロミオ&ジュリエット79」

79年リリース。平尾センセイから、離れての記念すべきソロデビューシングル。でしたが・・・なんとなく、華やかさに欠けたディスコ歌謡。当時としても、ちょっと古臭さもねっとり、ぬか漬・・・。歌謡曲やってた人がポップス歌うとこうなるのでしょうか・・・。
この次に出た曲が印象強過ぎて、そっちの方が本当の意味でソロデビュー曲!という印象でした。がんばれ葉子さま。


ディスコギャル
●朝比奈マリア「ディスコギャル」
雪村いずみの愛娘、79年本作でデビュー。コーラスでも歌っているように、♪マリアディスコくぃ~ん、マリアスーパーすたぁ~。と、私は時代の女!カッコイイの象徴!をディスコ歌謡で表したナウなナンバー。おしゃれ最先端だった、アルファレコードがやってるだけあって、ディスコ歌謡臭さを感じさせない、ニューウェーブなディスコ。A面は、すぎやまこういち、B面は坂本龍一がアレンジを担当。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1979年、西城秀樹「ヤングマン」大ヒット!

ピンクレディー全米デビューで、ディスコミュージックを開花。

「主なディスコ歌謡タイトルリスト」

・ルフラン 井上望
・ラブアドベンチャー 塚田三喜男
・ホップステップジャンプ 西城秀樹
・サマーチャンピオン 浅野ゆう子
・Kiss in the Dark ピンクレディー
・マンデーモナリザクラブ ピンクレディー
・MISS KISS 桜田淳子
・日曜日はストレンジャー 石野真子
・恋のブギウギトレイン アンルイス
・サンシャインスーパーマン BIBI
・LOVE AND NIGHT 杉沢順
・ねぇ ねぇ ねぇ 森まどか
・ムーンライトカーニバル 太川陽介
・女になって出直せよ 野口五郎
・ヤングセーラーマン 渋谷哲平
・レッツゴーダンシング 川崎麻世
・ピンクタイフーン ピンクレディー
・Love Beat337 キューピット
・フレーフレー ポップコーン
・シングルガール 太田裕美
・万華鏡 岩崎宏美
・Tryトライ ジャッカル
・チャイナタウンでよろめいて 相本久美子
・事件が起きたらベルが鳴る ピンクレディー
・ママノーコメント チェリーズ
・電光石化 フラッシュ
・パラレル 榊みちこ
・インベーダーWALK マキ上田
・ギラ ゴールデンハーフスペシャル
・サタディナイトパーティー グッピーズ
・賭け 岡田奈々
・人の気もしらないで 石川ひとみ
・DISCO TANGO 金井夕子
・シルエット 高見知佳
・凍士シティー 山内恵美子
・枕詞 中原理恵
・マイクールサマー 中野知子
・くせになるから 朝風まり
・A BOY 大滝裕子
・気球野郎 碧夏子
・砂に消えた涙 杉沢順
・ラブポイントゲッター 都川愛子
・ジンギスカン 原たかし
・SHINJUKU SHADOW DANCIN アパッチ
・流されて 原たかし
・センチメンタルPUB 青山幸広
・ダンシングインザレイン 杉沢順
・女はそれを待っている ニューホリデーガールズ
・New York Doll 堀川まゆみ
・いじわるピエロ 亜樹千尋
・熱くなれ 江夏一樹
・リバプール十字軍 ジャッカル
・哀しくて哀しくて 菅沢恵子
・ムーランルージュ 高木祐子
・君よ走れ光のしぶきけちらして 乗附勝也
・悪い夢のブルース フラッシュ
・恋のサタデーナイト 志穂美悦子
・熱帯性低気圧 堀川まゆみ
・トロピカルハネムーン マーガレットポー
・恋の終列車´80 マーガレットポー
・Baby Fall in Love フラッシュ
・シェイクハンド フラッシュ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あ~きつかった。79年タイトルリスト打ち込みは・・・^^


それだけ、79年は、ディスコ歌謡も、フィ~バ~したって証ですよね!






(終)
スポンサーサイト

ディスコ歌謡天国!!70年代アイドルポップス編(上巻)

2015.02.28.Sat.19:41
こんばんは、コウです。今日は土曜日、サタデーナイトなフィーバー日和ですね^^

さて、本日は「ディスコ歌謡天国」をテーマでお届けします。

それも、日本のディスコ歌謡ばかりを特集したいと思います。
日本では、やはり、80年代の後半にブームとなった、アイドルが歌う、ユーロビートのカバーバージョンや、ハイエナジーといった、BPMテンポの速い音楽が大流行しましたが、今回は、そのルーツをひもとくかのように、和ディスコの「素」でもある、70年代の作られた、和な和なディスコ歌謡ミュージック・・・って、どんなのがあったのか?
検証しつつ、ちょっとだけライナーも入れつつ、年代順にみなさんと振り返ってみたいと思います。^^
特に、個人的にも、大好きなジャンルなので、全曲、曲を流したいくらいなんですが、今回は、その中でも、アイドル系を中心に、B級ディスコ歌謡にピックアップ!B級と言っても駄作とか、手抜きだった・・とか、そう言った観点ではなく、「一般的には・・・」というニュアンスでとらえていただけえば幸いです。

最近、耳にしたのは、巷のレコードコレクターの間で、ディスコ系のものをアナログ盤で収集するというのが、流行っているそうで。DJさん、のみならずという事なんでしょうけど。確かにディスコミュージック=回転させながら楽しむ。ってよりリズムに乗れるような感覚で気持ちいいですよね!しかし、そういったきっかけで、レコード熱が再燃されるという事は、とても喜ばしい事です^^。世代としては、そのレコードが売られていた頃をリアルタイムに知るか、知らないか?くらいの世代を中心に人気があるようです。レコードコレクターの平均寿命も、年々、上がりつつあるのが、実態ですが、昭和50年生まれを境に、レコード派、CD派で分かれているようなんですよー。ですから、ここをお読みの方で、昭和50年以降のお生まれの方で、今でもレコードを収集されていらっしゃる方は、レコードコレクターとしては「若手」という事になるんですねー。^^
日本のディスコ歌謡のベースとなっているものは、大きく分けると3つあります。ソウル調のもの、ユーロ調のもの、フィリーソウル調のもの。フィリー系まで入れると、けっこうテンポが遅いものまで入ってしまうので、今回は、ソウル調&ユーロ調のものに絞り込み紹介する事にしました。実際、70年代にユーロビートという名称が無かったので、ユーロディスコというものは、存在しなかったという訳ですが、BPM100~130前後のものを指すというラインで、選曲してみました。その後の進化系についても、色々と書いてみたいのですが、今回は、74年から76年までの作品をまでをご覧下さい。


処女航海
●優雅「処女航海」
74年、筒美京平プロデュースのもと「処女航海」でデビュー。台湾から海を越えやってきた、希望に満ち溢れた出航の時を、ディスコサウンドに乗せ、表現。これぞ、筒美SOUL歌謡の真骨頂。日本での、和ディスコが誕生したのは、73年~74年あたりで、もしも、優雅をアイドル扱いとするならば、日本で一番最初にディスコミュージックを専門に取り上げたのは、彼女が元祖でしょう!やはり、いつの時代も最先端を行くCBSソニー。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1974年、優雅、浅野ゆう子デビュー

「主なディスコ歌謡タイトルリスト」

・恋のインディアン人形 リンリンランラン
・胸さわぎ 優雅
・熟れた果実 平山三紀
・君は特別 郷ひろみ
・淋しがりやの君 西城秀樹
・裸の青春 夏木マリ
・夏のせいかしら 夏木マリ
・君におくる愛のメロディー あいざき進也
・君が欲しいよ 三浜鉄平
・シンディー思い出ありがとう フィンガー5
・東京ー北京 松岡ひろみ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


東京北京
●松岡ひろみ「東京ー北京」
74年、松岡ひろみのセカンドシングルでラスト作。昨年、見事CD化に!ご本人から、当ブログにメールもいただきました。ジャケの撮影時、飛行機をわざわざ出庫してもらい撮影にトライ。しかし、撮影に時間がかかってしまったせいで、顔が日焼けしてしまったというエピソードも。日本のアイドルポップスシーンで、初めて「ソウルトレインのテーマ」のリズムに乗せ、アイドル歌謡を開花された功績は、当時としては大きかった。



パピヨン
●岩崎宏美「パピヨン」
76年、おなじみ岩崎宏美「ファンタジー」のB面。A面の浮動感溢れるリズムディスコに対し、こちらは、ビートの効いたグルービーディスコで、攻め度はこちらが上。全編、DJ&ディスコミュージックをコンセプトに制作されたアルバム「ファンタジー」のオープニングを飾る、ディスコアタックナンバー!本作では、ミラクルズの「ラブマシーン」がインスパイアされ、見事に調理されています。作曲はもちろんの、筒美京平。B面の中では、ファン人気曲でもあり、近年のコンサートでも歌披露が実現している。岩崎宏美ディスコ度数としては、ベスト3入り。これから歌謡曲DJデビューする人は、手始めコレから行っときましょうー。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1975年、岩崎宏美デビュー「ロマンス」「センチメンタル」大ヒット。
全米、ディスコブームのきっかけとなった「ハッスル」リリース。

「主なディスコ歌謡タイトルリスト」

・その気にさせないで キャンディーズ
・バンプ天国 フィンガー5
・GET DOWN BABY 南沙織
・私にさよなら 柴陽子
・理由ある旅 草川祐馬
・町あかりキラキラ 青木美冴
・避暑地のお姐さん 市原まゆみ
・ノックは暗号 リンリンランラン
・愛の行動派 織田あきら
・髭をそらないで スリーナッツ

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

私にさよなら
●柴陽子「私にさよなら」
75年リリース、スター誕生出身アイドル、柴陽子のサードシングルでラスト作。タイトルどおり、アイドル歌手生命を破壊してしまうような、めちゃくちゃな作品でした。完全に捨てちゃってマス・・・。しかし、マニアにとっては、それくらいインパクトの強い方が刺激的でよろしい^^快作ぶりで、演歌のメロディーを、ソウル調のリズムに乗せて歌ってしまうという、とんでもない仕上がり。それも当時のアイドルとしては快挙!異色?!元々、アイドルの水準以上の歌唱力を誇る彼女が、ろうそくの火も、ピタッと止めてしまう程の歌いっぷり。そのバックで、ウェーブが起こってしまうごった煮のグルーヴ感覚と言ったら、いや~谷ちえ子以上のモノを感じます。
はぁー はぁー♪


ムーンライトタクシー
●浅野ゆう子「ムーンライトタクシー」
浅野ゆう子筒美ディスコ三部作、ラスト。76年リリース。個人的には、彼女の曲で一番好きな作品。日本の女性アイドルとしては、最初に和製ディスコクィーンとして呼ばれたアイドルでした。彼女が元祖なんです。とにかく、観て、踊って、歌も楽しめる、浅野ゆう子の世界は、視線釘づけ。全2作の選りどりみどりというか、いいところばかりを復習し、集めたような秀作ぶり。ユーロ系の原形とも言えるスピード感を融合した、フィーバー作。サビの開放感といったら、国境を越えて、どこまでも連れてってくれそう~

夏八景
●麻丘めぐみ「夏八景」
76年リリース、人気低迷を、ここで挽回しようと、起死回生による、麻丘めぐみ初のディスコ歌謡チャレンジ大作戦!。伴奏だけ聴いてると、岩崎宏美の曲みたい(苦笑)。全国ディスコキャンペーンを開催。筒美京平作品。かなりの名作ながら、ヒットならず・・・。


何をためらう若い日に
●草川祐馬「何をためらう若い日に」

75年にレコードデビュー、翌年に発売された4枚目のシングル。浅野ゆう子のデビューが1年後輩で、同じく研音に所属。
研音としては、男性アイドル第1号でした。デビュー当時から、POPミュージックをコンセプトに展開。本作もソウル調がベースとなった歌謡曲に仕上がっており、同名タイトルのセカンドアルバムでは、A面前半は、曲間を繋ぎ、当時としては、画期的小技も披露。ディスコ歌謡ファン向きのアイテムに。また、同アルバムでは、筒美京平作品のカバー「バラ色の雲」も、ソウルフルにカバーしてくれている。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1976年、浅野ゆう子「セクシーバスストップ」ヒット!
山口百恵「赤い衝撃」、郷ひろみ「恋の弱味」ヒット!

「主なディスコ歌謡タイトルリスト」

・霧のめぐり逢い 岩崎宏美
・リンゴの心 浅野ゆう子
・ドリーム 岩崎宏美
・いい娘に逢ったらドキッ 伊藤咲子
・ハローサンシャイン 北村優子
・ハッスルジェット 浅野ゆう子
・恋のハッスルジェット シェリー
・ムーンライトタクシー 獅子王
・地平線の彼方 岩崎宏美
・20才の微熱 郷ひろみ
・仮面舞踏会 浅野ゆう子
・オーママミア メッツ
・ブルーエンジェル アップルズ
・ハッスルしないで男の子 北村優子
・恋のスタジアム 三木聖子
・青春のしぶき 景山美紀
・渚通りディスコハウス 星ますみ
・夏からのメッセージ 岩崎宏美
・夜光虫 宗田まこと
・危険がいっぱい 林寛子
・蝶 秋本圭子
・握手 大竹しのぶ
・移り気な青春 ジェット
・ゆうわく ローレン中野
・今日はPONPON マッハ文朱
・明日への長距離バス 長谷川ゆき
・ガラスの青春 星正人

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

77~79年タイトルリスト。次回つづく。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。