それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田嶋里香/きっと明日は

2014.09.29.Mon.18:50
きっと明日は
・1997年4月作品
・東芝EMI

90年代に発売された沢山のシングルCDの中で、僕が最も大好きな曲。
ジャンル・・売れる売れない、関係なく、90年代NO,1ソングが、この「きっと明日は」なのです^^。


作品の良質感に対して、全くプロモーションしてもらえなかった、とても可哀想な曲♪

もしも・・僕が、90年代の作品で、どんな曲が好きなのか?名刺代わりに1曲、紹介して欲しい・・・
と言われれば?!
僕は迷わず、「きっと明日は」を挙げる事でしょう~。
それくらい、好きッ!!

なんてったって、作曲はEPOさんですから~^^
80s、EPOさんがアイドルに楽曲提供していた、EPOっぽさ、あの香りがここに・・・^^

シャンプーのCMソングだったという事もあり、出したシングルの中でも、一番、メジャーで爽快感を放った。
曲の展開としては、西村知美の「シンフォニーの風」に近いタイプかな。


田嶋里香さん・・・95年デビュー組、アイドルのひとり。

僕としては、充分アイドルで通用する素材だった・・・と思っているのですが、その言葉を、ご本人が不本意に思われるのではないか・・・?という事で、シンガーソングアイドルとして紹介させていたできます。(笑)

1995年という年は、アイドルポップスシーンにおいて、いわばターニングポイントの年だったのです。

90年代に入ってから、ずっと翳りを見せていた、アイドルシーン、
そう、この95年頃までが、俗に言う「アイドル冬の時代」という事になるのです。
それが、94年10月に発売された、内田有紀のデビュー曲が1位を獲得した事から、雪解けがはじまり、この「1位」がきっかけで、95年という年は、TV界のアイドルたちが大活躍、各社が一斉に、乱発CDデビューをさせた年でもありました。

例えば、この年、CDデビューを飾った、田嶋里香さんとの同期は・・・

内田有紀、hitomi、小林恵、菅野美穂、村田和美、松雪泰子、篠原ともえ、瀬戸朝香、雛形あきこ、MAX,鈴木蘭々、奥菜恵、華原朋美、AYUMI(浜崎あゆみ)など、、、錚錚たる顔ぶれ!・・・

そこに、東芝EMIは田嶋里香さんを仕掛けた年、でもあったという訳なのです・・・

当時、ガールPOPというくくりのジャンルもありましたが、やはり時代は、TK。そしてTVから飛び出したメディア界のアイドルが優勢。
新潟出身で、それまで無名だった、17才の普通の現役高校生が、ポッと出てきたところで、なすすべは無かった。。。
それでも、95年は、コンスタントに4枚のシングルをリリースしましたが、状況は変わらず・・・

しかし、新人の彼女にビッグチャンス到来!!
優勝すれば「NHK紅白歌合戦」の出場権利が貰えるという・・・
今、考えたら、なんて無謀で、大胆なコンテスト?!・・・
この10組に見事、ノミネート。^^
デビュー曲を熱唱してくれた。

きっと明日は4
きっと明日は1
しかし、この10組、CDデビュー3年以内の歌手が、全員同じ条件で受けられるという、オーディション。

特に、優れた歌唱力が10組!
歌声を、重視したコンテスト。やはり、これ凄い事ではないでしょうか・・・

生放送という事もあり(全国放送初出演)、極度の緊張のあまり、声が震えながら、歌っていた事を憶えています。
歌い終わると、点数がボードに表示されるというシステムだったのですが、残念ながら、点数が伸びず、落選・・・
本人も、歌い終わると、すごく苦い表情・・・きっと実力が出せず、悔しかったのでは・・・
きっと明日は3

左から、ノミネートされた、細江真由子、田嶋里香、石嶺聡子
きっと明日は2
結果は、同期で同じレコード会社の対抗馬だった石嶺聡子が優勝。その年の「紅白歌合戦」出場した。


本作「きっと明日は」は、97年4月発売、花王の97´春ー夏のCMソングでした♪
作詞はご本人、作曲はEPOさん。編曲は水島康貴氏。
トータルプロデュースとして、所属事務所、レイズイン社長、長戸秀介氏。

東芝在籍時代最後のシングルで、出荷枚数も、華やかだったデビュー当時に比べれば激変、発売から、1年足らずで廃盤に・・・

当時活躍していたアイドルよりも、ずっと正統派アイドルだったような気がします・・・

そのクリスタルなお歌声、そして、このさわやかさ、爽快感・・・

90年代版、太田裕美という要素もあったと思います。

ガール・POP時代のアイドルポップス、それが「きっと明日は」だったような気がします。

絶滅危機にあった、97年正統派アイドルポップスシーンにあって、忘れかけていた、何か、懐かしい何かを、この作品と田嶋里香さんの歌声によって、ひっそりと・・・ながら、教えてくれた、これぞ彼女の代表作品だと思います。

追伸:97年、8月、熊本城に来て、この曲を歌ってくれている♪^^


きっと明日は♪
http://www.youtube.com/watch?v=yWs9vtlvhCw




スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。