それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原たかし&バットマンズ/ジンギスカン

2013.12.21.Sat.03:01
この曲も、忘年会やレクリエーションで盛り上がるアゲアゲソング♪

原たかしバージョンのご紹介です^^

この曲は、もともとドイツの音楽グループの作品で、それが日本で1979年、ディスコを中心に大流行した曲です。
また、パクリ・・・と言っちゃあ、ふさわしくない言葉かもしれませんが、日本でも、この曲にインスパイアされた
作品が数多く発売されており、有名どころでは、小泉今日子の「私の16才」やモーニング娘。の「恋のダンスサイト」も、このアレンジ手法を大いの取り入れた作品の例でしょう。

特に、昔っからビクター邦楽は、ディスコミュージックに敏感で、この「ジンギスカン」は前年に、ディスコ協会第1号タレントとして売り出された原たかしが、ビクター代表としてカバーし、ブレイクを狙った・・・

原たかしさんは、「ムーチョマッチョマン」で78年暮れに「和製トラボルタ」と銘打って衝撃のデビュー!
1作目、2作目共に、筒美京平完全プロデュースという力の入れようで、ディスコ色を色濃くだした作品続きで、心を体もキラリズム。^^

そして、和製トラボルタと決定づける3作目が、「ジンギスカン」となりました。

編曲に表記されている、ヒーロータカタとは高田弘の事。
B面「ミスターロビンソン」こちらもカバー作品で、荒木一郎が60年代に作詞作曲し歌っていたものを、71年に同じくビクターレコードより内田喜郎がリメイク、ちなみにこの内田さんはジャニーズ事務所、70年代初頭に所属していたアイドル俳優さんなんです。
原曲はカントリーミュージック調のものを、原たかしバージョンでは、ソウルトレインを用いたディスコアレンジでお色なおしされている。

ちなみに、競作で川崎麻世や渋谷哲平といった男性アイドル陣もLPで「ジンギスカン」をカバーしている。
原たかし3作ディスコシリーズは、全曲CD化されて欲しいところ。
じんぎすかん
1979年作品/ビクター
スポンサーサイト

原たかし/ムーチョ・マッチョ・マン

2013.02.27.Wed.01:03
「筒美京平の世界」でも紹介されている人気レコード。
僕自身も、初めて手にした時は大感動でした。

ディスコ協会第1号公認タレントさんでした!

コンセプトは和製トラボルタ。
筒美京平アレンジによる華やかなでナイトフィーバーなディスコ歌謡。

ムーチョ・マッチョ・ムーチョ・マッチョ・ムーチョ・マッチョ・マン・・・ん♪
のサビがキャッチー!

これぞ、ディープ度、NO,1

現在、山口県を拠点に活動されている同姓同名の演歌歌手の方とのお噂がありますが、未確認・・・

♯97
お題「ムーチョ・マッチョ・マン」
歌手名:原たかし
レコード会社:ビクター
発売:1978年
ムーチョ


「ムーチョ・マッチョ・マン」振り付け。(本人指導)^^
原踊り
原踊り2


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。