それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉今日子「FadeOut」の件。

2015.04.11.Sat.16:44

こんにちは。コウです。
本日は、小泉今日子「FadeOut」の件。をお届けいたします。



Fadeout1.jpg

まず、本作は、89年5月10日リリース。当時の価格は、659円と、89年のアナログ盤は、新品で買えば、お求め安い金額でしたよね!
しかし、ヒット歌手ほど、もうこの時期ともあると、アナログ盤より、8センチのCDシングルの方へと移行してしまい、ファンに限って、良い音で楽しみたい・・という理由もあり、CDシングルの方を流行に乗った気分で買いあさっていたものでした^^



キョンキョンのアナログ盤、愛好者の方は、ご存知かと思いますが、知らない方の為に、僕にとっての「FadeOut」の件。
を、記事にしてみたいと思います。




90年代後半に「おしえてアイドル」のCD企画が発足した頃、続編で人気投票やリクエストを受け付けるというサイトがあったのです。ご存知の方、もしかしたら、参加されていた投票者の方もいらっしゃるのでは、ないかと思います。
ビクターのリクエストの部門に「FadeOut」シングルバージョン希望!という、ユーザーの方からのリクエストが数票入っていた事を覚えています。

当時は、やはりキョンキョンよりも、もっと手に入り難い曲を先にCD化して欲しいー!という、コレクター心理の方が、働いたせいもあって、もちろん収録される事もありませんでした・・・いや、キョンキョンなんて入れちまったら、安いコストでの復刻も難しいのが現状だったのかもしれません・・・



実は、このバージョン!あれから15年という月日が流れている訳なのですが、未だCD化が実現されていないんです。


キョンキョンクラスでシングルバージョンが復刻されていない・・・という事実は、なんとも、不思議と言うか・・・
80年代アイドルポップス界において、あってはならないタブー事件?!現状・・・のように感じます。



特に、こだわりが無い人たちにとっては、8センチのバージョンが復刻されている訳なので、そう大きな問題でもない!
という事なのですが、、、、でも、なんかねー・・・






この「FadeOut」シングル形態で復刻している、会社があって(もうお分かりの方もいらっしゃると思うのですが・・)
そこに、僕は別件で用事があったので、電話を入れた際に、この「FadeOut」の経緯の事も話してみたのです・・・。

・・・・そうしたら、やはり、その会社の担当者の方は、CDシングルとアナログ盤は、同一バージョンだと思い込んでいたとの事・・・



それで、念のため、ビクターの方にシングルバージョンのマスターテープに関して、問い合わせて頂ました!

ところが・・・
ビクターからの回答は・・・




「あぁ、シングルバージョンの短いテイクがあるのは、知っていますよー」
「しかし、どう探しても、マスターテープが見つからない・・・どうやら紛失してしまっている」




・・・との、回答だったのです・・・。


どうりで、30周年の時に出たベスト盤や、別バージョンやカラオケ等も収録している、ビクターの紙ジャケ復刻シリーズの時も、漏れてしまった・・・という訳か・・・


※バーニングサイドのマスター有無事情に関しては未確認


当分の間、シングルバージョンのCD化復刻な実現なさそう~(残念・・・)




Fadeout4.jpg
で、どこが、どういう風に違うのかを、・・・
簡単に解説してみたいと思います。



まず、現在、一般にベスト盤等で収録されている、8センチバージョンは、7分30秒近くあるバージョンが収録されています。このタイムだと、当時としては、シングルバージョンというよりは、12インチバージョンと表現しても過言では無いでしょう。




Fa1.jpg
一方、アナログバージョンには、「ショートバージョン」と表記されていますが、タイムは5分8秒・・・。
歌詞も本編は、カットしてある部分もなく、順序的に行けば、アナログ盤で発売されていた方を本チャンと指し、優先して、ベスト盤等で収録すべきだったハズ・・・。
しかも、近田春夫氏が、気を利かせてくれたのか、8センチバージョンと、アナログバージョンでは、ミックスダウンも違うでは無いか・・・。ちなみに、エンディングが、このテイクでは、いきなりFadeoutしてしまう。





Fa2.jpg
こちらは、「FadeOut」の白盤こと、サンプル盤です。また、これがクセものアイテムで、市販品と同一の「ショートバージョン」表記ながら、またしても中身が違う!近田さん!さすが!気を利かせ過ぎ^^
だけど、しかしながら、市販品に比べ、このトラックが一番、シングルバージョン向きの仕上がりだったりするから、侮れない・・・。こちらでは、白黒の、いかにも即席でコピーして作られたようなジャケットに、「YU-SENバージョン」と表記。
有線放送で・・という事は、天井に埋め込まれた小さなスピーカーから流れてくる~というのが前提(当時の背景としては)。あえて、市販品バージョンに比べて、ベース音を思いっきり強調したダイナミックなトラックに仕上げ、キョンキョンのボーカルも、艶っぽく、臨場感を持たせてある仕組みに。しかも、エンディングが市販品と比べ、長めになっているので、DJさんにとっては、繋ぎ安さの価値もあり。こちらは、タイム5分4秒~。
なので、自宅にある、同じスピーカーから、この2枚を聴き比べてみると、もちろん、YU-SENバージョンの方が音に厚みを感じ、近田氏が手がけた、ほんもんの「FadeOut」がリアルに体感できるという訳なのです。



結局、FadeOutには、8センチCDバージョン、アナログバージョン、YU-SENバージョン、その後追ってリリースされた、マキシRemixバージョンの4本のテイクが存在する仕掛けもあった・・・いう訳なのです。




8センチバージョンもいいが、それぞれの近田氏手抜き無し!こだわりのテイクが世に存在するという訳で、いつか、全てのテイクが一般ユーザーのお耳に、デジタル化して届けばいいな!いいね!


そう思い願っています♪^^
スポンサーサイト

小泉今日子/私の16才

2014.03.12.Wed.00:16
今日は、キョンキョンのデビュー曲と共に、自分の事も交えて、お話したいと思います・・・^^

まず、今日子さんの事から、これがデビュー曲だった「私の16才」です。
私の16才
1982年3月作品

同年代の方には、とても懐かしいレコードジャケットだと思います^^

B面のタイトルにもなっているとおり、イメージカラーが、黄色だったので、小泉今日子のデビュー=レモン色ってイメージを持っている方も、いらっしゃるのでは無いでしょうか・・・
同じ時期にデビューしている、北原佐和子も、レモン色がイメージカラーで被ってたんですよね(笑)
どちらのレモン色が好きでしたか?^^

「私の16才」はスマッシュヒットだったので、80年代生まれで、アイドル好きではないと、もうあまり、これがデビューだった・・・って事を知らない世代が増えてきているような気がしますね。

曲中の、女性コーラスによる、ハッ、ハッ、ハ八ッ!♪
って部分がとても、印象的で、昭和50年代の歌謡曲を彷彿とする、古典的な作品でした。

とは・・・もちろん、有名な話なのですが、それはリメイク作品だったからで、
同じビクターから、79年に、森まどかのセカンドシングルとして発売された「ねぇねぇねぇ」だったからです。
しかし、これがリメイクだったとは、当時、よほどのマニアで無いと、気づかれない事実でした^^

キャッチフレーズは「微笑少女」。
マンガの世界から、パッと飛び出したような少女をイメージさせる戦略での、デビューでした。

僕の当時の印象としては、少女マンガのヒロインにしては、ちょっと、あか抜けなさ過ぎるんじゃないかー・・・
って印象だったんですが、その分、それ以降の、彼女の最先端を行く、おしゃれ度からすれば、82年組の中では、群を抜いた、以降の、あか抜け度!・・・めざましい成長ぶりが作品からも感じられるという訳です。

デビュー当時、このレコードジャケットとは、弱冠違う、表情の告知ポスターがあちら、こちらに貼られており、そのポスターの表情が、とても印象的で、その写真こそ、「微笑少女=小泉今日子」を表現するに相応しい写真だなーと思っていました。^^
その告知ポスターと同じテイクの写真が、サンプル盤のレコードを入れる、プレスキッドにも使われているので、そちらをお見せしたいと思います。はい。
私の16A
LPサイズで作られていた、デビュープレスキッドの表紙写真です。
キョンキョンの、まだ未開化なこの笑顔と、まぶたが、たまらないんです^^
レコードジャケットと、やや違うのわかりますよね!
愛嬌あるな~^^

これも、宣材用の写真です。
私の16C

デビューのロゴですね。
私の16B
私の16D

スター誕生では、第一次審査で「恋のハッピーデート」を歌い、テレビ予選で「彼が初恋」を歌い、スカウト。
目標が石野真子で、バーニングだったので、目標は会社の方針かと、、思ったら・・・
実は、本当にファンだったそうです。

デビュー当時の、真子さんは、いつも笑ってばかりいて、本当に楽しいのかな・・・
なんて思って、真子さんの事を観ていたそうなんですが、きっかけは「めまい」を発売した頃・・・
暖かみを感じ、それでいて真子さん自身の雰囲気が凄くいい、大人っぽくなって。
と、思った事が、きっかけで、それ以降、真子さんのファンなんだそうです。

また、ニックネームが、キョンキョンになって、一番驚いたのは、ご本人だったそうですよ(笑)

スター誕生と言えば、山口百恵さんや、ピンクレディー、明菜さんなどで有名ですが・・・
商業的に行けば、スター誕生出身者で、NO,1のスターとなったのは、小泉今日子さんでしょう!!
それに、移籍なしで、ビクター30年以上という長期契約も、アイドル歌手としては快挙ですよね~

もちろん、松田聖子さんに続く、永遠のアイドルは小泉今日子さん・・・。
これは、リアルに。

あと、故郷、厚木の事を、デビュー当時から、口に出し、いつも心に思ってくれてる所も大好きです。^^

それは、僕自身が、昔、厚木に住んでいたから・・・(笑)

キョンキョンも言うように、厚木は、程よい街・・・。
田舎でも無ければ、都会でも無い、それに住みやすく、山に行くにも、海に行くにも交通の便がいいのです。

僕は、厚木駅から歩いて3分ほどの所に住んでいたのですが、厚木には、小田急線で、厚木駅と本厚木と2つあるんですよ。
理由は、厚木駅なのに、海老名市に駅があるからなんです(笑)
だから、本当の厚木駅!って理由で、本厚木駅って言うんです。

実は、僕の話っていうのは、つい最近、、、グーグルマップのストリートビューで、久しぶりに厚木の街と、勤務していた海老名の街を探索してみたんです。

当時、僕は、海老名にある、SATYの裏のビルにあった、エマーソン海老名店という中古レコード店に勤務していました。
もう、20年も前の事なので、今、どうなっているのかも分からない状況なんですが・・・
エマーソンの海老名は、もう無くなっているみたいですね。
海老名店は、僕が入った時が、開業で、近所にあるダイクマの中にも委託で入ってたので、2店舗掛け持ちで、やってたんですよ。^^

面接の時に、専務さんが、壁に貼られている、アイドルのデビュー曲のレコードを見ながら、「石川秀美のヒット曲は知ってるか?」って問題まで出された事を憶えています(笑)

勤務先が神奈川県だったので、僕は素直に・・・「ゆれて湘南です」と答えましたね^^

開業から入らせてもらった店舗だったので、「盛り上げなきゃー」って凄く、働いてて意欲が沸きましたね・・・
僕は、割と仕切り屋ですし・・・(笑)
展開してゆく様が好きなんです。

当時は、ストレートで純の心でしたから(笑)、日常、泣く事も多かったんですが、今、思えば、とてもいい時間の過ごし方だったなーと、思ってます。

厚木には、居候で住ませてもらってたんですが、今でもそこに、当時の日記張を置いているのです・・・
毎日を綴った、けど中身は全く覚えてませんねー・・・

それは、また、いつか、この街に来れますようにー・・・という意味あいも含めて。

それから、3度程、その場所には、訪れたのですが、やっぱり日記帳は置いて来てしまいました・・・^^
もう、そのままでも、いいのかな・・・って思っていたのですが、ストリートビューで、あの街並みを見た途端、
あの街を歩きたい気持ちになって・・・

しかし、場合によっては、当時の良い、思い出のまま・・・
にしておくのがいい場合もあったり、するんですよね。^^

どうなんでしょうかね・・・

今日子さんの記事に便乗して書かせてもらいましたが、僕は、おしゃれ最先端の今日子さんも、いいと思うのですが、デビュー当時の今日子さんを知らない世代の人たちにも、ずっと忘れられる事なく、最初の今日子さんの曲を知っててもらいたいものなんですよね・・・
キョンキョンの出発点を・・・^^

最後に、これも大好きな写真の、1枚です・・・
私の16E

※小泉今日子「KYON3」(3枚組ベスト)
(ビクターより発売中!)「私の16才」収録。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。