それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網浜直子/夏は目の毒・恋の毒

2014.05.13.Tue.18:11
夏は目の毒

・1987年5月作品
・CBSソニー


もう、夏風が吹き始めましたね・・・^^

本作は、網浜直子名義としては、5枚目のシングルとして発売。
87年、夏のコーセー化粧品キャンペーンソングとしても、起用された作品でした。

夏は目1



発売は、5月2日だったので、もうこの季節には、夏のキャンペーンソングが各社発売されていたって事になるんですよね~
早いものでは、4月上旬に発売されている曲も当時は、ありました。


それに、当時は、季節ごとにCMで流れてくる化粧品のコマーシャルソングって、
「今度は誰が歌うのかなっ?」って非常に、楽しみでしたよね!^^


季節感も、化粧品のCMソングって、影響力が大きかったように思えます。


もちろん、その化粧品を使ってる人も、使ってない人たちにも、平等に(笑)

この曲は、網浜さんにとっての、いわばイメチェン作品であり、シングルとしては初のメジャー曲という事になりました♪
夏は目2


大手化粧品メーカーの夏キャンソングとして、バックアップを受け、大量オンエアされましたが、
結果、オリコン最高122位と、作品の出来の割りには、ちょっと振るわなかったかな~という残念な曲・・・


作曲は井上ヨシマサ、編曲は、鷺巣詩郎という若手サウンドメーカーが発揮した、リゾートチューン♪


天然色に染まった、鷺巣詩郎特有のド派手なアレンジも、総天然=自由奔放さ、を印象付けてくれている。


網浜さん自身も、TV出演時は、鳥の羽根をイメージさせたツンツン衣装をまとい、まるでパリコレ風?!で力入ってました
^^確か、初めて笑顔を見せて歌っていた曲でもありましたー
夏は目3


また、B面のメロメロと「Mellow Mello」をかけたタイトル!(笑)
こちらも、負けてません!!・・・。

作曲は井上大輔、編曲は、こちらも鷺巣詩郎。
ギラギラとした、灼熱のサウンドは、聴き手次第では、クールサウンドに♪
空からの低空飛行が楽しめそうなマリンビーチポップス仕様。
夏は目4



両面合わせて、再評価しておきたい音盤。

スポンサーサイト

網浜直子/恋は微熱

2014.01.28.Tue.13:06
直子さ~ん・・・
ではなく、やっぱりアミハマさん!って感じで呼びたいアイドル^^


愛称アミーこと、網浜直子さんのセカンドシングル「恋は微熱」の紹介です。

このクオリティーの高さで、どう力が働いたのか・・・働かなかったのは?
2作目にして、オリコンHOT100圏外は、絶対にありえない・・・と当時、不思議でしょうがなかった曲。


彼女も、85年組アイドルとしては、ニューウェーブ系だったお一人。

デビュー曲は、ある程度の数字が出るであろうと、予想していたものの、その後、「恋は微熱」の時、そして「夏は目の毒・恋の毒」の時、今度こそは、今度こそはと・・・ヒットしてくれるだろうー!と楽曲の良さから、相当期待を予感したものでしたが、2度、3度と裏切られてしまった・・・(全く、本人と楽曲には責任は無かったと思う)
もの凄く、残念。

ご本人いわく、「やっと新曲が出ました!」と言ってたとおり、全くそのとおりだ。
85年から87年にかけて、企画ものを外せば、たった5枚はグランプリ待遇としては、少な過ぎ・・・
歌がヘタなら、ともかく、クールで都会的な、歌声を感情た~ぷりに聴かせてくれた分・・・余計に残念ですね。

「ザ・ベストテン」では一度、出演経験を果たしているが、スポットライトではなく、少女隊の応援で・・(笑)

デビュー当時から、ボーイッシュなイメージで女性に人気のあるタイプでしたが、その一方で、ヤンキーたちからも支持を受けるアイドルでもありました。^^

所属事務所のカラーもあってか、CBSというより、Epicソニーの匂いを放つ雰囲気もあり、シティポップやニューミュージック色の強い作品も多かった・・・

ちなみに、僕個人としては、最初に彼女を見た印象は、大滝裕子とオーバーラップしてしまう部分がありました・・・

また、デビュー当時、大阪有線放送の北九州地区にて(ここもヤンキーが多かった土地、ゴメンナサイ^^)支持を集めており、新人歌手ベスト3に食い込み、放送局でも話題を集めた事もある。

本作は85年8月発売、作詞:松井五郎
作編曲は中崎英也で、後に中崎本人もセルフカバーしている程の自信作!

アミハマさんの歌声、もっともっと再評価されて欲しいですね。

結局、この曲も夏の終わりから、翌年の春まで歌う事となる・・・
恋は微熱

86年3月ファーストアルバムのキャンペーンで熊本を訪れた時のアミハマさん。
キャンペーン終了後、ステージでの大人っぽさとは、また違い、キュートで可愛いかった^^
恋は微熱2
もう1枚^^キャンペーン移動中~
恋は微熱3
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。