それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野由美(yumi・o)/遠夢ーあこがれー

2014.09.21.Sun.02:10
遠夢
・1996年9月作品
・NECアベニュー(アベニューノアール)



今日は、今週、ディープ歌謡ベストテン7位にランクインしました、yumi・0の「遠夢」を紹介いたします。


アーティスト名、yumi・oというクレジットが付いていますが、これ小野由美さんなんですよね。
ご本人のイニシャルをアーティスト名義としてつけたものでした。



ごれ、発売日が、96年9月21日という事で、本日が発売記念日という訳なんですね・・・
あれから、何年経ったんでしょう・・・^^
由美さんは、お元気なんでしょうか・・・^^


霊感が強く、宇宙人を見た事があるという、数少ないアイドルでした・・・(笑)


本作「遠夢」は、小野由美歌手デビュー10周年記念シングルとしてリリース!(祝)^^


NECアベニュー移籍第1弾!という肩書きだったのですが、発売同年の96年に、NECアベニューの中に、アベニューノアールシリーズというプランが発足。その第7号作品でした。内部事情は、明確では無いのですが、おそらく、NEC版の買取、委託プランと発売された企画であろうという事です。



どうしても、「どこか幸薄い」イメージが強烈にあった彼女でしたが、シングルたった3枚というアンラッキーな結果だったんでしょうか・・・
それとも3枚も・・・的なラッキーな待遇だったと思いべきか・・・



僕自身、この曲、かなりコウ評価しているのです。^^
それに彼女自身の、涙と血もにじむ思いが、成果として詰め込まれた渾身の1作だと、そう思います・・・。


本作は、リリース前に、松田聖子の「あなたに逢いたくて」の作曲者でもある、小倉良書き下ろしという事で、一部のマニア内では話題を呼びました。^^
両面、小倉さん作曲で、B面の「あなたの夢見て眠りたい」で聖子モードは発揮されている。
遠夢B



「遠夢」を聴いた瞬間、これが、ご自身の事がテーマとなっているのかな?とそう、解釈してしまいました。
レッスンでは、百恵さんや明菜さんの曲を歌いこんできただけあって、ボーカルも根太く、安定感を出ていますよね。
そして、憂いも・・・
それに、このメロディーがいい、哀愁たっぷりで、秋色に相応しい、ジャストフィットした楽曲ではないでしょうか。



ちなみに、このCDリリース前には、「ASAYAN」の再起にかけるオーデションにもエントリー。
「恋しさとせつなさと心強さを」を歌って出場している。


がんばれ、由美ちゃん!
由美さんの再起にかけた、また1からのつもりで、再スタート切った、この作品・・・
再評価、いかがなものでしょうか・・・
スポンサーサイト

小野由美/Heart-Break症候群

2014.01.26.Sun.01:11
がんばれ!由美ちゃん!!と、漫画家の相原コージ氏もエールを送る伝説のアイドル、
小野由美・・・。


MOMOCOクラブ桃組在籍経験もあるんですよ^^

87年3月21日に、この「Heart-Break症候群」でレコードデビュー!
セイントフォーが抜けた、リバスター音産のアイドル議席を彼女が埋める形となりましたが・・・
この、たった1枚のレコード・・・だけでも、凄いインパクトを感じます。


この曲があって、その後の彼女の凄まじいアイドル人生の永い道のりを辿ってみると、余計に、このスタートが不運に見えてしまったり、その一方では、好スタートにも見えてしまったりと、どうか、このデビューが彼女にとって惨事で無かった事を祈るばかりです・・・

しかし、彼女はすごい。なんと、デビュー当時、運よくザ・ベストテンに出演を果たしている訳だから・・・そんな幸運な一面も・・・^^

それは、彼女が3月デビューだったから・・・(春デビューの新人特集にて)

デビューキャッチフレーズは・・・

「ちょっと不思議な女の子」

当時、18才だったアイドル歌手にしては、かなり低めの声と背伸びした歌謡路線・・・
でしたが、今、改めて聴いてみると、
なかなか、カマセテくれる歌謡ロックでパンチが効いててよろしい。

スピード感ある、マイナー歌謡ロックなのに、ティンパレスの音が入っている事で、よりクリスタルなサウンドに聴こえてしまい、なぜか新鮮・・・

サビの部分では歌の上手さも見せ付けてくれている。
また、サビからのコード進行が、「ルパン三世」一連のサントラものに近い臭いを放しておりアクション歌謡としても楽しめたりもする。

アクションと言えば・・・やっぱり、この曲のサビの振り付けのポーズでしょう~(笑)
なんと、右手右足を同時にキックするという、とんでもない大胆な振り付け・・・
(この時、右手は方向指示のようにピストル風に突き刺す感じで。爆)


この振りをやったアイドルは、過去に彼女だけ・・・

色んな部分で、マニアを喜ばせてくれた、がんばれ!由美ちゃんこと、小野由美さんですが。

今も現役のご様子・・・
表での活動は、無いようなのですが、後期は裏方さんや後輩アイドルのサポート役としても、ご活動・・・


ここで、彼女の好きな言葉を・・・

「冬は必ず春となる・・・」

なんか、由美さん自身にとっても奥深い言葉ですね・・・
しかし、いい言葉だ。^^


そして、彼女の夢は・・・

「日本の芸能史に残るタレントになるとこ。」

いや~涙ぐましい・・・無名だとしても、将来、現役アイドル!いいじゃないですか~^^
僕の中では超有名!!^^それにしても、彼女は逞しいです・・・。


このデビュー曲は、当時バンダイオリジナルアニメ「魔龍戦紀」の主題歌となっており、同アニメの12インチサントラ盤がリバスターより発売されており、そちらの方では「Heart-Break症候群」のLPバージョンも楽しむ事が出来るんです。由美さんの曲を12インチで聴けるなんて・・・なんて贅沢な♪小野由美12インチ

12インチLP「魔龍戦紀」歌詞カードより。
小野由美12B

更新は未確認なのですが、「小野由美ファンクラブ」が今でも存在するようで、ファンクラブへ入会すると、ライブ映像や、通販限定ミニアルバム「Simpie」(限定100枚?)の販売もあるとの事。
小野ハートブレイク
1987年作品/リバスター
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。