それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中井貴一/愛しのサブリナ

2013.12.31.Tue.07:49
中井貴一さん、通算5枚目のシングルです。

中井貴一さん、と言えば・・・元祖、しょうゆ顔に代表される俳優さんで、この言葉が出てきた時代に、よく中井さんを例に挙げる人も多かった、ある意味時代を象徴したお顔だちでした。

身長181センチ体重6?キロというスレンダーなイメージと誠実さを兼ね備えたイメージでしたが、彼の代表作でもある「ふぞろいの林檎たち」ではムッツリなイメージも(笑)

俳優デビューは81年なんですが、83年にTBS人気ドラマとなった「ふぞろいの林檎たち」の主演&松田聖子の相手役として話題となった映画「プルメリアの伝説」とW主演で人気沸騰し、翌84年3月にレコードデビューとなりました。

また、映画「プルメリアの伝説」を観た、ビートたけしの一言・・・

もっこり!

・・・この発言から、中井貴一=もっこり。を連想してしまう人も当時、多かった・・・(笑)

言わば、元祖!モッコリの火付け役!!

元祖:しょうゆ顔や、元祖:もっこり俳優という異名を持つ、流行語を生み出す俳優さんだった・・・
という点では、ある意味、有望株!の大モノ俳優さんでしたよね。^^

本作「愛しのサブリナ」は、87年11月発売ながら、春先に発売される新人アイドルのデビュー曲と同等クラスのウキウキ&さわやか度な作品で、ご本人の当時のイメージ、誠実さ、さわやかさ、真面目さの3拍子がピタリとハマルようなナンバーでした
(確か、中井さん本人もウキウキしながら歌っていました~)

ですから、歌手:中井貴一としては、この曲を代表作として僕はプッシュ!したいところですね^^

作曲は、当時、数々の隠れた名曲を生み出したいた中崎英也さん。アレンジに大谷和夫さん。
また、B面「雨のリバーサイド」では、杉山清貴&オメガを連想させるシティーPopにも挑戦、こちらも必聴!!
愛しのサブ利奈
1987年作品/東芝EMI
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。