それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神保史郎 村上舞/ウッキン ウッキン

2014.01.03.Fri.04:43
もう、このレコードジャケットだけでも、ディープ歌謡曲臭が
プンプンしてきそう~^^


マニアにとっては、この臭さがたまりましぇ~ん。

本作は、83年4月発売で、企画モノ色が強いものの、ボーカルにはエフェクトを使用した、
呪文で歌おうテクノ歌謡仕込みのナンバー!


アレンジは矢野立美さんで、テクノ歌謡関係の書籍などで、取り上げられていないものの、これは、まさしく当時のシンセ歌謡に俗するピコピコ作品で、サウンドもどこか、宇宙ものを感じさせるオーガズム度がいっぱい・・・

歌うは、村上舞さんは、当時のグラビアアイドルで、同年、8月に公開された、神保史郎原作による映画「レッドゾーン」にも主演している。
一方、神保史郎さんは、小説家、原作者であり、有名どころでは「サインはV」や「花の子ルンルン」を手がけた人でもある、残念ながら、このレコードのリリースから10年後の、94年に46歳という若さで死去・・・。
もちろん、お二人のレコードリリース歴は、たったこれだけ。
ウッキン
1983年作品/アポロン(ALTY)
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。