それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長沢ゆりか(長沢由利香)/Heaven Day

2015.09.10.Thu.02:12

ヘブンディ

9月1日で、彼女も、あの名曲「恋はショッキングブルー」から、丸30年が経過したんですね。


長沢ゆりかさんデビュー30周年!
おめでとうございます。



それに、僕の記憶では、30年間ほぼ、お歌の活動をお休みされていたかったのでは・・・
と思います^^凄っ!これは表彰もんですね。
「MY BERRY TIME」が出てしばらくして、数回、ゆりかさんとお手紙のやりとりをしていた事があるのですが、その頃も、ライブ活動と曲作りは精力的でした。
なので、この3作目のシングル「Heaven Day」が発売された時は、僕自身もとてもバンザーイ気分^^でした。
「努力が実ったね、ゆりかさん」と心で祝福・・・^^
リリースが93年8月21日発売で、丁度この週に、自分も東京へと上京し、就職・・・
確か、向こうに着いて一番最初に買ったCDでした。町田で買いましたね。
何てとこだったかな・・本厚木にもあったお店です。
でね、休日の時は相鉄線に乗って、湘南海岸まで、この曲などをBGMに持ってよく行ってましたねー^^
だから、今でもこの曲を聴くと、湘南でSunSunの太陽ー!てイメージです。
イメージ的にもデビュー曲を思わす、レモンフレッシュの柑橘系ポップスでノリも良好。

けっこうこのCD今でもレアなんですよね!
比較的、マニアの方でもお持ちの方は少ないと思います・・・
せっかく、スターランドレコード創立組でのリリースCDだったのですが、会社が1年足らずでポシャってしまって(苦笑)。
CDは一斉回収、即廃盤に・・・(涙)

と思っていたら、95年12月にキングレコードから発売されたファーストアルバム「Crescendo」に収録され、再び、陽の目を見る事となりましたが、アルバムでは、リミックスされたものが収録でオリジナル音源を聴くには、この8センチだけ。
それに、カップリングの「Travel My Heart」(こっちのメロディーの方が、「恋はショッキングブルー」のイメージに近い)
は、アルバム未収録。こちらも聴き逃したくないアイテム。・・・という訳なのです。

是非、チャンスあれば、長沢ゆりか幻のサードシングル「Heaven Day」に触れてみませんか♪






追伸:長沢ゆりかさんのブログで「恋はショッキングブルー」が紹介されていましたョ♪^^
http://ameblo.jp/nagasawayurica/entry-12068342390.html


  
 30年後のピ~ス(笑)






スポンサーサイト

長沢由利香(長沢ゆりか)/恋はショッキングブルー

2014.04.30.Wed.18:49
恋はショッキング
・1985年9月発売
・ポリドール


先週土曜日からスタートした企画!(爆)
「今週のディープ歌謡ベストテン!」←ベタたタイトルですが・・・^^
これの、今週第1位にランクインした、この曲の紹介です!

もうなんかですね、この曲は、とっくに紹介したような感じなんですが、初なんですねー^^

しかし、彼女の曲を紹介するのは、これで3度目・・・。
なので、重複した話題もあるかもしれませんが、まとめ的な感じで読んでってくださいね!

もう、この曲はオールシーズン対応の清清しさですよね!^^

彼女のセカンドシングルが発売されたあとに、2~3度手紙でやりとりした事があり、ちょっとだけリアルタイムで僕は彼女の魅力に触れる事が出来ました。
頂いたお手紙より、最初の記事で紹介していますので、そちらの方でご覧になってください。

「恋はショッキングブルー」は85年9月に発売、彼女の念願のデビュー曲です!

福島県出身ながら、石川県の歌を歌ってしまったという・・・金沢市香林坊PRソング♪
もちろん、全く売れませんでしたが、今では「金沢の歌~金沢ヒット歌謡曲のすべて」なる、コンピCDにも収録されている位ですから、地元では県を代表するヒットソングなんでしょう~(笑)

80年代を代表する、爽やか度200%の柑橘系ソングで、明るいメジャーポップス!!


とにかく、POPで聴きいれ安いサウンドとメロディーに、彼女の透き通るような伸びのあるボーカルが印象的。
軽快な曲を、これだけ譜面どおりに歌いこなせるアイドル歌手って、いったい何人いるんでしょう?・・・


彼女の声質がメジャーポップスとの相性抜群!!!

また、B面の「Nice to Meet You」では、癒し系のバラードに挑戦。
清水由貴子の「お元気ですか」に似たテイストな作品で、こちらも二重丸。^^


あまり、知られていないが、レコードジャケットは2種類存在し、通常のものと香林坊仕様バージョンがあるんです。


また、彼女にとってのサードシングル「HEAVEN DAY」、これは93年8月にスターランドレコードより発売されたが、スターランドレコードが1年足らずで、廃業となり、即廃盤・・・幻の1枚となっている。
ちなみに、キングレコード移籍第1弾で発売されたアルバムにも、「HEAVEN DAY」が収録されているが、こちらでは、リテイクされており、シングルバージョンと、そのカップリングは、スターランド時代のCDを入手しないと聴く事が出来ない。

現在も現役、ボイストレーナー兼、ライブ歌手として活動中!
※リンクコーナーでもブログを紹介しています。

由利香時代のあとに、長澤由利香名義で活動していた頃の希少なポスター
恋はショッキング2
恋はショッキング3

あれっ?名義が変わった途端、プロフィール表から、「恋はショッキングブルー」は無かった事になってるのね・・・
(苦笑)
恋はショッキング4

長沢ゆりか(長沢由利香)/だきしめてよ

2014.02.24.Mon.01:19
だきしめてよ
・1995年11月作品
・キング(コナミ)


とても歌声のきれいな・・・ゆりかさんの紹介です。

由利香名義でリリースされた「MY BERRY TIME」に続き2度目の紹介となりますが、長沢ゆりか名義としては初の紹介ですね。

ゆりかさんとは、88年ー89年にかけて、3度ほど、お手紙でやりとりをしていましたので、当時から、ゆりかさんがやりたい音楽とは・・・こうなんだ、こういうもんなんだ!って言うのが、決意表明みたいな感じで、ヒシヒシと伝わって来ました。

小学校低学年の頃から、歌う事で大好きで、それに重ねてTVに出てみたい・・・
と、ずっと思い、母親に頼み込んで、のど自慢の番組に応募してもらって、それが見事・・・合格!。
これが、きっかけで、歌手への道を志したという・・・

その、イメージからは、あまり結びつきませんが、母親から見ても、すごく根性のある気質らしく、負けず嫌いの性格だっったという・・・
現在は、どうなんでしょう~(笑)

与えられた楽曲を、きちんと譜面どおりに歌いこなしてしまう所なんぞ、そんな性格から生まれてきた、芸術作品なのかもしれませんね。

しかし、ここまで、上手く歌いこなすのには、彼女なりの相当な努力があったようですよ・・・

あの・・・凄い顔ぶれが肩を並べた、堀越のD組(南野陽子、長山洋子、岡田有希子など)の同窓会の時は、なんと、ゆりかさんが「幹事」なんだそうですよ!(笑)

デビューは85年、長沢由利香として、その後、88年に由利香名義で、あまり知られていないが、翌、89年から90年頃にかけては、長澤由利香名義での活動の時期もあった。

この時、すでに自作のストック曲も多数あり、ライブを中心に、アルバムで聴かせられる歌手を目指す。という信念もあったので、95年、待望のファーストアルバムがリリースされた際には、僕も、その頃の事も思い出し、本当に嬉しい気持ちになりました。^^

本作は、95年、キングレコードのコナミレーベル移籍した年に発売された、通算で5枚目のシングルです♪

11月リリースながら、春を思わせる、彼女お得意の爽やか系ポップナンバーに仕上がっており、今の時期にピッタリかな~って感じです^^
特に、キングレコードからリリースされた8枚のシングルのうち、本作が一番、デビュー当時の路線を彷彿とする仕上がりで、とても清々しい・・・
柑橘系ソング♪


本人作詞作曲によるナンバーで、アレンジは谷村有美などで有名な、西脇辰弥が担当している。
どことなくサウンドと、コーラスのフィルター処理が、アースウインド&ファイヤーを思わす雰囲気^^

イントロなしで、ゆりかさんの元気っぱいの歌声が突然入る、曲の構成なのですが、イントロの方も楽しみたい~て人には、同年、12月にリリースされた、ファーストアルバム「クレッシェンド」をおススメします。
「だきしめてよ」のイントロ入りのアルバムバージョンが聴けますよ^^
こちらも是非!

個人的には、このCDは当時、大阪の難波で買った1枚で、思い出の1枚でもある訳なんです。
大阪の街を、北から南方面へ南下してゆく時に聴いていた時の事を思いだすな~^^

そうそう、カップリングは、あのカーペンターズの名曲に英語詞でチャレンジなんですよ!
これも、聴き心地イイですよーぐっすり安眠できそー^^♪


今もなお現役!ご本人の夢どおりライブ活動を中心に続行中!ボイストレーナーとしてもご活躍^^
ブログもあるので、現在の、ゆりかさんにも、要チェックです!!

ゆりかさん、新曲を待ち望んでおります。それと「恋はショッキングブルー」ライブでやってください!^^
あとセルフカバーCDも是非!(笑)

※YouTubenにて「だきしめてよ」2012年ライブバージョンがUpされていましたので、リンクコーナーにて貼り付けしておきます。(原曲とは異なるアコースティックバージョン仕様)

由利香/MY  BERRY TIME

2013.03.19.Tue.15:56
85年に長沢由利香としてデビュー。
愛称は、リッチー。
その透明感ある歌声が特徴で、同期では村田恵里に近い存在と歌のスタイルで、アイドル歌手志願というより実力派シンガーを目指すタイプの人でした。あっ、リリース間かくだってお二人似てたりします。笑

また、デビュー前には「ザ・トップテン」等、スケジュールの都合で音あわせが出来ないアイドルの代行歌手も、やっており、この事からもわかるとおり、譜面通りにキチンと、あらゆるジャンルの曲を歌いこなせる歌手でもありました。

高校時代のクラスメイトが岡田有希子や南野陽子らがいた堀越の3年D組出身。

こちらはセカンドシングルで「由利香」としてリリース、デビュー曲から約2年半後というブランクを経ての待望のリリースとなりました。ポリドールとしては、このレコードは関東ローカル扱いで、地方は取り寄せすれば手に入るシステム販売でした。

この曲は相模湖のイメージソングにも起用されており、サビが耳に残るキャッチーなナンバーです。
この曲に関しては、やや早見優さん似かな。

とにかく、明るく爽やかなメジャーポップスを歌わせれば天下一品な女の子。

しかし、このジャケ写は酷い、酷すぎる・・・
本人が可哀想・・・
実物の方が、何十倍も可愛い。

90年代には長沢ゆりかとして復活!
IMG_0214.jpg

直筆サイン入り生写真 
IMG_0525.jpg

リリース当時に、ご本人がら頂いたお手紙
IMG_0679.jpg
♯179
お題「MY BERRY TIME」
歌手名:由利香
レコード会社:ポリドール
発売:1988年
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。