それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水舞子/恋人塚

2013.04.05.Fri.00:55
歌い継がれてゆく牧奈一慶の世界~

今夜は、清水舞子さんの「恋人塚」と共に牧奈一慶さんの世界に触れてみたいと思います。
清水舞子さんは関西を中心に活動されていたアイドル

まずは、清水舞子さんデビュー30周年おめでとうございます!
そして、今年はこのLP「恋人塚」誕生!30周年記念でもありますね。

「恋人塚」発売30周年記念!と言う記念の年に、新年早々、哀しい知らせをニュースで知りました。

この「恋人塚」を近年まで歌い継いで来られました亜紀ひとみさんが亡くなられました。
難病と闘いながらも、元気いっぱいに関西を中心にご活躍でしたが、まだ若かっただけに非常に残念です・・・

亜紀ひとみさんは94年10月に「恋人塚」でキングレコードよりデビュー。実はカップリングに収録されていた「ふたりだけのミニシアター」も清水舞子さんのアルバム「恋人塚」に収録されていた作品で、亜紀ひとみさんは、そのまま清水舞子さんの作品を受け継ぎ、後継者として歌い継いだ歌手となります。93年の出来事ですから、丁度、発売から10周年の事でした。
その後、亜紀ひとみさんは98年に「嵯峨野恋歌/恋人塚」を再度発売している。それ位、ご本人に対してもこの曲は思い入れがあった作品だったのではないでしょうか・・・

やっぱり´塚´ってタイトルにつくと、どこか物哀しい気持ちになりそうなんですけど・・・
この清水舞子さんのアルバム「恋人塚」も全体的を通して、どこか切なく、哀愁たっぷりの旅情歌謡だったりします。ベースはフォーク歌謡ですが、可愛い声で歌う舞子さんの歌声とルックスはアイドルファンからもコレクターズアイテムとして人気です。まさに京都を代表する隠れ名盤でしょう。

曲についても色々紹介してみたいのですが、かなり長くなりそうなので、ここでは「恋人塚」にゆかりのある作品たちを、みなさまの情報、参考資料にしていただければと思い紹介してみます。
IMG_1401.jpg

「恋人塚」LP、A面レーベル
IMG_1397.jpg
A面、全6曲西田陽一こと牧奈一慶作詞担当。作曲は三木たかし、青木望、高木麻早が作曲した「メモリアル」は、デビューシングル「蒼い日記」のB面です。

「貴方とよく似た人へ」は、その後→飛鳥あおい(元乙女隊リーダー)「芸道占術恋愛専科・愛は波濤を越えて~占い詩人・牧奈一慶の世界」(日本クラウン)91年11月発売にてカバー

「十年後の私」は、その後→杏那美由紀「京都建都千二百年に想う~京都・墨絵の街 雨のラブソング~杏那美由紀・牧奈一慶の世界を語り歌う」(キングレコード)93年7月発売にてカバー

「恋人塚」LP、B面レーベル
IMG_1399.jpg
B面、全6曲こちらも全作詞、西田陽一担当。
1曲目「蒼い日記」は清水舞子のデビューシングルであり、ニューユースレコード第1弾レコードでもありました。当時、デビュースポットがかなりニッポン放送で流れていたのを記憶しています。

「くにたち」は→亜樹千尋デビュー曲「くにたち」(エルボンレコード)(79年発売)をカバーしたもの。

「ふたりだけのミニシアター」は、その後→亜紀ひとみ「恋人塚」(キングレコード)94年10月発売のカップリングとしてカバー
と、それぞれの歌手によって歌い継がれている。

ちなみに、「貴方とよく似た人へ」をカバーした飛鳥あおいさんは、乙女隊結成前に、83年西陽子として「君は黄昏の似合う人」でデビュー、このレコードのB面「祈りをこめて あの人に」のバックコーラスを清水舞子さんが担当。この西陽子名義のデビュー曲は飛鳥あおい時代のアルバムにもセルフカバー収録されている。またこの飛鳥あおいのCD「愛は波濤を越えて」には「蒼い日記」や「夏の京都」のカバーも収録されており、なんとも奥深い。IMG_1390.jpg

♯209
お題「恋人塚」
歌手名:清水舞子
レコード会社:SMS(ニューユースレコード)
発売:1983年

是非、牧奈一慶と清水舞子の世界に触れてみてはいかがですか・・・
切なくも、メルヘンチックで、温かな世界を感じられる事でしょう。




スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。