それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉本彩/B&S(BODY & SOUL)

2014.04.07.Mon.14:04
BS1
・1990年1月作品
・日本クラウン


当時の時代背景とサウンドがマッチしていた、彩さん4枚目のシングル♪

発売は、90年1月リリース!
いよいよ、90年代の到来に、誰もが、希望と期待に夢、膨らませたあの頃・・・

社会全体が、浮かれていた・・・なんて表現も・・・。^^

レコードデビューは、88年だったのですが、歌手:杉本彩として、TVで、暴れまくってくれてたのは、この頃からで、90年代セクシーアイドルとしてのイメージの方は一般的には強かった。

タイトルの「B&S」とは?
ボディー&ソウルの略。

本作の衣装のコンセプトは、彩さんいわく・・・

「エッチなカウボーイルックです!」との事でした^^

この衣装になった、きっかけは、発売前に、外国のエッチな雑誌を見ていたら、すご~くいいな~コレ!と思って、直ぐに、発注し、デザインしてもらったそうなんです。
ですから、衣装に関しては、彩さん自己プロデュース!だった・・・って訳ですね^^



彩さん登場から、数年後、アイドル界でも、史上最大クラスのセクシーアイドルブームが到来!する訳なんですが、どんな事でも、最初にやったもん勝ち!で、彩さん以上の露出をやった子が登場しても、彩さんを超えるような人は、現われ無かった・・・というのが正直な印象・・・。


目標であり、好きなシンガーは、エイスワンダー。


また、90年という年は、彩さんにとっては歌手として勝負の年!でもあり、学園祭の女王に君臨!
同時期には、永井真理子、千堂あきほ、伊藤智恵理、黒沢律子、そして岡本夏生など、総体的に見ても、学園祭アイドル&シンガーが盛り上がっていた時期でもありましたね^^


「B&S」はバックバンド、ホタルイカを引き連れての演奏~


とにかく、肉体的に、そして野生的に、、体全身を使った、汗だくのパフォーマンスが印象的で、カッコよかった・・・

当時、彩さんの好きなタイプの男性は・・・中央市場や佐川急便にいるような男性で、自分のカッコよさに気づいていないような、そんなタイプ・・・だったと言う。男に汗を感じるように、彩さん自身も汗だくで、本作は熱演してくれましたよね~^^

曲はあまり売れませんでしたが、歌番組の露出もハンパ無かった・・・


「ミュージックステーション」には、本作で初登場!
BS4

2曲沸がある時は、B面の「GIRL FRIEND」も、ユニホームルックで歌ってました~
BS2
BS3
「ザ・ベストテン」終了後、後番組として、木曜10時~スタートした、音楽番組「音楽派トゥギャザー」こちらにも、発売前に出演。司会は黒柳徹子と高田純次
BS5
BS6
番組セット、演出が「ザ・ベストテン」ぽかった・・・
彩さんが歌っていると、大勢のサラリーマン男性が群がり、襲われそうになる・・・という、とんでもないハレンチな演出(笑)
BS7
スポンサーサイト

杉本彩/BOYS

2013.04.08.Mon.00:42
彩さんも、レコードデビューとしては、今年25周年の年ですね。
今月4月21日がデビュー記念日となります。

杉本彩さん、歌手デビュー25周年おめでとうございます!

今、思えば・・・90年代セクシーアイドルたち全てが目標していた人と言っても過言ではないでしょう。
90年代セクシー系、その原形のようなお方。まさに原石。

今は、彩さんとか、彩さまとか、、呼ばれてらっしゃいますけど、レコードデビュー当時は、彩ちゃん!でしたね。懐かしい響きです。

このデビュー曲、あまり売れませんでしたが「BOYS」こそ、その後の杉本彩ブレイクまでの方向性を決定付けた作品で、その後シングルでは最初のスマッシュヒットとなる「B&S」の頃ほど、レコード会社もプッシュしていませんでした。
が、これがもし・・・デビュー曲が「B&S」で「BOYS」が4~5枚目のシングルだったとしたら、間違えなく
、この「BOYS」はヒットしていた事でしょう!・・・ホントそう思います。
その点が「B&S」や「ゴージャス」に比べて、一般的認知度が低くて残念なレコードだったと思います。

実際、今聴いてみても完全にセクシー路線に走らされてからの曲に比べてみると、流行廃りを感じさせないサウンドと彩さん御自身が歌手:杉本彩の部分を迷う事なく没頭し、そして懸命さまでもが伝わる1枚では無いでしょうか。しかも初々しさも感じられますね。歌声から。笑

「BOYS」の頃、彩さん19歳・・・
最初、レコードデビューの告知を観た時、山本リンダの再来を予感させてくれました。
クラウンレコードからは、最初ポスターデビューだったんですよね。

初めて「BOYS」をTVで歌っている姿を観た時は、もうそれはそれは嬉しくて感激でした・・・
「あ~この方は、キレイでありながらも観る側を楽しい気分にさせながら歌ってくれる人なんだな~・・と」
これが、第一印象でした。あと、11PMなどでは、裸足で歌っていたので、彩さんこそ

元祖!裸足で歌う歌姫・・・かもしれませんね。
デビュー曲「BOYS」をフューチャーしたアルバム「彩」が追って7月に発売され、こちらには「BOYS」の別バージョンとして、TokyoMix(英語詞ロングバージョン)が収録。
♪BOYS BOYS BOYS~のフレーズ・・・彩さんの発音がシングルと英語バージョンでは異なる点にご注目!
ちなみに「BOYS」は全て裏声で熱唱~。

アルバム「彩」のトップに収録されている「SHINING」を始め、セカンドアルバム「水の中の小さな太陽」には、彩さん王道のディスコビートものだけではなく、AOR路線の曲なども収録されておりドライブにもおススメの作品です。ヒットした「B&S」以前の歌手:杉本彩の部分にも高く評価しています。

2004年に発売された「ゴールデンベスト」が既に廃盤で、「BOYS」のシングルバージョンが、また気軽に入手出来なくなってしまい残念な限りです。廃盤になっていますが8センチCDとしても発売されていました。
IMG_1263.jpg
♯221
お題「BOYS」
歌手名:杉本彩
レコード会社:クラウン
発売:1988年

「BOYS」を歌う杉本彩
IMG_1565.jpg

88年7月放送、ファーストアルバム「彩」より、TVで歌った「素肌の夜」(NTV「11PM」より)
素肌の夜1
素肌の2
素肌の3
素肌の4
※杉本彩デビュー「BOYS」宣伝用告知ポスター
BOYSポスター
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。