それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸岡菜穂子(諸岡なほ子)/有罪(ギルティ)

2014.01.06.Mon.22:25
なかなか、90年代のB級アイドルポップス系は、再評価が遅れている状況の中、ここ10年で、一番、人気&再評価を受けているのが、この諸岡菜穂子でしょう。

特に、「歌謡曲」ファンから絶大な支持を受け、今だ、コレクター人気も高い。

また彼女の作品では、、本作「有罪」・・・と書いてギルティと読む。
が、
一番人気の曲なんです。

「有罪」の発売は93年1月リリース。

モロちゃんは、僕と同じ福岡県大牟田市出身、1975年4,19生まれ。
91年、NHK「新人歌謡コンテスト」にてグランプリを獲得!
その際に歌った曲が、1次予選、長山洋子「瞳の中のファーラウェイ」で、決勝で伊藤智恵理の「夢かもしれない」を歌っている。なんてマニアックな選曲なんだ・・・^^

また、CXドラマ「キモチいい恋したい!」ではレコードデビュー前に、吉田栄作の妹役として出演、大抜擢。

それから、91年11月にソニーからデビュー!所属事務所は研音。

実は、この時期のソニーは、アイドルの部署を閉鎖し、次々とリストラを行う一方の中、・・・

唯一、アイドルというスタンスで売り出されていたのが彼女だけ・・・だったんです。



セールス的には、時代が時代だっただけに、チャートインする事もありませんでしたが、1曲目、2曲目、3曲目と、だんだん曲が良くなったケースのアイドルで、セカンドシングル「真夏の快感」と共に、歌謡曲路線の王道を突っ走った。

とにかく、マニア人気の理由としては、歌が上手くて、曲がカッコイイ、どこか懐かしいメロディーも心地良い・・・

という、意見も多いようですね~

あと、歌っている姿も、凛としてかっこよかった・・・

歌唱力も定評があり、これだけの大物作品で、事務所は研音で、レコード会社はソニーと・・・
そこそこ売れても、おかしくなかったのに、全く売れなかったのは、「アイドル冬の時代」のせい、だったのでしょうか・・・?
もっと、もっと、正当な評価を受けて欲しい楽曲のひとつです。

その後、「世界ふしぎ発見!」ミステリーハンターとしても話題に^^

現在は、諸岡なほ子として活動中!
有罪
1993年作品/ソニー
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。