それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永瀬正敏/夏のマドンナ

2013.06.11.Tue.19:09
彼の青春アイドル時代に発売したセカンドシングルです。
リリースは83年7月。

永瀬くん、新田純一、森尾由美、菊地陽子などが出演していたNHKジュニアドラマシリーズの確か最後のドラマシリーズ「だから青春 泣き虫甲子園」の挿入歌。
実質は、歌よりインストの部分が流れる事が多かった。笑

今じゃ、名俳優の永瀬くんですが、俳優はもちろん、デビュー当時からの歌唱力には予想以上だった・・・
というか、驚かされるばかりでした。予想越え!!

この「夏のマドンナ」に関しては癒しの粋に・・・入るような、そんな爽やかさがボーカルから滲みでています。
とにかく永瀬くんの素直過ぎる歌声がポイント。

一瞬、♪古いアルバムの中に~隠れて、想い出がい~っぱい・・・って歌いそうになっちゃう、H20「想い出がいっぱい」をインスパイヤしたメロディー。

これも、作曲が同じ、鈴木キサブロー氏の遊びごころセンスなのでしょうか。。。笑
デビュー当時の彼は、大江千里さんに近いようなイメージで、ちょっと頼りないイメージに魅せといて、実は骨太な気持ちを持ったカッコよさが男からみても共感が、ありましたね。

B面「おもいっきりの青春」も、小椋佳氏作詞作曲による同じイメージの秀作ぶり。
アレンジは両曲とも星勝氏。

やんちゃなマッチや竹本孝之の歌声も好きだったが、今改めて聴くと、80年代男性アイドルのボーカルでは、永瀬くんの歌声が僕の中ではベストなのかもしれない・・・

今年の夏も聴きます、このレコード。

IMG_2575.jpg
1983年作品/CBSソニー
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。