それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水谷麻里/乙女日和トップテン初登場!

2015.09.06.Sun.14:38


こにゃーにゃーちわぁ~(笑)






秋日和・・・いや、

乙女日和・・・







乙女日和の今日この頃♪





先日ブログに水谷麻里さんへのコメントが入っていたので、麻里ちゃんをお届け。
頂いたコメントは今後の記事へと繁栄させていただきまーす。





という訳で、昔のビデオを引っ張りだして・・・






伝説の・・・「乙女日和」初登場!



乙女2

可愛いです。けな気だな~と当時思いました。
ホップ・ステップ・ジャンプで悲願のトップテン入り第10位初登場!
ファンのみなさんに感謝の気持ちを込めてやってくれた、彼女のパフォーマンスは、お顔に「らくがき」(笑)
ありがとー。^^
トップテン史上、初登場の大切な晴れ舞台だというのに、顔にらくがきをして歌ったアイドルは・・・??
無論、彼女が最初で最後!?!
オリコンでも第9位を初キープ!。



乙女1

大晦日のレコ大まで、ほぼずべての賞レースで「乙女日和」を歌い上げてくれた勝負曲♪
彼女のシングルの中では、比較的大人し目で、冒険心旺盛だった、とびっきりなナンバーとは、いかなかったものの、しっとりとした、秋色のパステルカラー作品。不思議と、コレ旅先で聴くと、キュンと来ちゃう。
なんか、いいね。^^





さてさて、この日のトップ・テンが伝説となってしまったのは、らくがきの件だけではなかったり・・・




乙女3

なっ、なんと、まさかの生放送で、歌っている麻里ちゃんよりも、清水香織さんのドアップが映り込んじゃったり・・・(笑)






清水香織さん、まさかのトップテン同時に初登場!
(映り込み)笑










乙女5

と・・・思っていたら、勇直子に、真璃子、その奥には、山瀬まみ、藤井一子、段田男、湯江健幸まで!!!


実は、この日は「第19回新宿音楽祭」の本選の日と重なってしまい、入賞者の記者会見とブッキングしてしまったのだった・・・
な訳ねー。
そこに水谷麻里ちゃんの中継が入り、会見場にて「乙女日和」歌う~♪(笑)




乙女7

絵的に観ると、なんとも他の候補者の方々が・・・待ち○たびれてしまっている。
そんな空気がブラウン管から、ぷ~んと流れてきたのですが・・・(汗)



やっぱりそれぞれ自分の歌を歌いたいよね~
少年隊は居なかった^^





「チェック・ポイント」や(笑)




「26時のシンデレラ」とかとか、、、(笑)





ね!(笑笑)






しかし!!!!







真璃子さんに注目!!!!!





乙女4




真璃子さんたったひとりだけ・・・「乙女日和」を口づさみ、手拍子をやってくれてるじゃありませんかー



これ、この時の事を、真璃子さんに先日お会いした際に聞いてみた・・・

真璃子さんたったひとりだけ、手拍子して、麻里ちゃんの歌を口づさんでくれていましたよね~?
名前も同じマリちゃんで、作家さんも同じだったりしましたよね・・・(笑)
に対して・・・

同期の中でも、彼女は少し歳が離れてて、すごく賞レース中も、妹みたいな感じで可愛いかった。
だから、トップテン初登場は私まで凄く嬉しくなって、歌ってました。
そして次は私もがんばろう・・・て^^





と、言う事でありました・・・
微笑ましいですね^^。




同期の中でも、少年隊の次をどちらか2枠目を争うマリマリコンビだっただけに、意外?!、いいえ、この映像を見返しながら、賞レース愛も感じました^^





スポンサーサイト

水谷麻里/ポキチ・ぺキチ・パキチ

2013.06.19.Wed.02:18
アイドルポップス史上!ヘンテコタイトルNO,1な夏ソング♪

先日、相沢会長がお亡くなりになった時に、最初に思ったのがユッコに再会出来たかな・・・思いましたね~。
次に思ったのが、過去に所属していたタレントが、どの程度まで弔問に訪れたのかが、凄く興味深かったんです。

TVで、放送された人以外で、最初に思ったのが、この水谷麻里さんでした。

80年代でサンミュージック一押しのメンツの中では、彼女が一番引き際が潔かった・・・という意味では活動が短命でしたね。
そして今、まぼろしのアイドルの一人として、マニア内ではカリスマ的ポジションに位置し、コレクター人気の根強よなすら感じる存在です。

こちらは彼女にとっての5枚目のシングルで、イメージ脱皮作でした。
サウンドが中原めいこ風で暑苦しい・・・良い意味でね(笑)

麻里ちゃん代表のサマーポップスでしたが、実際には、この次に出て「バカンスの嵐」が7月発売で夏なんですけど、サンミュージックお得意の1シーズン先取りソングで、もう夏気分。

この頃まで、セールス的にも、まずまずだったんですけどね、事務所的にはイマイチだったのかな・・・
バックダンサーとして、初代:パンプキンが踊って、コーラスもやっていましたね。
楽曲的には1年目より2年目の方がユニークなんですけどね。

あと、麻里ちゃんの右腕のことも当時ファン内で色々な噂が飛び交っていましたが、真相は・・・^^

彼女の曲って、ホント元気もらいますよね!!
IMG_2595.jpg
1987年作品/ビクター

IMG_0863.jpg
※水谷麻里デビュー告知ポスター
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。