それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原本玲子/真夏日

2013.06.20.Thu.14:04
90年代最後の夏に登場した歌姫。

デビュー曲は99年5月に「The Last Game~もうひとつのノーサイド」でデビュー、こちらの作品はユーミンの「ノーサイド」をサンプリングした、クラブ系サウンド。
限定でアナログ盤もリリースされクラブDJにも、モーレツのアタック攻撃でした!^^

その2ヶ月後に、もう新曲へとシフトチェンジ、こちらの「真夏日」がリリースとなります。

デビュー曲はサンプリングされたものだし、HipHopとのコラボ作でしたので、プレデビューみたいなもの。
ですから、この「真夏日」が正式デビュー曲と言ってもおかしくないでしょう。

ファンハウスがBMGと合併後に、ファンハウス版のMISIAとしてアプローチしたのが彼女でした。
前年にBMGからはMISIAが大ブレイク、合併会社のレーベルとしても、その抵抗埋馬という意識もあったハズ。

こちらの「真夏日」は、R&Bテイストのサウンドに乗せたミディアムチューン。
聴けば聴くほど、あなたの心の名曲になります。

真夏の午後に・・・平凡な日常、ひとりきりの時間に・・・おススメしたい作品。

う~ん、静かな夏。
まるで、日焼け後を冷ましてくれるような曲仕上がり。

しかし、僕は女性ではないので、この女性目線ならではな歌詞は上手くわかりませんが・・・

曲の展開が、凄くドラマチックで、情景が思い浮かび安い曲ですね。^^

サウンドは、その後、2000年代にムーヴメントとなるクラブサウンドなアレンジなのに対して、歌詞は90年代初頭に流行ったガールポップ風だったりします。このギャップが・・・
聴いてみるべし。

2曲目に収録されている「そういうふで」は、サウンドがモロMISIAそのまんまで、むしろ原本さんご本人は、こっちタイプの人なんかな~って思っちゃいました。
IMG_2631.jpg
1999年作品/BMGファンハウス
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。