それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森川美穂の元・親衛隊長、F田くん。

2015.06.11.Thu.20:43


眞璃子さんと、三枝の一件から、またまた、嬉しいニュースが舞い込み、福岡親衛隊時代に、一番仲が良かった親衛隊長さんとも連絡を取る事が出来ました。^^

どうやって、連絡が取れたのか・・・というと、これまた三枝が、約1年がかりで、色々と調べてくれて、メールが実現出来たという訳で・・・(三枝、あれ以来、快調です)

一昨日、F田くんから、メールが僕のところに届き、今も、福岡市内で元気にしているとのこと・・・。

もう、その返事の内容を読んだ瞬間・・・嬉しくて嬉しくて、そして、懐かしくって・・・。

これで、また点と線が、ひとつ繋がったみたい・・・



ところで、何で?美穂ではなく、みんな「森川」って呼ぶようになったかは?!単純に、同期に中山美穂が居たから!(笑)
だから、親衛隊は、みんな森川って言っていた・・・。




F田くんは、僕の1つ年上で、元・森川美穂の親衛隊隊長さん。
それも、森川の全国の総隊長さんだった・・・

森川が苦戦している時代から、共にしてきた頼れるお兄さん・・・。
きっと、森川美穂さんにとっても、そうだったと思う。

それこそ、F田くんに誘われて、森川のキャンペーンにはけっこう・・・もうねー(笑)
そのお陰で、森川とも会わせてもらえたり、バップの営業所からも、親切にしてもらえた・・・。

考えてみたら、三枝は、眞璃子・・・
F田くんは、森川美穂・・・
熊本と福岡の親友二人は・・・。
そろいも揃って^^

ぼくらが応援していた主力のアイドルって、こうもニューミュージック一歩手前?のような音楽志向のアイドルが多かったんだろう・・・(笑)
しかし、生歌でも歌がキチンと歌えるアイドルさんばかりだったから、余計な心配はしなくて良かったかな・・・(苦笑)

ちなみに、F田くんも、「教室」から、バップラストの「チャンス」まで、ずっと森川一筋で、隊長さんを務めあげたんですよ。
偉いでしょ?!^^




F田くんとは、数多い、福岡の隊長さんの中でも、一番仲がよくって、17才くらいだったかな・・・
僕が生まれて、福岡市でお泊りさせてもらったとこも、F田くんちだった・・・。
だから、F田くんとだけでなく、F田くんのお母さんとの思い出も色々と・・・(笑)

それから、当時、地元にまだ、モスバーガーが無かった時代に、福岡の六本松にある(今でも憶えている)、モスバーガーに、F田くんが連れてってくれたこと・・・
だから、今でもモスバーガーを食べる度に、思い出す。

いつも、「なんしょーとや」、「なんか、食うーか」と、口癖にように言ってくれていた、大切は、アニキであり、親友・・・。

もう、25年くらい、会えてないけど、いつか、みんなで同窓会を実現させるのも、密かな楽しみ・・・。

今だったら、場所は、カナロアかな・・・(笑)。



今夜は、森川聴いてみようかな・・・♪






スポンサーサイト

森川美穂/ブルーな嵐

2014.01.07.Tue.22:47
森川美穂さんは、ここでは2度目に登場となります・・・

「ブルーな嵐」は、85年10月発売のセカンドシングルで、約半年間、がんばって歌っていた曲なんですよ。

こちらも、ひとつ前で紹介した「経験・美少女」と同じ85年、作詞で、三浦徳子さん担当。


後にも、先にも、彼女の曲の中では、ある意味、異色な作品で、歌謡ディスコティックな仕上がりになっております。

実は、森川さん、初期の作品の中でも、この曲と「サーフ・サイド・ブリーズ」が嫌いらしくて・・・ベスト盤「ハーベスト」からも、この2曲は、選曲から外してある位なんです。

ご自身が、歌われた初期の作品で、歌謡曲ラインのものは、当時・・・苦手だった・・・との事。

僕は、「森川美穂歌謡曲を歌う」作品の中では、森川さんの歌唱も含め「ブルーな嵐」最高傑作!と思っています^^

アレンジをやった、鷺巣詩郎さんのが、狙った!とも思われる、不協和音を発するアレンジも、少女の、とても微妙な感性を音で上手く表現されていて、かなりハードルの高いサウンド構成で、大評価しています。

2番サビあとの、メロもいい・・・(泣)

かなり、ヒスっぽく歌っている森川さん・・・
あまり、好きじゃない曲を歌わなくては、いけない、という感情も有ったか?無かったか?
も含めて、それがクールなボーカルに現れ・・・上手く調和されていて、やっぱり何度聴いてもカッコイイ。

森川さん、大健闘です!がんばったんですね。
ブルーな嵐
1985年作品/バップ

NTV「うるとら7:00」に出まくって歌っていた時代・・・
「ブルーな嵐」より。
ラメ入りの真っ赤なダブルジャケット風の衣装は、まるで特攻服みたい。
ブルーA
野外でも・・・突風の中、歌いきりました^^
ブルーB
ぶるーな10
ブルーな9

森川美穂/クリスマスはどうするの?

2013.11.17.Sun.01:26
87年は森川美穂の当たり年!

「おんなになあれ」で始まり、「ヌード・ヴォイス」で〆る、森川流美学を感じました・・・
なんせ、ご本人が「おんなになあれ」は、やっと出会えた、歌いたかった曲・・・と言うくらいですから(笑)

やっぱり、小森田さんが気の毒に思えます・・・(笑)

ハッキリ言ってアイドルポップス好きの僕としては、このアルバム苦手でした・・・(あはは)

多分、森川さん自身は好きだったんじゃないかなー・・・と。

僕は森川美穂を語るには、やっぱり小森田さん抜きじゃー考えられないんですよ。^^
「教室」「姫様ズームイン」「チャンス」あとアルバム「多感世代」「ハーフコントラスト」など沢山・・・

このアルバムで一番アイドルっぽかった作品が、この「クリスマスはどうするの?」でした。
そして、小森田実さんの作品です^^

恐らく、彼女では唯一のクリスマスソング♪で、とても可愛い曲!

「クリスマスはどうするの?」と聴き手に選択技を与えてくれるあたり、ワクワクしちゃいますー^^

♪クリスマスに逢いに来て、微笑みを連れて~

♪クリスマスを飾りたい、今年はあなたと~

「今年はあなたとー」って来年が決まってない所も好き、永遠じゃなく・・・今年のクリスマスをとにかく楽しくするぞー!みたいな・・・

この曲ってコンサートで歌ったら凄い盛り上がるタイプの曲だろうな~
今更ながら・・・。

楽しいクリスマス、Happyなクリスマスを過ごすなら絶対!この曲。
今でも外せないクリスマスソングです♪
ヌードボイス
1987年作品/バップ
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。