それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡村有希子(渡辺かえ)/哀しみのレイン・トリー

2014.01.31.Fri.13:41
岡村有希子さんのデビュー曲です!

まずは、この「哀しみのレイン・トリー」から、今年でデビュー30周年。

渡辺かえさん、デビュー30周年おめでとうございます!!

以前、「眠れない・・・眠らない」は紹介済ですので、一緒にご覧くださいね!^^

「不運のアイドル」・・・という代名詞を挙げると、必ず、彼女の名前を思い出す人も多いのでは無いでしょうか?。

いえいえ、意外とご本人は、あっけらかん・・・としているご様子^^

いや~でも、彼女・・・なんだかんだで芸歴永いですよねー
スタミナを感じます。^^

ユッコとユーリンの関係ネタは、よくあるネタなので、あえて解説はしないという事で、進めてゆきたいと思います(笑)
こう言った、いわばネット時代になってから、再評価を含め、忘れられる事なく紹介された・・・という意味では、ネタを含めて、打ってつけのアイドル歌手ではないでしょうか^^ユーリン♪

ネタにし安いという事も、今となっては功を奏した・・・と言うか。(笑)

いくら、一押しアイドルだからって・・・目立とうと、

自己PRの「趣味は、ボディービルです!」

は、アイドルらしからぬ発言だった・
・・


ユピテルレコード最後の大型新人、所属は青山芸術企画で、その後、92年にはアイドル歌手、山本智美(バップレコード)も輩出している。(彼女も細々と芸歴が永いタイプ)
メーカーイチ押しで、当時の明星や平凡などの歌本などで曲が同期アイドルと同じ扱いで、紹介されるも、特に人気の歌番組への露出は少なかった・・・

しかし、彼女の出身でもある下関市は、福岡県と隣接する土地柄・・・という事もあり、福岡放送の番組が観れる地域でもある訳なのです。
地元出身期待の新人と、いう事もあり・・・中国、九州地方のキー局での、露出は、けっこう多く、番組によってはB面まで歌っていた。

この年の5月には、博多どんたくの新人まつりにも岡田有希子らと出演しており、オープニングでは、ユッコと一緒のテーブルに座る演出も・・・
更には、9月に福岡で開催された、KBC新人音楽祭(視聴者投票、レコード会社推薦による)にもノミネートし、本選に出場している。
そう考えると、地元九州での活動あっての、アイドル時代だったようですね・・・

親衛隊には、レコード会社が、経費でハチマキなどの特攻セットを準備してくらたという力の入れよう。

キャッチフレーズは「夢見るリセエンヌ」・・・

フレンチポップスのフィーリングを持った、アイドルポップスとしてアプローチしましたが、フランス、フレンチ系で成功したアイドルポップスを当時としては稀で・・・、シックに決めてみましたが、地味に終わってしまった印象強し。
デビュー曲のサビも情熱的で良かったのですが。

ユーリン本人の、あっけらかん・・・とした明るいキャラクターを印象付けるには、2作続いてマイナー路線は、作戦失敗のような。
メジャー展開した、B面の「パリ行きエアライン」、「アイドルを探せ」のタイプの方がご本人のイメージに近く、ユーリンの声の伸びと、透明感を生かされている。

しかし、改めて聴いてみると、歌が上手かったアイドルだったんですね~
しかも、アイドルに適した声質の持ち主だったんだなーと・・・

あれから、30年経っても・・・色あせる事のない、このボーカルがアイドル歌手:岡村有希子の存在を証明してくれています。
現在は、渡辺かえとして活動。
哀しみのレインとリー
1984年作品/ユピテル

レッッヤン初登場で歌った「哀しみのレイン・トリー」
レイントリーあ
ちなみに、ユピテルと言えば、電話!そしてカラオケテープ!ユピテルから「哀しみのレイン・トリー」が収録された4曲入り音声多重カセットテープが発売されており、ユーリンの歌声で音声多重を楽しむ事が出来る^^
スポンサーサイト

渡辺かえ(岡村有希子)・酒屋元之門/下関ハーバーライト

2014.01.29.Wed.02:58
こちらは、元・アイドル、岡村有希子さん・・・現・渡辺かえさんと酒屋元之門さんが歌うデュエットソング。
「下関ハーバーライト」です^^
発売は2007年11月。

渡辺かえさんの歌声を聴いた瞬間・・・

わーちっとも、当時と変わらない歌声に驚きでした!

いや、当時より、透明感にも磨きがかかって、より上手くなってるかも^^
それくらい、あのアイドル時代の歌声は、未だ健在、、、。

ご存知の方も、いらっしゃると思いますが、元アイドル・岡村有希子さんは、現在、山口県下関在住。
再婚され、渡辺かえとして下関にあるコミュニティーFMのパーソナリティーを始め、県内で司会業などで活躍。

本作は、下関観光PR用として製作された町おこしソング♪

下関にある唐戸カモンワークの夜景をバックに撮影。

若い世代にも歌い安いデュエット歌謡となっております。
ちなみに地元のみの販売で正規ルートでは現在は完売のようです。

また、2011年には、渡辺かえとして、「私のパーフェクトボーイ」以来のソロシングルを発表、タイトルは「夢神楽」。こちらも地元のみの販売となっているようです。

ユーリンさんとは、ご縁があるようで2度目のサインを頂きました~下関3

下関
2007年作品/自主
「下関ハーバーライト」宣伝用ポストカードです。下関2

是非!お近くにお越しの際は、下関へ足を運んでみては・・・^^

岡村有希子/眠れない・・・眠らない

2013.06.23.Sun.21:57
マニアにはもう御馴染みの岡村有希子さん。愛称はユーリン。
デビュー当時は、松本伊代ちゃん似のアイドル登場なんて言われてました。

歌は上手かった!特に高音が透き通る位キレイで・・・
明るいタイプの曲が似合う。当初はニューミュージック系の歌も歌いたいとの事でした。

僕が、初めてアイドル歌手と電話で話したのが、ユーリンでした。
きっかけは、セカンドシングルで本作の「眠れない・・・眠らない」のレコードキャンペーンの一環として、オリコン誌面上にて、「抽選でユーリンと電話でデート」という企画があり、当選したと言う訳です。

とても、気さくで明るい方でした。
実は、その時、方言でそのまま話してしまったんですが、ユーリンの出身地、山口県下関と、僕が住んでいる街は、隣県という事もあり、ユーリンに通じてしまったんです。
僕、自身も岡田有希子さんとの名前の一字違いは意識していましたから、
つい「岡田有希子ちゃんに負けないように頑張ってね!」なんて言ってしまいました。
そしたら、全然、平気そうな感じで「仲良しだし、良く話してるから」・・・って笑いながら応えてくれました。
僕が受けた電話の印象は、このシングルが出た当時は、あまりライバル心は感じませんでしたね。

逆に優しいお姉さんで、人を蹴落としてまで、前に出るタイプの人では無いような気がしました。
それから、また山本ゆかりさんの時にでも書こうと、思っているんですが、この年にデビューし、大成出来なかったアイドル数人の方と直接、話たり、お茶を飲んだり、レコード会社の人とのもと、そう言う時間を過ごさせていただきましたが、とても面倒見が良く、優しいお姉さんばかりだった印象が強くあります。

ユーリンは、84年ユピテルレコードが社運を賭けて送りだした大型新人。
九州では、84年度、KBC新人音楽祭にノミネート。
先輩方の話では、ユピテルレコードは、とにかくファン獲得にも積極的で、親衛隊への必要備品(ハチマキやはっぴ等)を経費で落としてくれていたという。
ちなみに。このレコード盤の予約特典はB全カラーポスター。
当時、聖子ちゃんや明菜ちゃんだってシングルの特典にB全ポスターは付けてない時代に・・・

もう、ユーリンの為なら、金に糸目はつけません・・・という感じで、ある種、型破りのプロモーション展開でした。
ちなみにサードシングル「雨上がりのサンジェルマン」は九州では日専連のコマーシャルソングに起用。
RKK歌のチャンピオンのTV放送では、B面「アイドルを探せ」も歌ってくれている。
この時、観たユーリンの元気いっぱいに歌い踊る表情が、こちらまで明るい気分になり忘れられません^^
沢山、聴いてきた「
アイドルを探せ」のカバーの中でも、僕的にはユーリンバージョンがベストトラックです!


ユーリンさんは現在も現役、地元、山口県下関にて、渡辺かえとして司会やパーソナリティーとして元気に活動。
数年前には、NTV「スタア!同窓会」にて田中久美さんと一緒に出演してくれました^^
IMG_0501.jpg
1984年作品/ユピテル
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。