それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渓崎まゆみ(川畠まゆみ)/さよならもいわず

2015.06.18.Thu.01:47

中林由香に続き、熊本県出身歌手の紹介です・・・

渓崎まゆみは、81年6月にクラウンレコードから「チゴイネルワイゼン」という、メジャーポップス曲でデビュー。
マニアには有名?!な、「青い本」に掲載されてしまった事により、アイドルポップスファンからも評価を受ける事となった。
あの本に載ったか?載らなかったか?により、当時のレコード評価基準もかなり違っていたであろう・・と思われるポップス系歌手のお一人。

そんな彼女の幻のセカンドシングルが、こちら・・・↓
z78.jpg

実は、青い本が出た頃、彼女が熊本県出身である事を知らず、都内の中古ショップを片っ端から探すも見つからず、有坂あゆみさんからトレードという形で譲ってもらったという、けっこうな苦労盤な1枚でした・・・。

ところが、彼女の話を、あの・・・三枝!の話た所・・・「熊本出身ばい!」と、あっさり返されてしまった!(驚)
しかも、三枝のお父上と、渓崎まゆみさんのお父上が、ご友人だった!・・・というオチまであって、なんだか、灯台もと暗し・・・
のような気分になってしまった思い出も(笑)

本作は、バップレコード移籍第一弾シングルで、83年2月1日に発売されている。
作詞が森裕美、作曲が西田恭平が担当し、作られたアダルトボッサ歌謡ってトコでしょう。
杉村尚美や丸山圭子を思わす、歌唱センスが印象的で、1枚目とは、がらりと路線も変えている。
リリース時、25才くらいのようです。
また、この曲が発売されたと同時に、福岡で芸能事務所を行う、沢柳企画の第一号所属歌手としても契約をスタートし、活動拠点を福岡に移している。
1990年に、熊本県阿蘇市に住む、父親がカラオケ会を立ち上げ、2005年に、そのカラオケ教室を引き継ぐ形で、阿蘇市に戻る。
現在も、司会業を始め、カラオケの講師など、地元ではマルチに活動。2009年には、ドラマ「裸の大将」にも出演(笑)
たまたま、友人の付き添いで行ったカラオケ大会の司会をされてて思わずビックリ・・・!
「恋瀬川」という演歌も歌って頂きましたが、これがまた本格的!演歌歌手としてCDが出ないのが不思議なくらい上手かった・・^^

現在は、川畠まゆみとして活動されています。
笑顔溢れる、とても爽やかでキレイなカラオケの先生といったご印象でした・・・。





スポンサーサイト

渓崎まゆみ/チゴイネルワイゼン

2013.06.26.Wed.00:00
1981年6月25日に「チゴイネルワイゼン」という曲でデビューしたアイドル歌手がいる、その名は渓崎まゆみさん。
ジャズ批評から出版された「アイドルPOPS80-90」にも、掲載されているので、一応、アイドル扱いなのでしょう。

このレコードは、苦労して入手したレコードの1枚で、今から約20年前、都内とその近郊を片っ端から探し廻ったが発見できず、ライターで「アイドルPOPS80-90」の著者でもある、有坂あゆみさんのご好意によって入手する事が出来ました。トレードだったんですけどね、寺田理恵子のレコードと交換しました^^

とにかく、聴くだけでもいいから・・・と、当時、国会図書館にまで試聴をしに行った位なんです。

彼女の当時の活動状況も、出身地も、年齢も・・・何も手がかりの無いまま・・・

曲がまた、コレがいいんです。
爽やかなメジャーポップスなんですが、リズムがレゲエ調でおもしろい。
しかも、男性のコーラス隊が、アイドルコールのように

LOVE・・・

YOU・・・
とか、コーラスが入るんです。
男性コーラスが入る、アイドルポップスって80年代初頭の王道ですからねー

アイドルポップスファンも楽しめる作品です。
ボーカルも丁寧でお上品・・・
お気に入りの愛聴盤です^^

それから・・・20年が経ち、今から数年前の出来事です。

仲のいい友達の中にのど自慢あらし!がいるんです。
会場がある、「阿蘇まで、一緒について来てくれたら心強いからっ」と、半分いやいや応援に行くハメになったんです。

会場に着くと、予選会が行われて、観覧席に僕は座り、出場者の歌を聞いていたんです。

進行は司会の女性の人がひとり。

そしたら、歌を聴いている僕に、隣りのオバちゃんが、ずっと話しかけてくるんです、

あの人は、あーだ・・・
この人は、こーだ・・・
私は、どこから来た・・・とか、あれこれ、聞いてもないのに・・・


と、その時、

「あの、司会者の先生は、以前は歌手だったそうよー
  えっと、渓崎まゆみ・・・って名前だったとかよ」

エーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


渓崎まゆみ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

うそっ!!!!!驚。
IMG_2625.jpg

良く観ると、司会者:川畠まゆみと。

もう、驚きでした!
となりの、おしゃべりおばちゃんありがとう!(笑)

と、すぐに、終了後、ご本人確認へ

あのー「チゴイネルワイゼン」の渓崎まゆみさんですかー?

はい・・・(笑)

まゆみさん「えっ、知ってるの~」

僕「はい、今でも聴いてます♪」

まゆみさん「ごめんね、こんなにオバサンになってー」

僕「いやいや、お綺麗です、しかしビックリしました」

・・・と、こんな感じで、やりとりを交わしました。

もしも、友人の応援に行っていなければ、隣の席がおしゃべりおばちゃんじゃなかったら・・・笑
本当に、ご挨拶が出来てよかったです。

現在は、川畠まゆみ名義で、阿蘇を中心に、司会業&カラオケの先生としてご活躍。
実は、親衛隊時代の親友(真璃子の親衛隊隊長)のお父さんがまゆみさんのお父さんと、仕事先で同僚、お知り合いだった事も判明しました。
近日、その親友とまた、まゆみさんに会いにいく予定です^^

渓崎まゆみさん・・・まさか熊本出身だっただなんて・・・

IMG_2815.jpg
現在の渓崎まゆみさん(現:川畠まゆみ)です。記念撮影した際のものです、実物の方が美人です。
ちょっとチェリッシュの悦ちゃん似でした^^
まゆみさんの現在の18番は「恋瀬川」もう、聴き惚れました♪
まゆみさんありがとうございました!
歌にステージにこれからも、がんばってください!

そして是非、ステージで「チゴイネルワイゼン」を復活(笑)歌ってくださ~い❤^^

1981年作品/クラウン
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。