それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺千秋/夏にフレッシュ。

2013.07.01.Mon.01:27
いよいよ、2013年7月に突入しましたね!

こん@@は。こうです^^

この夏も、夏うたを中心に、再評価話題曲を取り上げてゆきたいと思いますので

、ご自宅で!

仕事の行き帰りに!


暇でしょーがない時!

是非、遊びにいらしてくださいね^^

誰かに見られていると思うと・・・↗↗↗タイプです。(笑)
さて、渡辺千秋さんです。

性格の良いアイドルは?

なんて聞かれたら・・・

渡辺千秋さんです。と答えます^^
n0.jpg
数多くのB級(失礼)アイドルにお会いしましたけど、その中でも印象、特に第一印象が、そう思ったのが彼女でした。

今まで、サインを書いてもらう時に・・・

「え~ 私のサインでいいんですか?」

「もらってくれるんですか・・・?」

と、言い笑いながら、楽しそうに書いてくれたのは、千秋さんでしたね。

もし僕だけの視観だったとしたら、思い込みかもしれませんが、これには、一緒にいた隊員たちもみんな、グッ・・・と来てしまった訳ですから。

実は、その時、他のタレントさんの応援で来ていたんですが、急遽、九州に親衛隊の居ない千秋さんの為に、その場にいた隊員全員一致で応援する事が決まったんです。

その千秋さんの、けな気過ぎる振る舞いに・・・

ある意味、ファンの心を動かす事の出来たアイドルだったんです。

渡辺千秋さん、一見、気が強そうで、ヒスっぽくて、意地悪そうにイメージとして観えませんか?
ドラマのイメージもあり、
実際の千秋さん、凄く、頭低いです・・・

デビュー曲「夏にフレッシュ」は84年の4月1日発売。この時、同じ日にデビューしているのが長山洋子。

僕は当時、この2枚のレコードを一緒に買ったんです。
どっちが売れるかな~って^^

その1週間後、フタを開けてみれば、長山洋子はオリコンの左側にランキングする勢い、渡辺千秋は圏外・・・

え?この差は、なーにー・・・

作詞:秋元康 作曲:長渕剛 編曲:大谷和夫のラインナップ。
しかも花王のタイアップ付きなのに、それもアイドル王道のポップスなのに。

タイトルどおり、とてもフレッシュサウンドでした♪

僕には、差ほど長山洋子と差は無いように思えた。
もちろん「春はSARA-SARA」も好きですが。

最初の頃は賞レースにも参加してたんですよね・・・
残念ながら歌えないアイドル枠でしたが。

まぁ、そんな苦い経験とかもあって、こういう発言になっちゃったのかもしれませんが・・・

生の千秋さんは、とても明るくて、笑顔で、それでいて少し照れ屋さんなタイプで。
もっと歌わせてあげたかったですねー

髪が伸びてから歌った「予言」は、倍!素敵で良かった。

確か、千秋さんが好きだった曲は「DRAIVING LOVE」

イベントでのオープニングには、よく本作のB面「ロマンティック・シーサイド」を歌ってくれてました。

ステージいっぱいに、ジャンプしながら笑顔で歌っている千秋さんが印象的ですね。

ステージトークで、「スケバン刑事」で競演した斉藤由貴の話が出ると・・・
「でも、由貴ちゃんの方は人気があるんですよね!」と自身で、司会者にツッコミを入れていた(笑)

最後に、「予言」のリリースから大分経過した頃、千秋さんの地元、山口県長門市でイベントが開催、遠い九州から応援に駆けつける親衛隊が全員学生だったと言う事もあり、家族にお願いをし、実家に全員泊まらせてあげたと言う、ファン思いのエピソードを付け加えておきましょう。

ホント・・・優しいソニーアイドル、渡辺千秋さんでした。

1984年作品/CBSソニー
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。