それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿原朱美/海辺のレストラン

2013.07.19.Fri.01:15
このブログを立ち上げた際に、このレコードは、いつか紹介してみたい・・・
って思っていた1枚。

柿原朱美さんの事をご存知の方は、大抵、今井美樹さんのファンの方だったりします。
そう、90年代に今井美樹さんへの楽曲提供者としてヒットメーカーの仲間入りに。
だけど、それ以前にもナンノや森川美穂さん等、アイドル歌手への提供もあるんですよ。

僕が残念に思う事は、91年にポリスターレコードから再デビューする際に、当時、86年に発売したシングル2枚とアルバム1枚は無かった事として・・・しばらくの間、プロフィールから抹消されていたんです。

そのせいもあってか、念願だったポリスター時代のベスト盤CDにも86年時代のものは全て未収録に・・・

本作は86年7月に発売された彼女にとってのセカンドシングル、本人作詞作曲によるバラードナンバーで、アレンジはアルバムも含め、全曲:鷺巣詩郎が手がけている、フィンランド録音盤。
入手困難ではありますが、CD化もされている。

彼女のボーカルをストレートに表現するとすれば・・・

薬師丸ひろ子のシンガーソングライター版!」ってトコでしょう。

ニューミュージック歌手の中でも、王道のポップスが似合うタイプの歌声は癒しの粋に・・・
とても優しい歌声に涙しそう。

個人的には、複雑なコード進行で、メジャー展開してゆくB面の「不安なハート」をお薦め!
この頃、鷺巣氏がアイドルポップスへアレンジの提供が多くなってきていた余波もあり、良質なポップセンスが楽しめる作品でもあります。

アルバムもいつか紹介したいな・・・
IMG_2786.jpg
1986年作品/ポリスター
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。