それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぼたけし/美しき狼たち

2013.08.15.Thu.01:55
この曲を聴くと、つい涙してしまいます・・・

80年、春「あしたのジョー」劇場版の主題歌としてデビュー。
80年は新人アイドル戦線の中にあって、25歳という遅咲きのデビューでした。

話は変わりますが・・・

僕の、親父は凄く、男臭い人で、それが当時の僕にとっては生理的に苦手で、馴染めなかったんです・・・
もちろん、当時もアイドル歌手のレコードを中心に聴いていましたから、このおぼさんのようなタイプの曲なども当時は、どちらかと言えば引いて聴くタイプの曲でした。

親父は、反対ではありませんでしたが、「アイドル歌手のレコードの良さがわからん」と・・・
そういうタイプの人でしたから、もちろん合う訳もありませんでした。
それでも、岩崎姉妹に関してだけ、ちょっと・・・理解があったようです。

そんな、親父が、丁度この映画が流行っている時に、「あしたのジョー」の下敷きを買って来てくれたんです!
僕は、それをもらった瞬間、「こんなの好きじゃないから、要らん!」って・・・

その下敷き、親父の目の前に放り投げてしまいました・・・

多分、その頃の親父は、32歳位・・・

僕が、その年齢も、とっくに今は超えて、「随分、あの時、親父に対してキツイコトしてしまったなー」と、、、
この曲を聴く度に思い出してしまう今日、この頃なんです・・・

そして、今、この曲が大好きです。
人生を重ねたせいもあるんでしょうか、歌詞が凄く重く感じますね。
聴く度ごとに。

僕は幼稚園の時から、親父から口癖のように・・・

「世の中は厳しいんだぞ・・・」と言われ続けてました。

親父は、子供の頃、きっと僕に「ジョー」を好きになって欲しかったんだと・・・思います。

でも、もう親父は、この時の事を、すっかり忘れてしまってると思いますが、(笑)

まぁ、それから色々あって、今でも親父とは年に一度、顔を合わせるか、合わせないか、、程度なんですけどね・・・

なんとも、この曲が僕には身に染みて・・・(笑)
僕の人生においても大切にしたい1曲でもあります。

そして今、年齢を重ねる毎に、周囲からは「親父さんに似てきたな、そっくりになってきた・・・」と言われてしまうようになりました。

あまり、会わなくてもDNAって、おそろしいですね(笑)

数年前、「あしたのジョー」の実写版が公開になりましたが、それを知る若い世代の人たちには、もうおぼさんを知らない人たちも、けっこう多いみたいですし、あえて、リスペクトの意味合いも込めて、ヒット曲ですが、取り上げさせていただきました。

ちなみに、おぼたけしさんは、北九州市の出身なんですが、北九州の工業町の景色と、この曲の雰囲気って妙にマッチしてるんですよね。
僕も、今でも懐かしい町並みが沢山残る、北九州の街が大好きです^^
そんな、故郷の事も思いながら、おぼさんも歌ってくれてたら、嬉しいな^^

残念ながら、もう、おぼたけしさんに、この曲を歌って頂く事は一生、叶わなくなってしまいましたが、人の心に染み渡る感動の1曲を残してくださったこと、ありがとうございます。

そう、心から伝えたいです・・・
n6.jpg
1980年作品/徳間
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。