それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIHIRO/これは恋ではない

2013.08.20.Tue.00:48
ニッポンを代表するR&Bシンガー、MIHIRO(マイロと読みます)のソロ第一弾のラストを飾る名作をご紹介♪

MIHIROは、90年代後半に、F,O,Hとして、R&Bコーラスグループとしてデビュー。
もちろん、センターであり、メインボーカルはMIHIROことHIRO(美系じゃないけど妙に野郎臭いタイプ)

当時は、ZEEBRAにーさんの弟分として登場!J-R&B界のサグ代表って事でした!!

ちなみに、サグとは・・・

Hip-Hop用語で=悪(ワル)って意味です。

見かけも、ファッションも、見るからに・・・悪そう~
って印象でしたが、、、

実は、町の隅っこにある、公園を練習所に下済みを重ねて来た努力家さんグループなんです。

その、サグなビジュアルからは想像のつかない程の、日本人離れした、MIHIROのボーカルは、まるで神秘的。国際的。
もちろん、カッコイイ歌いっぷり・・・

この、あまりの感動に当時、ファンクラブ第一期会員に入会してしまう始末に・・・^^
生ライブ、インストアライブも通いましたー♪

ほんと、F,O,H時代には彼らの歌にお世話になりましたねっ^^
僕の弟分達にも、けっこう紹介したら、そいつらの方がハマッチャッたりして(笑)

本作は、ソロプロジェクト第1作目のアルバム「My Way」に収録されたラストナンバーで、作詞作曲を小西康陽が担当、随分、歌謡タッチのメロディーラインを提供されたな・・・と思っていたら、お恥ずかしながら、つい最近になって、この曲がカバー曲であった事が判明・・・!!!!!

実は、このアルバムには、R&Bシンガーながらアイドルの楽曲にもカバー挑戦しており、少年隊の「君だけに」が入ってるんです。
と、この2曲だけが、他に収録されている曲とは異なるカラーだったもので、聴いていても不思議な感覚ではあったんです。
そしたら、「これは恋ではない」もカバーだっただなんて・・・

80年代、初期のピチカートファイブの頃の作品との事です。^^

どうりで、メロディーラインが歌謡タッチのハズなんだ・・・(納得!)

判明し、原曲の方も聴いてみたんですが、MIHIROバージョンの方がパンチがあって、よりクラブノリに仕上がっていますね。しかも、この曲も、「君だけに」も原曲を破壊せずに、歌っていてくれてるアタリが嬉しい・・・

今、僕の中では、この曲を聴いてる時が一番シックリ来るし、なんか僕のイメージに合っている曲だと、自称ですが・・・(笑)思って聴いております^^♪
n98.jpg
2009年作品/リズムゾーン
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。