それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慎 京美/プリティー・バタフライ

2013.09.07.Sat.00:37
さ~て、かなりディープなトコ、紹介しちゃいます^^

こちら、関西地方を中心に活動していた慎京美ちゃん。

夏におススメのサーファー歌謡なんですが、実は、この曲、歌い継がれている名曲の原曲なんです。
それも、知る人ぞ知る!粋・・・なんですが、ザ・名盤、裏歌謡ってトコですね。

92年に、難波のピンク・レディーとしてキングレコードからデビューしたアイドルデュオ、ペパーミント。
っていたんですけど、デビュー曲はじゅんとネネのカバー「愛するってこわい」を凄い、際どい衣装で歌ってたんです。もうほとんど、下着状態のようなコスチュームで(笑)

で、後に、この二人は京都パープルサンガのイメージガールとして応援歌も歌っていたんですが、持ち歌で事務所の社長さんが作ったという、評判上々だった「プリティー・ハート」という曲の原曲が、こちらなんです!
この曲はペパーミントのデビュー曲のカップリング曲で、A面がカバーだったので、言わば初のオリジナルソングでもあったんです。

京美ちゃんバージョンとは歌詞は差し替えられており、メロディーは全く一緒。
実は、ペパーミントが所属していた、K・K南企画の先輩でもあったんです。
その流れで、ペパーミントはこの曲を歌うようになった・・・という訳です。

1番の歌詞が・・・サーハァーをテーマに!(だって歌詞カードにサーハァーって。笑)

2番の歌詞が・・・カー狂をテーマに!(カーキチガイの意味らしい。笑)

の彼氏の事をテンポ良く歌ってくれてます(笑)

とても、楽しい!レコードです。

しかし、なかなか無いようですね・・・
IMG_3246.jpg
80年代/よみうりAUDEUM

IMG_2803.jpg
ペパーミントが「難波のピンク・レディー」として、殴りこみをかけデビューした頃の新聞記事。
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。