それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新井薫子/大和撫子春咲きます

2014.02.11.Tue.03:05
大和撫子春
・1983年3月作品
・TDK

新井薫子ちゃん、5枚目のシングルです^^

笑っちゃいけないけど、一時期は、名前を思い出すだけで・・・爆笑でしたよね!
TV的にも。

CD化が待たれるアイドルの一人なんですけど、スカパーでの「レッゴーヤング」再放送では、たま~に薫子ちゃんのお姿がデジタルに乗っかって蘇っているようですね!^^

昔、明菜さんが、TVで、「本当は最初、トップを切ってがんばってたのは、薫子ちゃんだったんですよねー、高速道路を走れば、横に横断幕の宣伝カーがいた、それは凄かったー」と、おっしゃってました。^^

彼女にとって、2年目の最初の曲が、本作なる訳なのですが・・・

作品的には、すごーくインパクトがあり、踊りと衣装も、吹っ切れた感(爆)・・・がナイスで、学校に行っても、けっこう歌われてたりしてましたが・・・しかし・・・

レコードを買いたいなー・・・という購買欲ってものは、なぜか薄れてきてたような・・・
それは、いったいなんでだったんでしょうか、って自分にも聞きたくなる位なんです。

ある時期から、新井薫子ちゃんが、薫子ちゃんで無くなった瞬間!!
もしかしたら、購買欲が減退してしまったのは、それが理由かもしれません。

しかし、この曲は今、聴いても大好きです!
サウンドも当時より斬新に感じます^^

今、聴くと、ほとんど・・・音頭モンなんですけどね^^

近年は「テクノ歌謡」ファンに絶大な支持を受けている作品でもあります。
ある意味、これも薫子流ニューウェーヴ?!


アレンジが、元、一風堂の見岳章さんで、リズムが「すみれSeptember Love」にも似てたりする所も恐ろしい・・・
^^

もちろん、オリコンHOT100も圏外・・・
TDKには86年頃まで在籍。85年にメーカーへ電話を入れた際には、具体化はしていないが新曲準備中との回答でした。

僕としては、このレコードが発売されてからの薫子ちゃんが自己主張が強くなり、
あーこれが、新井薫子って人の本来のキャラだったんだ~と感じさせてくれた瞬間でもありました^^

死ぬまでには、CD化して欲しいー・・・
ます!ます!♪^^

「大和撫子春咲きます」の頃の薫子ちゃん。
電話コントで、薫子ちゃんの演技に堀ちえみ爆笑!
糸電話
もしもし、かおちゃ~ん・・・と呼ぶちえみさん^^
薫子ちゃんの顔とおしゃべりもすっかりバラエティー班(笑)
糸電話2
ちょっと太った?薫子さん・・・^^
スポンサーサイト

新井薫子/赤い靴

2013.09.24.Tue.19:41
最近この曲聴いているので記事にする事にしました。

薫子ちゃんと言えば、80年代B級アイドルの代名詞でしょう。
ですよね!怪物、化け物なんて言われてましたけど、やっぱり永遠の「瞳・少女」です^^

しかし、ハンパ無いそのスタイルはA級アイドル歌手並みのインパクトを世間に与えてくれました。
それは、きっとご本人が思っている以上に・・・
金の椅子に座った瞬間、そうなる運命だったのかもしれません。

「赤い靴」は、彼女にとって3枚目のシングルで、広告のキャッチコピーには

「アイドルNO,1を決定づけるサードシングル!!」と大きく出たように、

「虹いろの瞳」でホップ!

「イニシャルは夏」でステップ!

そしてこの「赤い靴」でジャンプ!を狙った本気の勝負曲だったんです。

この82年組の新人戦線も、大体、3枚目のシングルで明暗が分かれてしまう訳なんですけど、1,2枚目ほどのインパクトは無くても、この「赤い靴」も悪くなかったと思いませんか・・・

きっと、堀ちえみが、この曲を歌っていたらヒットは間違いなかった事でしょう。

薫子ちゃんにとっては、初のマイナー曲に挑戦、首をぐるりと回す振り付けが大好きでした。
なんてったって、せいいっぱい歌っている雰囲気の彼女がけ健気で、どうにかヒットさせてあげたかったですね・・・

実は、ご存知の方も多いかと思いますが、レコ大で、82年組の5組ノミネートした会場に薫子ちゃんも呼ばれてきてたんです!決戦投票が最後の一枠をめぐり、堀ちえみと小泉今日子の争いで、その投票の時に、薫子ちゃんも「赤い靴」で最終候補の残っていて、会場で待機中だったんです。

彼女にとっては、これが賞レースでの参加曲だった・・・という事もあり、印象強い曲では無いんでしょうか。

だけど、勝負曲なのに、もっと他のジャケット写真無かったのかな~

なんか怖いよ~(笑)

ちなみに、この時、事務所が六本木オフィスという事で、事務所の先輩は岩崎良美さんだったんですねー

アイドル歌手としては、薫子ちゃん大成しませんでしたが、82年度の有望新人としては、NO,1クラスでしょう^^
※諸事情があるとしても、早期CD化は実現して欲しいものです。
img_45183_1200450_2.jpg
1982年作品/TDKコア
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。