それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅香唯/夏少女

2014.07.29.Tue.02:58
夏少女
・1985年6月作品
・ハミングバード


浅香唯ちゃんのデビューシングル♪


キャッチフレーズは・・・

「フェニックスから来た少女」
「少女の夏がはじまる。」

夏少女広告

この「夏少女」は、今週ブログ内のコーナーで実施予定している「コウが選んだ夏うたマイベストランキングー80年代アイドル編ー」の有力候補曲としてノミネートされている楽曲でもあります。

唯ちゃんに関しては、過去にブログでも紹介していますので。参考になさってくださいね!

この「夏少女」とにかく、80s正統派アイドル歌謡の王道でしたね。
85年の新人アイドルといえば、まさにアイドルニューウェーヴ元年の年!
アイドル歌手の都市化が進む中、この「夏少女」に至っては、コッテコテのアイドル歌手の素の路線というか、80年代も初頭を思わせる歌と衣装でした♪
2曲目からは、正統派なんだけど、元気なヤンチャ路線を突っ走る事となりますので、そう言った意味では、

「唯一無二のデビュー曲路線」だったような気がします。^^

とにかく、作品に嫌味が無いですよね。無農薬歌謡っぽくって・・・


ところで、デビューから、ブレイクした頃「浅香唯、整形疑惑?」という噂が流れたんです・・・
その理由は、「デビュー当時と比べて、目が大きくなったから」という理由でした。
とんでもない、失礼な噂だったんですが・・・


この件に関して、当時、ご本人に直接聞いてみたのです・・・(笑)

もちろん、整形はやってないよ!という回答でした。

とにかく、初めてのスチール撮影で、慣れてない上に暑かったそうなんです。
このジャケット撮影時に・・・
その上、反射板を当てられた瞬間、眩しくて眩しくて・・・
もう、どうしても目が開けられなかったそうなんです。
それで、余計に目が細く写っちゃったそうです・・・^^


だけど、この表情は、それはそれで初々しいくて、いいですよね♪
この表情が始まり(出発地点)だ・・・という感じで。好感です^^


「夏少女」親衛隊コール用紙。みんなも曲に合わせて叫ぼうー!
夏少女コール

スポンサーサイト

浅香唯/ヤッパシ・・・H!

2014.01.18.Sat.00:54
浅香唯さんのサードシングルで、発売は86年1月。

なんか、やぶれかぶれな感じが良かったです^^唯さん・・・

先日、TVで浅香唯さんをゲストで1時間紹介する番組がありました。
その中で、売れなかったデビュー当時の秘話になり、即売会で、レコードが全く売れず今日は5枚売れて良かったー・・・とか、そんな感じの内容のお話だったんです。

そして・・・この曲の話となり、
唯さんが「ヤッパシ・・・H!」は玄人ウケ曲だったんです!

「それで、業界などでも、取り上げてもらえた曲なんです」(笑)・・・とコメント。

僕は、唯さんがスケバン刑事の話ばかりではなく、こういった苦節時代のエピソードを今でも話してくれると、なんだか、ホッとします。

当時も大好きな曲で、曲調がスゥイングジャズ風で、けっこうアレンジも豪華だったりするんですよねー。
歌詞は、コミックソングなんだけど(笑)

僕も、この曲を聴くと、つい・・・親衛隊の応援まわりで、お金を使い果たし、帰りの電車賃まで底をつき、駅員さんと大ケンカしてしまった・・・ような出来事まで思い出します。^^
帰るお金も無くなり、地下街へ潜り込むと、そこには「ヤッパシ・・・H!」のポスターが、ご自由にどうぞ!と段ボールに入れてあり、ポスターを握り締め、深夜の街をうろうろした、あの日の事も蘇ります(苦笑)

しかし、それでも楽しかった・・・^^

僕にとって青春時代の大切な1曲ですが・・・唯ちゃんも大変でしたよねー^^

九州は唯さんの地元なんですが、「STAR」でブレイクするまで、実は親衛隊が無かったんです。
それで、九州では同じ系列会社だったセイントフォーの親衛隊が中心となってバックアップする事になったんです。
それに石野陽子隊、岡本舞子隊、森川美穂隊の4隊が、集結し、唯さんのキャンペーンへひとつになり応援に行ってたんです。

もちろん、僕も応援に行ってたんですが、またまた唯さん・・・別に唯さんのせいではないですけど・・・(笑)
親衛隊泣かせで、唯さんが入るキャンペーンの場所ってヘンピなトコが多かったんですよね~^^

デパートの屋上は、まだいいとして、スーパーの野菜売り場の前とか、中古車屋さんとか、田舎のお祭りとか・・・
けっこう、郊外も当時は、多く攻めてるタイプのアイドルさんでした(笑)

やっぱり、県外で郊外だと、当時中学生なんか、交通費は大変でしたよねー^^
仕方ないけど。

まぁ、それだけ、キャンペーン活動に奮闘されていた!って事を言いたい訳ですよ。
ほんとに、ご本人が一番大変だったと・・・

当時は、唯さんもブレイク出きるか分からない時代ですから、親衛隊も同じ気持ちで・・・

「ヤッパシ・・・H!」が出た時は、正直みんなで・・・

「浅香唯も、ここまで来たかー・・・」と苦笑していました。^^

しかも、やっぱり売れてない時ですから、この「ヤッパシ・・・H!」は、さすがに青少年たちには、コールし辛かったでっすね~(笑)・・・みたいな。

という・・・親衛隊内では話題の泣かせの1曲・・・でした^^

だけど、いい思い出も沢山いただきました^^
ブレイク前までは、かこみでおしゃべりしたり、お茶会や見送りなどなど・・・
親衛隊にも親切に対応していただいた思い出ばかり・・・。

やっぱり、聴いてて楽しいアイドルポップスってサイコーですよね!
これぞ、ザ・B級アイドル歌謡の決定版!!やっぱしH

さぁ!みんなでコールしましょう!!^^
やっぱしコール
これ、コールのタイミングが難度高かったです^^ホント!ホント!♪^^

お茶会の時に頂いたサインです。これは福岡市にてです。
浅香サイン
唯さんは、ご自分で書いたサインか?1発で見分けがつくそうです(笑)

バラエティー番組で歌いまくる唯さん!^^
唯1
唯2
おはスタでは今週の歌だったので、毎朝歌えました^^
唯6
新人の登竜門、いちごチャンネル(これは放送末期ですね)
唯4
唯5
唯7
あら、偶然、隣りには結花ねーさんが^^
いい時代、いい関係でしたね。
唯3
唯10
唯8
歌の最中、金造&早坂あきよが仮想して、ほとんどドタバタ劇に・・・
唯9
・・・
1986年作品/ハミングバード

浅香唯/10月のクリスマス

2013.12.24.Tue.11:45
今日はクリスマスイヴです^^、この曲を紹介したいと思います・・・

浅香唯さん、5枚目のシングル「10月のクリスマス」♪

これも、僕には、かかせないクリスマス時期のスタンダード曲なんです。

デビューのキャッチフレーズだった「フェニックスから来た少女」のイメージを放つ最後のシングル。・・・だったんでは、ないでしょうか・・・。
僕は、この「フェニックス時代」の浅香さんが好きだったので、この曲を最後にあまり、興味が無くなりました^^


だから、これは「フェニックス時代」の卒業ソング・・という意味で記念の曲なんですよね(笑)


デビュー当時は、親衛隊としてキャンペーンに動向した事もありますが、ブレイク前までの浅香さんは、良い意味で
、「どさまわりの似合うアイドル歌手」として、全国をくまなく巡っていた印象があります・・・
それこそ、みかん箱の世界ですよね(笑)

売れない時代に歌っていた、数々のわんぱくソングから、一転、「ブレイクするわよー」と、そんな意欲を感じさせるクリスマスソングで、どことなくウインター聖子路線。

前期のシングルでは、一番しっとりとした曲で、この曲で、ようやくのオリコンHOT100位入りの経験を果たす事に・・・(最高位88位)
このシングルが発売された翌月から、あのドラマがスタートするものの、この曲は劇中のタイタップはなく、本人出演の雪印乳業CMで流れる程度で、ブレイク曲には至れず・・・
ひと安心・・・(笑)

あえて、10月って付けなくても、どっぷりクリスマスしてるナンバーで、スペクターサウンド風で味わい深い。
鳴きのメロディーもしっかりと、クリスマス音階のツボを押さえてくれてますぞ。っと!^^

メリークリスマス~♪
10gatsuno.jpg
1986年作品/ハミングバード
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。