それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾崎仁美/恋人岬(伊豆 土肥)

2013.11.06.Wed.03:57
旅館の娘さんだったと記憶しています。
見るからにお上品そうな感じで、当時としても、かなりのドマイナーアイドルぶりでしたが、オーデション雑誌、月刊デビューの取材でも、いかにも業界ウケしそうなタイプの女の子・・・と記事に書かれてあったので、まんざらでもなかったのでしょう。

クラウンの本社レーベルからのデビューだったので、基本的には歌謡曲路線なのでしょうが、時代が86年、おニャン子全盛の頃という事もあり、デビュー当時は、ポニーテールにノースリーブのフリフリ衣装で歌っていました。(見方によっちゃー志賀真理子さん風な印象・・・)

当時のエピソードとして、レコード会社に彼女のポスターを催促し、レコード店に送ってもらい中を開けてみた所・・・、歌のイメージとは全くと言ってよい程、江戸真樹ちゃんみたいな、ブリブリのポーズと衣装のポスターが送られてきて、店員さんと苦笑した経験があります(笑)
ホント凄いんです、「早春期」のデビューポスター^^

クラウン本社だけあって歌は抜群に上手かった。

それも、演歌・歌謡曲というより、70年代フォークエッセンスのある香りがあって・・・
オールジャンル対応型とでもいいましょうか。

ちなみに彼女と同じ日にクラウンから尾高千恵もデビューしており、こちらは山田パンダ氏プロデュースでした。

さて、このシングルは彼女にとって5枚目のシングルでラストシングルとなります。
カルトアイドルの清水舞子が「恋人塚」なら、こちらもご当地ソングで「恋人岬」。

いい勝負でしょう(笑)

この「恋人岬」静岡県伊豆にある、恋人岬ー愛の鐘響く恋人岬ーのイメージソングでもあり、作詞作曲を小坂恭子が手がけている、参考情報として、ここにあるラブコールベルという鐘のイメージソングの方は、バップレコードから発売されておりドリーミングが「ラブコールベル」という曲をリリースしている。興味のある方は、こちらもご一緒に・・・

「恋人岬」はワルツ調の曲に仕上がっており、彼女の声の伸びを上手く生かした作品となっており、つい・・・黄昏たくなっちゃいます。

B面なのに、あの五輪真弓さんが作詞作曲している所も、なんか凄い!五輪さんでB面扱いじゃあ悪いから、タイトル表記が同じ大きさになっちゃったのかな?!・・・(笑)
流れで行けば現在は旅館の女将さんのハズ、なんだが・・・

ちなみに、この恋人岬には今でも尾崎仁美さんの歌碑があると言う事です。
IMG_0362.jpg
1988年作品/クラウン
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。