それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Melody/運命´95

2013.11.07.Thu.01:43
Melodyはカッコイイ!

90年代グループアイドルシーンを陰ながら支えてくれたNo,1アイドルグループ。

そんな、Melodyの代表作がズバリ!「運命´95」

メンバーは、一人パンチラでがんばった、いつも眠たそうな瞳だけど1番人気の田中有紀美、可愛いけどボーイッシュ・・・さわやか過ぎる望月まゆ、美少女なんだけどお笑い担当だった若杉南・・・
それぞれ、全く違う個性を持った、おちゃめなセーラーっ娘。それがMelodyでした。

色々、書きたい事だらけなんですが、まとまりのない3人のトークまでもが、素敵なハーモニーを奏でていたような、そんな楽しめるグループでグルーヴ感溢れる女の子たち♪

本作は5枚目のシングルで、1995年にリリースされたから、ありきたりだけど「運命´95」、ちなみに、この曲が99年にカバーされた際には、タイトルが「運命´99」と改名されている訳なんです・・・
ちなみに、99年は悪魔なエンジェル(大沢あかね、中田あすみがいたグループ)がカバー。日本コロムビアからCD化もされている。

また、作詞がゴーバンズの森若香織、作曲は、当時L-Rで大ブレイク中の黒沢健一が作曲を担当し、全く違う歌詞だが、発売された暮れにセルフカバーという形でL-Rもリリースをしている、タイトルは「MAYBE BABY」
編曲は、同じ事務所だった瀬戸朝香の曲も手がけていた新川博という面々で、この曲が構成。

ちょっとジュリアナチックで、かなり厚みのある豪華サウンドにインパクト大のど派手なアレンジ、<span style="font-size:large;">;">

これぞ超大作span>

という
意気込みを作品からも感じられたのですが、残念ながら、オリコンHOT100圏外の終わった・・・

同じ時期の、同じ事務所で同じレコード会社だった瀬戸朝香のデビュー曲もリリースされており、こちらは大ヒット!作品的には、差ほど差は無かったように思えた僕は、当時、この曲がランクインされなかった事が不思議にも思いつつ、納得する部分も大きかった・・・

特に、この曲の振り付けが印象的で、カニカニダンスを観てるだけで、「やってくれたな!偉いぞ!Melody~」って思いました。
多分、歌った回数は、NHK「アイドルオンステージ」でが一番でしょうー^^

当時、コンビにで立ち読みした雑誌の記事によると、この曲のキャンペーンは、一般のアイドルファンを対象としたイベントだけでなく、新宿2丁目ゲリラ的ライブも敢行!ゲイまでもをターゲットにプロモーションを展開したと言うのだから、やはりプロモーション的にも先見の目があったようですね~。
その現場では、まゆに熱い視線が集中、釘づけだったとか・・・。

Melodyは、80年代後期アイドルシーンのニオイもありつつ、その後、栄えるアイドルグループ戦国時代の創世記のイメージも感じさせ、その橋渡しをやってくれたようなグループに思え、絶対に今の時代だったら、風向きは多少は違ってたんだろうな~と
何とも悔やまれるアイドルグループでもある訳でした。
IMG_1410.jpg
1995年作品/ポニーキャニオン
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。