それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中陽子/陽炎(かげろう)のエチュード

2013.11.07.Thu.12:30
彼女の事実上のラストシングル。
デビュー初年、突っ走って来た、その集大成を表したような作品で、ボーカル、サウンド、そしてパントマイムを取り入れた振り付け、共に非常に完成度の高い作品となっています。

「陽」シリーズ3部作のラストとして90年10月にリリース!秋うた♪

最初、彼女の顔を観た時、なんて・・・小生意気そうな顔をしてるんだろうー・・・
そう、思った。
ニヤリとした表情が、小出広美に似ていたり、その一方、デビュー前の松田聖子のあどけない表情と似てるなーと思う事も・・・

TVで観ていると、歌も踊りも何でも、そつなくこなすタイプに見えてしまい、90年代型アイドルの到来!といった印象も受けました。

サウンドプロデュース&デビュー曲から全曲のアレンジを担当したのは、80年代アイドルポップスシーンでも数多くの名曲を手がけた鷺巣詩郎。
とにかく、マニア&コレクターからも田中陽子のシングル3作全て、ハズレ曲なし・・・と言わしめる程の、どれも甲乙つけ難い秀作ぞろいで今でも曲の人気が非常に高い。

この曲では、新人賞レースにも参戦、歴代ホリプロアイドルの中でも、賞レースではトップグループに君臨、恵まれた成績での大健闘ぶりでした。
同期アイドルでは、宍戸留美、寺尾友美などと仲が良かったようですね。
IMG_2564.jpg
1990年作品/ポニーキャニオン
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。