それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田恵里/TOKYO. CITY OF WONDERS.

2013.11.19.Tue.05:06
なんか、やっぱりこの時期になると聴きたくなるんだよなー・・・
この曲。

発売日を脳が記憶しているのかな・・・

86年10月発売、彼女にとって1年4ヶ月ぶりとなった2枚目のシングル。

そーですね・・・もう村田恵里さんとかは色んな人がブログで再評価済みなので、僕はみなさん方みたいに上手くかけませんからね、あえて同じ事は書きませんが・・・

だけど出る!て決まった時は、地元で僕とあと一人一緒にデビュー曲を聴いていた友達と凄い喜んだ記憶がありますね・・・

アイドルコレクターからは好き嫌いが、ハッキリと分かれた曲でした。賛否が・・・
1枚目は好きだったけど、2枚目は興味無いみたいなねっ。
曲自体はジャケット写真ほど、ロックしていない。

正直言ってデビュー曲もメーカーはプッシュしてなかったからですね・・・
安心しました。出てくれた時は^^

東京をPRするタイアップ曲で、台湾とかも逆輸入アイドルとして売ってましたー

曲調は、メーカー的には同じオーデション出身の美里路線を狙ったものだったんでしょう。
しかし、ロック調だけど、打ち込みのソフトロックなので、アイドルファンでも聴き辛くないんですよねー
ビートも効いていたので、ディスコでも踊れなくもないサウンドで。

九州では、関東からだと、経費の都合もあり、客の動員を見込めないアイドルはキャンペーンをやらないって方針があったようなんですが、もちろん彼女もラジオ局まわりのキャンペーンはありましたけど、九州ではインストア的なモノは全くありませんでした。

しかし、一度だけ、87年の博多どんたくに岡本舞子の応援に行った際に、1時間の開き時間があったんです。
それで、ぷら~と博多駅まで行ってみようーと思い、着いた瞬間、ステージから、この曲が流れ出し、驚いた事がありました!
ですから、この曲の生歌を一度でも聴けた事は本当にラッキーだったと思います。
しかし、どんたくは5月ですから、またまた永い期間歌っていたという訳なんです。

僕は最近、薬師丸ひろ子さんの声が癒し系だと思うんです・・・

昔は、当然思う事はありませんでしたが・・・

声のカラーで分けると、薬師丸さんと彼女は、そう離れていないような気がします。
だから、村田恵里の歌声ってコレクターに癒しを与えてくれる粋なのかなーと思うのですよ。

そして、村田恵里と言えば思いだすのは、彼女を一番最初に、公の場で評価してくれた板橋さんと、有坂さん・・・(アイドルPOPS80-90の著者)

当時、村田恵里を知らなかったコレクターに、あのコメントは大反響でしたね。

都内で、有坂さんとお会いした時、ちょっと辛口のコメントも好きでした。

「美枝さんがまた機会があれば歌いたいって言ってましたよ!」って有坂さんに言ったら・・・
「まだ、そんな事言ってんの?ソニーで5枚も出してもらったからいいじゃない」
「村田恵里なんて、もっと歌上手かったのに、2枚なんだから・・・」

って・・・愛情のあるコメントだったと、今でも強く記憶しています(笑)

その後は恵里さんは、フォーライフ、キングからCDが発表できてますからね・・・
美枝さんの気持ちもわかります。^^

やっぱり、当時、売れてなかった度に対して、最も再評価度が高かった80年代アイドルって、改めて考えると、彼女だったのかもしれませんね・・・
村田
1986年作品/CBSソニー
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。