それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石丸奈津子/愛WANT誘

2014.03.31.Mon.02:17
愛WANTU
・1986年4月作品
・バップ


「私はロボット」で、異色のアイドルとしてデビューを飾った、石丸奈津子の、これがセカンドシングル♪


最初は赤、次は黒で行きましょうー!ってコンセプトで、まとめ上げられたのが、問題作となった第2弾!!


このシングルは、4月21日、デビュー曲「私はロボット」から、5ケ月開いてのリリースでしたが、当初は、3月19日、VAP5周年イベント開催に間に合うように、発売が予定されていました。



3月19日発売、「CATCH ME~つかまえて」


これが当初のタイトルだったんです。



しかも、発売と連動して、TVでも解禁されていたのです。
愛ウ9
愛ウ10
ところが、直前になり、歌詞などに問題が発生し、ここまで来て、急遽差し替えるハメに・・・




当初の歌詞が・・・


♪ 悪い事しましょう、不在で早いとか遅い、あなたの部屋でひらめきトゥモロー♪

やっぱり、ヤバイですか?・・・この歌詞♪^^




そして、新装リニューアル「愛WANT誘」発表~
愛う1
とにかく、アクションにも力が入りました!
あの、小野由美よりも足が上がっている(笑)
愛う2
あの、ベビーボイスだった、なっちゃんが、今度はロックシンガーに!
ギンギンに汗だくで熱唱~♪
愛う3

しかし、作家陣は前作同様、古田喜昭が担当。アレンジは、当時、少年隊とか担当していた、戸塚修で、シンセロックという感じで、サウンドも見た目よりも聴き安い・・・。



当時、友人や親衛隊仲間の間では、これ!網浜直子の新曲?ってよく、間違えられていました(笑)



しかし、なっちゃん大変身!小原靖子よりHENSHIN技があったかも・・・(笑)




今作こそ、なんなんだ、なつこ。・・・そう告げたい!^^




この曲では、「私はロボット」の実績もあり、メガロポリス歌謡祭で見事、新人部門にノミネート!




ちなみにオクラ入りとなった「CATCH ME~つかまえて」は、夏頃発売予定されていた、アルバムに収録されるという話だったので、レコーディング済みだった事でしょう・・・





最初、赤・・・と来て、次は黒・・・きっと次も原色シリーズだったんでしょうか・・・
3作目の、なっちゃんも観たかったなー




もしも・・・3作目が、黄色だったら・・・?




実は、なっちゃんがプライベートで撮られた黄色をイメージした、写真が残っていたので、お見せしたいと思います^^
はい、こちら。
愛う4

これが、石丸奈津子の「素顔」であり、自然体のもの・・・

以外と、石丸奈津子の自然体の写真って、あるようで、無かったような・・・

このような、ビジュアルで出て来て、歌う時だけ、衣装と仮想?(笑)をやる!ってのも、良かったかも??




その昔、荻野目洋子さんのデビュー曲が「流星少女」に決まりそうになった時、流星って付くと、すぐに消えてしまいそう・・・という理由で却下されたそうです。このように星によっては、消え行く星もあるので、惑星をキーワードに付けてしまうのも、考えもんですよね。



なっちゃんも、感じる惑星・・・でしたよね。懐



前回、「私はロボット」の記事の際には、コメントも頂け、ありがとうございました!^^
更に、今回は、思い出の写真を数枚、載せておきたいと思います。彼女の輝かしくも、短かった活動の証・・・
愛ウ7
デビューの頃
愛ウ6
あどけなさも・・・
愛ウ5
ラジオのDJでの表情・・・
愛ウ8

活動、1年足らずのアイドルでしたが、流れ星のように、現れ、去っていった幻のアイドル・・・石丸奈津子。


彼女も、個性溢れる、伝説のアイドル。




バップレコードのアイドル、森川美穂、山本理沙、藤ゆうこ、そして、なっちゃんに書いてもらった寄せ書きのサイン。
86年3月。
寄せ書き
スポンサーサイト

石丸奈津子/私はロボット

2013.11.21.Thu.17:11
こちらも、11月21日発売。
85年11月21日デビューですから今日で、あれから28年が経過したという訳です。

この頃は、親衛隊活動やっていた頃の中でも、1番楽しかった頃・・・

隊員に後輩が続々出て来て、自分たちも隊長クラスになっていましたから、けっこうやりたい邦題タレントさんが応援できたり、レコード会社の宣伝担当の方にも信頼をもらえてきた頃でもありました。

それと同時に責任は重い、顔は広くなるけど休みは無い、お金はもっと無い・・・
そんな感じでしたね(笑)

先日、藤ゆうこさんの記事でも触れたのですが(ご参照ください)

86年春に「VAP5周年記念イベント」が全国で開催されました。

その情報以前から、石丸奈津子の親衛隊をやりたい!って思っていたんですが、ご本人が九州に歌いに来るチャンスがなかなか無くって・・・

どうして、なっちゃんを応援したかったかと、言うと・・・

まず、興味があったから・・・(笑)
こんな変わった曲を歌っている人の素顔を知り、お話してみたかったからです・・・

異色・・・って言われる歌手の人たちって、どこまでが異色なのかとか、知りたいんですよね~
だからです。


あ、彼女の事を知らない方には、「私はロボット」でバップレコードからデビュー。

キャッチフレーズは、「なんなんだ、なつこ」「感じる異星」

このキャッチからも、わかるように最初から、異色のアイドル・・・


としてプロモーションされました。

なんせ、ものまね番組でスカウトされた訳ですから、声を使い分ける事はお手のもの(笑)

7色の声を持つアイドルとしてデビュー!

この「私はロボット」はテクノ歌謡として、レコードコレクター&アイドル博士でもある牧村隆輝氏のラジオ番組でピックアップされた事もあり、作詞作曲:古田嘉昭 編曲:鷺巣詩郎アレンジによるシンセ歌謡、エフェクト歌謡としても、大評価されている作品です。

バップ5周年記念イベントには、森川美穂、藤ゆうこ、山本理沙、そして彼女の4組が出演。

当時、バップレコードの宣伝担当だった坂本さんと、森川の親衛隊隊長、古田くんのバックアップもあり、なっちゃんの親衛隊を当日、務めることができました^^

その時点では、森川しか親衛隊が無かったので、せっかくなら・・・って事で、いくつかの隊を4組のアイドルの応援にと振り分けてコールをかけた記憶があります。



「バップ5周年記念イベント」86年3月22日 場所:福岡天神ベスト電器屋上にて

M-1 11月の夏(山本)

M-2 私はロボット(石丸)

M-3 銀雪の浪漫(藤)

M-4 ブルーな嵐(森川)

・・・・ここまで、1人づつ登場。

M-5 小悪魔(山本)

M-6 愛WANT誘(石丸)

M-7 青春を止めないで(藤)

M-8 赤い涙(森川)

という8曲終了後、サイン会が行われました。

当日は、あいにくの雨の為、東京から、わざわざ持参してきた、「私はロボット」の赤いマントの衣装とハット型のお帽子は、雨だった為着る事が出来なかった・・・
あの衣装、雨には弱かったようですね(笑)

イベント終了後・・・

なっちゃんと、おしゃべり・・・期待どおり楽しい人。

なっちゃんと、マネージャーが「タクシー拾わなくっちゃ・・・」と言うから・・・

僕が「TAXIなら自分で止める~」(song私はロボット)

と、歌い・・・(拍手~を二人から^^)


僕「博多駅に何時出発なんですか?」

・・・と聞くと・・・

なっちゃん「18時・・・なんぷん」って言うから・・・

僕が「18時 Sunset Town~」(by待ちぼうけForEver)と歌い・・・

またまた(二人から拍手が^^)

斉藤ゆう子似のキャラの女性マネージャーさんでユニークだった事を憶えています。
なっちゃんは、おちゃめな印象だした。

もちろんフレンドリーさんだけど、自然体で、ずっと一緒に笑って話していた記憶ですね(笑)

2曲目の「愛WANT誘」が地声なんだけど、普段のイメージ的は「私はロボット」に近いイメージ。

ちなみに、このレコードジャケットは特殊メイクされており、見方によってはおばさん臭く写ってるが、素顔はもっと違い、幼さがありましたよ~。もちろん普段、おしゃべりしている時の声も可愛かった^^
なんせ当時、17才だった訳ですから。

B面の「待ちぼうけFor Ever」は松田聖子の「SWEET MEMORISE」みたいなカラーの曲。

結局、アルバムの製作と、サードシングルの予定を事務所から聞いていたものの、音沙汰なし・・・

今から、10数年前の事になりますが、本のプレゼンで、偶然、石丸奈津子が当時所属していたとこの社長さんと話しする機会がありました。
どうしてもアルバムの予定の事がどうなっちゃったのか聞きたかったので、質問したところ、内容は書けませんが、2曲目を歌っている途中に、事務所解雇となったそうです。あらっ・・・ショック!!

ですから、実質1年も活動は無かったようですね・・・

だけど、なっちゃんとは、その日、とても楽しいひと時でしたよ。
良い思い出です。

もっともっと評価してもらいたい異星作品です^^笑
私は
石丸サイン
1985年作品/バップ
私はち
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。