それいけ!ディープ歌謡曲

CATEGORY PAGE: 真由美(橋川真由美)

スポンサーサイト

真由美(橋川真由美)/X(エックス)

エロテックPOPSの女王。真由美さんの「真由美」としての再出発ソング♪を・・・ご紹介します。僕が整理的に、思う事なんですけど、アイドル歌手が水着になる事は自然な事に思えるんですが、ニューミュージック系としてデビューしたシンガーが、水着になる行為は、(メディアの上で)すごく決心が必要とするんではないかと・・・昔っから思ってるんです。ミューミュージック系の人が水着やグラビアでヌードを披露すると、アイドルよ...
  • Comment 0
  • Trackback 0

橋川真由美/テ・キエロ・ムーチョ

ジャケ本「ラグジュアリー歌謡」(ディスクユニオンより発売)を読んでいて、自分だったら、このようなコンセプトで何を選ぶか・・・?で、最初に思い浮かんだのが、この橋川真由美の曲でした。凄くラグジュアリーしてるな~と今聴いても思います。作曲とサウンドは全面的に松岡直也さんが担当。ワーナーの邦楽と松岡直也さんとに関係は中森明菜「ミ・アモーレ」の大ヒットによりパイプがより太くなり、87年には畠田理恵の「ター...
  • Comment 0
  • Trackback 0

真由美/シャネルの吐息

その頃は、都内のライブハウスでエロティック・ポップの女王と異名を持たれていた真由美さま。真由美さまは、88年4月に「テ・キエロ・ムーチョ」言うご機嫌なラテンポップスでデビュー!所属事務所はホリプロ、作曲は松岡直也、そしてグリコ・カフェオレCFソングとしてエリートデビュー。出身は福岡。その半年後、セカンドシングルで突然の「X」レコード発売、路線変更、改名・・・この「シャネルの吐息」は、発売日も決定し、...
  • Comment 0
  • Trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。