それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しろコーラ(葉月コーラ)・葵司朗/男と女のクリスマス

2013.12.09.Mon.17:25
「セピア色の夏」も、6年後には、こんなキレイな女性に変身してしまう訳ですから、ほんと女性て恐ろしいものですね・・・(笑)

しろコーラさんの正体は・・・85年にビクターから「セピア色の夏」でアイドルデビューした佐藤弘枝さん

だったんです。

このCD発売の前には、かんコーラとして、間寛平さんと「あなただけを」をデュエットカバー、その後は、93年に、葉月コーラから名前を改名し、中原薫としてCDデビューしている。

このCDは、ビーイング系がテイチクレコードに参入した際に、発足したオリジナルレーベル、ビタミンレーベルからのリリースで、「男と女のラブゲーム」と「ジングルベル」のメロディーを混合した、年末、忘年会対策ソング♪でした。
この曲は同時に、日野美歌&青山修二も徳間から競作しています。

カップリングはこちらも、カバーで、杉本彩&逸見さんが、日本テレビで良く歌っていたもののカバーです。織田哲郎さんがやってるとこも凄い!^^
男と女のクリ
1991年作品/テイチク
スポンサーサイト

佐藤弘枝/セピア色の夏

2013.06.21.Fri.15:50
これは名曲だ~
、当時からマニアに大絶賛された隠れ名曲!

84年、ビクタータレントスカウトキャラバンの優勝者!
あと、MOMOCOクラブの出身でした。

キャッチフレーズは、
「ペパーミント・エイジ」「弘枝に引力、パキッ!」


なんせ、曲が出た時、今年のビクター一押しは岡本舞子だ!とレコード会社から予告を聞いていたあとに、「セピア色の夏」が、けっこう強力プッシュさらたり、アイドルファンの間では岡本舞子のデビュー曲「愛って林檎ですか」より、こっちの方がイイんじゃない?なんて声もあり、一押し2本化か?なんて事も、浮上しました・・・

特に、この曲は佐藤弘枝さんより年上の層の人たちからウケが良かったんですよね・・・
マイナー歌謡仕立てのアレンジだったからかな。
結局、期待に反して、1枚屋さんで終わってしまったが、どうやら、事務所と親族と双方の意向などの食い違いもあり、2作目が出せなかったようです。

90年代に入り、中原薫として再デビューを果たしている。
12.jpg
1985年作品/ビクター

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。