それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早川愛美/六本木スキャンダル

2013.12.09.Mon.19:44
昨日紹介した、秋元ともみと共に、宇宙企画アイドル3人娘として創世記に活躍したヒロイン。

歌手デビュー前には、風俗業界で働いていたところ、人気の火が付き、業界入り。
なんと、祖父がアメリカ人なので、クオーターさんなんですよ^^

「ヒロイン・愛美」は印象的でした・・・(懐)


87年5月、伊藤美紀や石田ひかり、森高千里など立て続けに大型新人乱立アイドルがデビューする中、アダルト業界としては、初のソロデビュー歌手として快挙をなしとげてくれました^^

デビュー曲は、当時流行っていた荻野目洋子路線のポップスを、もっと歌謡臭くしたもの。
同時期に歌手デビューした秋元ともみとは対照的のウリとキャラクターで、セックスシンボルを全面に打ち出したカラーの曲でした。

作曲が、当時アニメを中心にやっていた池毅さんが担当。

イントロで使われているトランペットの音色が妙にエロっぽい・・・

またB面「TO-NIGHT」も、A面同等の出来栄えで、曲のリズムが「ピストン運動」を連想させるようなパターンのリズムで、更に、ヒートアップ!!

この「TO-NIGHT」では、全国放送、CX系「オールスター水泳大会」での、例の?^^ワイプ内でも歌ってくれている

(笑)
六本木すき
1987年作品/サウンドワールド
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。