それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松音ゆかり(大根夕佳)/江差恋唄

2014.09.30.Tue.23:39
江差
・1992年10月作品
・バップ


85年、アイドル歌手としてデビューした大根夕佳                  22才の歌声。


1971年8月4日生まれ、石川県七尾市出身。
85年デビュー当時、143センチ、33キロだったプロフィールも、
本作では、身長151センチ、体重38キロと成長、声変わりも澄ませ、大人な女性の歌声を披露してくれている。

88年に、松音ゆかりに改名、松音ゆかり名義としては、これが3作目となり、大根夕佳時代から数えると通産6作目のシングルとなります。

イルカさんが大好きで、作詞作曲も出来、絵もかける、シンガーソングライターになりたい・・・と、夢を語っていた15才の少女も、いつの間に心変わりしちゃったのか・・・
大学いもが好物だった、イモっぽいアイドル時代が懐かしい(笑)

80sアイドル歌手から→演歌歌手へ転向・・・
という流れは、長山洋子より、こちらが本命。先駆者でしょう!

しかし、歌声が逞しい、、、、
いいえ、夕佳ちゃん自身も、たくましく思えます。
カップリング「女の時代」では、パンチの効いた、どっこいグルーヴ演歌にチャレンジ。^^
江差2
スポンサーサイト

大根夕佳/ふ・りょ・う

2014.01.29.Wed.01:35
大根夕佳ちゃんの第3弾!

「ふ・りょ・う」は、泣ける名曲でした♪

幼げな夕佳ちゃんが突然・・・「ふ・りょ・う」になっちゃうの?
なんて・・・最初、タイトルを目にした時は、思いましたが・・・

そうではなく、夕佳ちゃんの初恋だった男の子が、街中から、ふりょうと呼ばれており、
ある日、売られたケンカを止めようとして、取り上げたナイフを握っているところを、、目撃されて悪者扱いに・・・

そして彼の結末は、おふくろさんと一緒に町を出ていってしまう・・・という悲しく、淡い初恋のお話。

やっと、この作品で大根夕佳ワールドが確立したかな~と思った矢先、ラストシングルとなりました。

86年1月発売。
作詞:山川啓介 作曲:馬飼野康二 編曲:若草恵

TVの露出は、この曲が一番多かったように思えます。
タイトルが「ふ・りょ・う」というアタリも局内で多少話題をも呼んだのでしょうー

前2作よりも、声にも安定感が出て来て、違和感なく聴けました・・・

テレ東「おはようスタジオ」の今週の歌で毎日歌えたんですよー^^
歌っている途中に、マイクコードが引っ張られてしまうハプニングも生放送中ありましたが、夕佳ちゃん、しっかりマイクを握り締め、コードを引っ張られながらも、途切れる事なく歌い切ったんでした^^

これも、80sアイドルポップスの隠れ名曲名作でしょう・・・

歌ゲストの山本理沙、荻野目洋子に司会の青田浩子に囲まれて「ふ・りょ・う」を歌い始める大根夕佳ちゃん。
やっぱり並ぶと、ちっちゃいな~^^
ふりょう3
ふりょう
1986年作品/バップ

※ダメもと、バップさん是非、CD化を・・・

大根夕佳/話し中

2013.12.11.Wed.01:57
僕は、大根夕佳ちゃん大好きでしたねー!
このキャラクターが。笑

恐らく、85年デビューアイドルの中でも、山岸もえと並んで、カルト級に入るでしょう。
苗字も業界初!!

で、もって僕が彼女のシングルで一番、聴いていたのが、一番彼女らしくなかった「話し中」でした^^

彼女らしくなかったとは・・・
デビュー曲が4月に「霧雨のダイアリー」が出ているんですが、これが予想以上の大コケで、慌てた路線変更・・・
もともと、本人が目ざしていた音楽スタイルであり目標は、イルカさんだったんです。
絵も書ける、シンガーソングライターみたいな・・・

しかも、このセカンドシングル「話し中」は、当初7月21日発売が予定されていたものの、期待の新人、森川美穂のデビュー日と重なってしまった、という事情から、8月に延期された。


その上、路線変更は、本人のキャラクターとは、縁遠い、中森明菜路線へ。


出来は・・・まるで、ちびっこ歌まね選手権!みたいなイロモノレコードになっちゃったんですが、これが僕にしてみれば、カッコよかった!作曲した芹澤廣明さんの明菜ラインのメロディーも良かった、編曲を担当した中村哲、デジタルで歯切れのいい打ち込みアレンジも素晴らしい・・・
作詞は三浦徳子さん、「話し中」で、ちょっとヒスっぽくなった少女をクールに描いてくれている。
このギャップが、なんとも絶妙で。

実は、この曲は、変声期前の作品でして、余計の幼児っぽく聴こえてしまうという訳でした・・・

当時の身長も、143センチ、33キロという小柄で、歴代アイドルの小柄体型の記録を更新した人でもあったんですよー

さて、お歌の方も、日テレの「モーニングサラダ」以外は、ほとんど全国版では歌えてないような気がします。

そんな夕佳ちゃんが、新人歌手が暮れに50人大集合!するという特番に出演する事が出来たんです^^


伊藤四郎さんが司会していた、TBSの「ザ・チャンス」85年新人歌手大会なんです。


50人という枠は、やっぱり凄い!山岸もえちゃんも居ましたから。笑
そして、抽選で選ばれたら、会場に上がり、TVに映り、ゲームに挑戦できるというから、みんな必死!
少しでも、目立とう、TVに写ろうと、自分のプラカードを持って、大アピールしていました(笑)

ちょうど、最後に二人の抽選に、さしかかったその時、、、「話し中」のイントロが流れ、抽選に選ばれた夕佳ちゃん
^^
やったね!

夕佳ちゃんと、家族のみんながステージの総出演^^

夕佳ちゃんのお母さんが「だいこん」・・・って呼ばれます。
・・・ってトークや、
「こうと決めたら遣り通す、芯の強い子です!」って話していました。

ゲームで、賞品もゲット!まるで、その時の夕佳ちゃんの表情は、「お母さんをステージに登らせてあげれて良かった~」^^そんな、ホッとした表情でした。
ゲームに勝てば、飛び跳ねて喜んでる、普通のあどけない女の子で・・・
そういうキャラクターを、もっと伸ばしてあげたかったですねー、、、

今年出版された「ラグジュアリー歌謡」にも、「話し中」が選ばれ掲載!
再評価の耳も高まってきているようです。
話し
1985年作品/バップ

B面「ロンリーチックタック」も、A面レベルの大作です!是非^^
CD化もして欲しいなっ。


大根TV
ステージに上がれて、嬉しそうな夕佳ちゃんでーす^^
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。