それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲浜小百合/天使の誘惑

2013.12.11.Wed.18:42
88年、89年は、いわゆる美少女ブームの年・・・彼女も、そのくくりでデビューしちゃった一人でしょう。

沖縄出身だからって・・・みんな歌が上手い訳じゃないんだよ!
って、証明してくれたアイドル(笑)

トーラスレコードで、小川範子の次に出て来たアイドルだったんで、痛ッ!て感じもあったんですが、彼女の゜天真爛漫なキャラクターなら、なんでも許せちゃいそう!そんなイメージを持った女の子だした。

平成の元祖天然沖縄娘。

この曲は、89年11月に発売されたセカンドシングルで、黛ジュンのカバー!
なんか、年末に聴いていたので、パーティーチューンのイメージです。

アレンジが、同年のカバーブームで大ヒットとなった、森高の「17才」や斉藤の「夢の中へ」に便乗して発売された印象が強く、アレンジを上記2作品と同一カラーによるユーロビート路線。

個人的には、黛バージョンは僕には古過ぎて、咲浜ちゃんバージョンがあか抜けてて好き。

アレンジを手がけて、鶴由雄さんのサウンドってどれも、ショッキングな感じで、聴き手をドキドキワクワクしてくれます。
メーカー一押しだったんで、もっとCD出て良かったんでは・・・

今、聴くと国生さゆりさんが歌っているみたいだな~(笑)
天使の誘惑
1989年作品/トーラス
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。